就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海にちなんだ名前を子どもに付けたい!男女別に名付けのヒント

海にちなんだ名前を子どもに付けたい!男女別に名付けのヒント

日本は海に囲まれているので、自然の豊かさと厳しさを命の源である海に教えられることも多くあります。とても身近で尊い存在の海。「子どもが生まれたら、大好きな海にちなんだ名前をつけたい!」というママにぜひ見てほしい、男の子と女の子、海をテーマにしたそれぞれの名付けのヒントとアイデアを集めました。

【男の子】海や海をイメージさせる名前

海が最初につく男の子の名前

男の子の名前に「海」がつくと心が広く、無限の可能性を秘めるなどの印象を持ち、さわやかで夏生まれの赤ちゃんにピッタリの名前になります。

ここ最近とても人気なのが「かいと」くんです。漢字で書くと「海斗」「海翔」「海音」などとなります。漢字もさわやかですが、読み方もかっこよくて今らしい感じがありますね。

次に「かいせい」も男の子らしい名前で、「海星」や「海成」「海晴」などがあります。海と星を持つ名前はとてもロマンティックですし、「海晴」は晴れ晴れとした青空も連想できますね。

ほかにも、海を最初につけた名前に「海志」(かいし、かいじ)や「海比呂」(うみひろ)、歴史上の人物を連想させる「海舟」(かいしゅう)などがあります。

海が最後につく男の子の名前

「海」が最後についた男の子の名前では、「かい」と読むか「み」と読むかで大きく印象が変わってきます。

まず「かい」と読む名前では「竜海」「琉海」など、いずれも「りゅうかい」と読むものや、「玄海」(げんかい)、「大海」(たいかい)など、どれも力強さを感じる音になるのが特徴です。

「み」と読む名前では「拓海」「匠海」「卓海」(たくみ)、「成海」(なるみ)や「竜海」(たつみ)、「大海」(ひろみ)などが人気です。音はやさしい印象のものが多いですが、漢字の選び方次第でたくましい男の子にもふさわしい名前に。

「大海」は「ひろうみ」と読むこともでき、同じ漢字を使ってもいても読み方を変えるとまた印象が違いますね。

海をイメージする漢字と男の子の名前

「海」そのものの漢字だけでなく、海を連想させる漢字を使って名前を考えてみましょう。まず、海といえば、みなとが思い浮かびます。みなとという漢字には「港」と「湊」の2種類があり、どちらも名前に使うことができます。

「港一」(こういち)や「港太」(こうた)はオーソドックスな名前ですが、「港」という漢字を使うと個性的になります。「湊」はそのまま「みなと」とするほかにも「音」という字を足して「湊音」(みなと)とするとおしゃれで現代的。

大海原を進む船をイメージさせる「航一」(こういち)、「航平」(こうへい)などもさわやかな名前です。大きな太平洋を思わせる「大洋」(たいよう)もシンプルですがダイナミックさがありますね。

【女の子】海や海をイメージさせる名前

海が最初につく女の子の名前

海は生命の誕生にも大きく関わり、命を育む女性の象徴的存在として扱われることも珍しくありません。海を使った女の子の名前は、愛情深さや豊かさを感じさせます。

海を最初に使った名前には「海香」(うみか)や「海友」(みゆう)、「海咲」(みさき)、「海晴」(みはる)などがあります。音には親近感を覚えますが、「海」という漢字を使うことで個性が出る名前が多くなります。

漢字の美しさからたびたび「海月」(みづき、みつき)という名前もみかけますが、この漢字は別の読み方をすると「くらげ」となります。クラゲそのものがわるいということではありませんが、候補の名前にほかの読み方や意味がないか事前にチェックをしておきましょう。

海が最後につく女の子の名前

海を最後に使ったポピュラーな名前が、七つの海をイメージさせる「七海」(ななみ)、夏らしくはつらつとした印象の「夏海」(なつみ)、ノスタルジックで響きもかわいい「琴海」(ことみ)や「絢海」(あやみ)です。

海という漢字は「み」と読ませることもできるので、女の子の名前によく使われる「美」という漢字の代わりにすることで個性のある名前にすることができます。例えば「ゆみ」ならば「由海」「優海」「裕海」になります。

