就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

魔の3歳児にはどんな対処法が適切?反抗する理由を知って乗り切ろう

魔の3歳児にはどんな対処法が適切?反抗する理由を知って乗り切ろう

かみ砕いて分かりやすく説明してみよう

子どもが「これじゃないとイヤ」「今はもっと遊びたい」などと言ったとき、欲求すべてを受け入れてしまうとわがままな性格になる可能性が高いので注意が必要ですよね。子どもの気持ちを受け止めたあとは、子どもが理解できるように分かりやすい言葉で「どうして今はダメなのか」を説明するとよいですよ。

3歳ごろの子どもは、ゆっくりと分かりやすい言葉で説明をすると、ママの言いたいことが理解できる年齢です。一度の説明では理解できず何回も話をしないといけないこともありますが、子どもの成長のためにも諦めずに真剣に向き合っていきましょう。

子どもが理解していないときは、話す言葉を変えてみたり「◯◯をされたらどう思うかな?」と質問したりしながら説明してくださいね。

スキンシップをして子どもの心を満たそう

子どもがママに反抗することは成長している証でもありますが、あまりに反抗がひどいと「私の育て方が悪いの?」と落ち込みますよね。

先ほどご紹介したように、3歳ごろの子どもは自我が芽生えて「◯◯したい」という欲求を強く主張する時期なので、欲求が満たされないと心が不安定になってママに反抗的になります。子どもの心が常に満たされていると精神が安定するといわれているので、たくさんスキンシップをとることが大切です。

小さなときにたくさん愛情を受けた子どもは、自立心や社会性が育ちます。スキンシップは言葉のいらない最大の愛情表現なので、毎日スキンシップをとる時間を作りましょう。子どもの精神面が安定していると、欲求不満で反抗することが減りますよ。

まとめ

魔の3歳児は2歳児と比べると、体力がついている、言語力が成長している、自己主張が強いなどの理由から、反抗がひどくなるケースがあります。子どもによってはママを叩いたり、物を投げたりすることがあるため「どうしたらいいの?」とママは子育てに悩むかもしれませんね。

子どもの反抗は欲求が満たされない寂しさや葛藤からくるものなので、まずは子どもの気持ちを受け止めましょう。子どもの精神面が安定するように、日ごろからたくさんスキンシップをし、コミュニケーションをとることが大切ですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND