就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳の女の子って何して遊ぶの?発達に合った家遊びと外遊びのススメ

5歳の女の子って何して遊ぶの?発達に合った家遊びと外遊びのススメ

筋肉がつきはじめ、生まれた時より5~6倍に成長すると言われている5歳児。そろそろ、ママが遊びに付き合うのも体力が…という方も多いのではないでしょうか。それでも、5歳児にとって遊びはとても大切なんです。5歳の子が、今どのような成長途中なのかも含めおすすめの遊びをお伝えしたいと思います。

5歳の心と体の発達について

言葉が増えておしゃべりが楽しくなる

5歳になると、だんだんと自分の思っていることを上手に言葉で表現できるようになります。ママの伝えたい事も理解してくれるようになり、ママからの質問にもきちんと答えられる子どもが増えてきます。

また、相手の気持ちを考えられるようにもなり「大丈夫?」と声をかけたり友達同士で助け合えることができてきます。逆にケンカしてしまう事もありますが、言いたいことが伝えられず手を出してしまう…という事が減ってきますので、もめ事があってもママがすぐに止めに入ることは減っていきます。

そして、子どもたちにもママとは違う意見や考えがあると思います。しっかりお話を聞いてあげられるように、また子どもたちの意思を尊重できるようにしてあげられるといいですよね。

時間の概念が少しずつ身についてくる

色々な事が一人でできるようになり、ママの手を借りることが少なくなってきたかと思いますが、そこはまだ5歳です。少しずつ時間についても学び始める子が増えてくると思いますが、先のことを考えて行動するようになるのは、もう少し先のようです。

楽しいことがあれば、夢中になってしまってほかの事を忘れてしまう事もよくあります。ママが、早く準備してほしいのになかなか進まない…と、イライラしてしまう事も多いのではないでしょうか。それは、時計を読むことを学んでも計画を立てて時間を使うことはまだ難しい年齢なのだそうです。

少しずつ時間の概念が身についてきているのですが、遊びの時間を決めたり、自分でするべきことをきちんとできるように、もうしばらくはママの声掛けが必要かもしれませんね。

体力がつき、運動量が増えてくる

幼稚園や保育園では、年長さんになるとお昼寝の時間がなくなるところが多いようです。小学校に入る準備とも言われますが、この頃になると体力がついてきてお昼寝がなくとも大丈夫な子どもたちが増えてくるのです。

この頃から、体のバランスをとることが上手になり、筋肉を上手に使えるようになります。その為、今までできなかったスキップや片足立ちなどもできるようになる頃です。子どもにとっては大きな進歩ですよね。

様々な遊びをすることで、子どもたちは色々なことを学びます。運動能力は知的な部分においても発達に大きく関わっているそうです。また、たくさんのお友達と遊ぶことで、コミュニケーション能力が育てられ、社会性も身につけていくことができるそうですよ。

家遊びのポイント・想像力と創造力を伸ばす

なりきりごっこ遊び!

ごっこ遊びと言えば、戦隊ものやプリキュアなどヒーローのマネをして遊んだり、お母さんごっこなどのおままごとなども人気です。

戦いごっこになると、けがをしてしまうのではないか、お友達をケガさせてしまうのではないかと心配になりますよね。5歳くらいになると、力加減がわかってくるのでパンチやキックなどでお友達にケガをさせてしまう事は少なくなりますので、安心してくださいね。

おままごとは、自分たちで考えてストーリーや役を決めるようになってきます。見守っていると、親の行動をよく見ているなと感心させられたり、こんなところを見ていたのかと驚くこともあり、なかなか面白いですよ。

友人ママの子どもは忍者ごっこやプリンセスごっこ、以前はネコちゃんごっこ!と言ってずっとにゃんにゃん言っていたこともあったそうです。子どもたちの発想力は楽しいですよね。

クラフトワークが楽しい!

