就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海にちなんだ名前を子どもに付けたい!男女別に名付けのヒント

海にちなんだ名前を子どもに付けたい!男女別に名付けのヒント

まだまだある子どもの名付けの考え方

海と人気の漢字を組み合わせてみよう

日本人の名前は、アイデア次第で漢字を無限に組み合わせてつくることができます。思い入れのある「海」という漢字と、現在名付けで人気の漢字を組み合わせて素敵な名前を考えてみましょう。

まず、男の子の名前で使われる人気の漢字は「大」「陽」「真」「翔」など。海と組み合わせてみると「大海」「陽海」(ひろみ、ひろうみ)、「海真」(かいしん)、「海翔」(ひろと、かいと)と読むことができます。

女の子の名前では「愛」「華」「心」「歩」といった漢字が人気のようです。これらの漢字を海と組み合わせると「愛海」(まなみ、あみ)、「海華」(うみか、みか)、「海心」(みこ)、「歩海」(あゆみ)や「海歩」(かほ)ができますよ。

「う」「み」音の響きから考えてみよう

漢字や漢字の持つ意味にこだわらず、音のもつ響きで海にちなんだ名前を考えるのもアイデアです。例えば、「うみ」という字も「海」ではなく「宇美」とするとイメージが変わります。

ほかにも「羽美」や「宇実」などとすると女の子にもピッタリの名前になりますね。男の子なら「佑心」で「うみ」と読んだり、「龍巳」で「りゅうみ」にしたりできます。

名前の画数を吉数にするために「海」の漢字が使えない場合に活用したり、名前を呼んだ人にさりげなく海をイメージしてもらいたいときに使ったりしてみましょう。

番外編として、英語で海を「まりん」ということがあることから、女の子の名前で「真凛」や「茉鈴」とつけてもかわいらしいですね。

名字と名前のバランスもみてみよう

名付けで欠かせないのが名字とのバランスを考えることです。例えば、画数が少ない名字にシンプル過ぎる名前をつけるとそっけなくなり、逆に3文字以上で画数の多い漢字を使った名字に同じように3文字以上の難しい漢字を使った名前をつけてしまうと仰々しくなってしまいます。

また、縦割れといって、名前を漢字表記にしたときに左右に分かれた漢字ばかり使われているときには、「幸せが割れる」として縁起のわるい名前といわれることがあります。さらに、氏名の漢字に同じ「つくり」や「へん」が2つ以上使われているとバランスがわるく、違和感のある見た目になります。

漢字だけでなく、読んだときの音や濁音の数、名字と名前をつなげたときの呼びやすさなども気にしてみましょう。

まとめ

名前はパパとママが赤ちゃんに贈る一番最初のプレゼントです。赤ちゃんはこの名前とともに成長していくことになりますので、よい名前を考えてあげたいですね。

パパとママは妊娠中から赤ちゃんの誕生を心待ちにし、あれこれと思いを巡らせているはずです。そんな、赤ちゃんの名前を考える時間ほど希望に満ち溢れた時間はありません。

「海」というこだわりのたっぷり詰まった名付けをするために、この名付けのヒントを参考にして納得ができる素敵な名前を探してくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版