「亜沙海」(あさみ)、「波留海」(はるみ)など3文字の名前でも一味違った印象になりますね。ほかにも「亜海」(あみ)、「久海」(くみ)、「恵海」(えみ)などオリジナリティのある名前を考えてみましょう。

海をイメージする漢字と女の子の名前

海をイメージする女の子の名前に「夏帆」(かほ)があります。帆という漢字は、青い空に映える真っ白な船の帆を連想させ、響きもかわいらしいので女の子の名前によく使われます。「帆乃花」(ほのか)や「紗帆」(さほ)なども人気の名前です。

汐という漢字は、夕暮れ時の海辺を意味し、美しい情景を思い起こさせる素敵な字として海をイメージした漢字の中でも人気です。「汐莉」(しおり)や「汐美」(しおみ)、「汐音」(しおね)などが、穏やかで繊細なイメージを持つ女の子の名前になります。

「渚沙」(なぎさ)「凪子」(なぎこ)なども海の情景を思わせる名前です。「美波」(みなみ)や「美岬」(みさき)といった定番の名前も読みやすく親しみやすいのでおすすめです。

まだまだある子どもの名付けの考え方

海と人気の漢字を組み合わせてみよう

日本人の名前は、アイデア次第で漢字を無限に組み合わせてつくることができます。思い入れのある「海」という漢字と、現在名付けで人気の漢字を組み合わせて素敵な名前を考えてみましょう。

まず、男の子の名前で使われる人気の漢字は「大」「陽」「真」「翔」など。海と組み合わせてみると「大海」「陽海」(ひろみ、ひろうみ)、「海真」(かいしん)、「海翔」(ひろと、かいと)と読むことができます。

女の子の名前では「愛」「華」「心」「歩」といった漢字が人気のようです。これらの漢字を海と組み合わせると「愛海」(まなみ、あみ)、「海華」(うみか、みか)、「海心」(みこ)、「歩海」(あゆみ)や「海歩」(かほ)ができますよ。

「う」「み」音の響きから考えてみよう

漢字や漢字の持つ意味にこだわらず、音のもつ響きで海にちなんだ名前を考えるのもアイデアです。例えば、「うみ」という字も「海」ではなく「宇美」とするとイメージが変わります。

ほかにも「羽美」や「宇実」などとすると女の子にもピッタリの名前になりますね。男の子なら「佑心」で「うみ」と読んだり、「龍巳」で「りゅうみ」にしたりできます。

名前の画数を吉数にするために「海」の漢字が使えない場合に活用したり、名前を呼んだ人にさりげなく海をイメージしてもらいたいときに使ったりしてみましょう。

番外編として、英語で海を「まりん」ということがあることから、女の子の名前で「真凛」や「茉鈴」とつけてもかわいらしいですね。

名字と名前のバランスもみてみよう

名付けで欠かせないのが名字とのバランスを考えることです。例えば、画数が少ない名字にシンプル過ぎる名前をつけるとそっけなくなり、逆に3文字以上で画数の多い漢字を使った名字に同じように3文字以上の難しい漢字を使った名前をつけてしまうと仰々しくなってしまいます。

また、縦割れといって、名前を漢字表記にしたときに左右に分かれた漢字ばかり使われているときには、「幸せが割れる」として縁起のわるい名前といわれることがあります。さらに、氏名の漢字に同じ「つくり」や「へん」が2つ以上使われているとバランスがわるく、違和感のある見た目になります。

漢字だけでなく、読んだときの音や濁音の数、名字と名前をつなげたときの呼びやすさなども気にしてみましょう。

まとめ

名前はパパとママが赤ちゃんに贈る一番最初のプレゼントです。赤ちゃんはこの名前とともに成長していくことになりますので、よい名前を考えてあげたいですね。

パパとママは妊娠中から赤ちゃんの誕生を心待ちにし、あれこれと思いを巡らせているはずです。そんな、赤ちゃんの名前を考える時間ほど希望に満ち溢れた時間はありません。

「海」というこだわりのたっぷり詰まった名付けをするために、この名付けのヒントを参考にして納得ができる素敵な名前を探してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018