手先がどんどん器用になり折り紙や塗り絵なども上手になっていきます。自分でもうれしいようで、作業時間がどんどん伸びていきます。はさみやのりなども上手に使えるようになってくるので、工作の幅も広がりますよね。牛乳パックやトイレットペーパーの芯など、取っておいてあげると雨の日でも楽しめると思います。

最近では、メイキングトイが多く販売されています。CMではよく女の子が作っているのを見かけますが、完成予定のキャラクターを変えてあげると男の子も集中して楽しめます。中には、100均で似たような材料が手に入る場合もありますので探してみてくださいね。リーズナブルに楽しむことができますよ。

雨や風邪のひきはじめなど、外遊びができない時はママの腕の見せ所です。色々工夫してあげてくださいね。

タブレットを使った教育ゲームアプリ

ゲームに関しては、賛否両論あるかとは思いますが、お友達との会話の中でゲームに興味をもつ子どもたちも多いのではないでしょうか。今はスマホやタブレットで、知育ゲームなどが無料でダウンロードできます。好きなキャラクターのゲームやお絵描きができるアプリもあります。

実は先日、小学校でプログラミング教育の必修化を検討すると発表されました。タブレットに少し慣れておくつもりでやってみるのもいいかもしれませんね。

しかし、一人で長時間使用することは、あまりお勧めされておりません。ママと一緒に会話を楽しみながらゲームができたら、子どもたちも喜んでくれるのではないでしょうか。

タブレットがない場合でも、トランプの神経衰弱や連想ゲームなども記憶力・想像力が養われるそうですよ。色々と、試してみたいですね。

外遊びのポイント・思い切り体を動かして

公園の遊具で遊ぼう!

公園には、様々な年齢のお子さんがいます。自分より小さい子を助けたり、目上の子に助けられたりする中で、自然と順番に並ぶことも学んでいきます。

そして、一人で遊具を使って遊ぶことができるようになってきますので、すべり台やブランコなどママは見ているだけかもしれませんが、遊びに夢中になってしまうと思わぬケガをしてしまうことも。目を離さないように、気を付けてあげたいですね。

公園にある遊具には、対象年齢が書かれていることが多いので事前にママが確認してあげましょう。

また、着ている服のフードが遊具に引っかかる、ひもが絡まってしまうという事故を耳にします。服装にも気を付けて、事故のないようにしてあげてくださいね。

ボールを使ったスポーツにチャレンジ!

ボールを使った遊びは、バランス感覚がやしなわれたり運動神経が良くなるなどと言われています。友達と一緒にボール遊びをすることで、協調性や集中力などの発達にも良い影響を与えてくれるようです。ボール1つでも、投げる、とる、蹴る、転がす、など色々な動きを身につけることができます。

野球やサッカーなど、複雑なルールも理解できるようになってきますのでますますボール遊びが楽しくなってきますね。

ドッチボールは瞬発力や動体視力も育てることができるそうですよ。5歳になりたてだとキャッチするのが怖く難しいかもしれませんので、バウンドしてもオッケーなど自分たちでルールを決めてもいいですよね。

しかし、最近は公園内でのボール遊びを禁止していることろが増えているようです。公園内のルールも守るように、子どもたちに伝えていきたいですね。

自転車デビュー?安全重視で選びましょう

友人ママの話では、4歳の時にストライダーに興味を持ち始めたようです。プレゼントするとすぐにスイスイと乗れるようになり、5歳の誕生日に自転車をプレゼントしたそうです。

ストライダーから急に大きな自転車になり、まずはペダルを漕ぐことができませんでした。適正なサイズで選んでいても、かなり苦戦していました。大きめの自転車にしたことで、つまずいてしまい乗らなくなってしまった子もいるとか…。

また、ペダルはうまく漕ぐことができても、子供にとっては1インチ違うだけでブレーキを握る力がかなり違うそうです。子どもたちが楽しく安全に自転車に乗れるよう、適正なサイズを選んであげてくださいね。

そして、交通ルールを伝えて、きちんとヘルメットを着用し、目を離さないよう十分注意して練習しましょうね。

まとめ

飽きやすいけれど、好奇心旺盛。色々なことが一人でできるようになる一方、まだまだ注意力が不十分だな、と感じることが多い5歳児。ケガをしないようにすることは大事ですが、失敗から学ぶことも大切な時期なのかもしれません。

文部科学省では、5歳~6歳ごろには毎日60分くらいは楽しく体を動かせることが望ましいとあります。家庭内でのお手伝いも含むそうですので、登園や近くのスーパーへ買い物などでもいいのではないでしょうか。

元気いっぱいの5歳児ですが、ママが無理をすることなく子どもたちと楽しく遊べるようになるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018