就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

魔の3歳児にはどんな対処法が適切?反抗する理由を知って乗り切ろう

魔の3歳児にはどんな対処法が適切?反抗する理由を知って乗り切ろう

魔の2歳児をやっと乗り越えたかと思ったのに「3歳になってもイヤイヤ期が終わらず、反抗がパワーアップしている気がする」と悩んでいるママはいませんか?2歳のころよりも力がついているので、暴れられるとママは対応に困りますよね。ここでは、魔の3歳児の反抗の特徴や、ママにできることなどをご紹介します。

ママを困らせる魔の3歳児の特徴とは

言葉が増えたことでイヤイヤがパワーアップ

2歳のイヤイヤ期のときに比べると、3歳ごろの子どもは話せる言葉がたくさん増えていますよね。2歳のころはうまく言葉が出てこなくて「ギャー」と泣いていたのに、3歳になると「◯◯がしたいの」「◯◯じゃないとイヤ。今やらないといけない」など、言葉でも反抗してくるためイヤイヤがパワーアップしたと感じるママは多いようです。

ママの言ったことに対しても負けずに言葉で反抗してくるので「どうしてそんなことを言うの」と、イライラする場面が増えるかもしれませんね。しかし、言葉が増えたこと自体は子どもが成長している証でもあるので、冷静に対応していきましょう。

頭ごなしに怒るのではなく、時間をかけて子どもに理解してもらうことが大切ですね。

主張を通そうと泣きわめいて自己主張する

魔の2歳児よりも3歳になったときのほうが自我が強くなっているので、自分の主張をどうにか通そうと子どもも必死になります。「言葉ではママに勝てない」と思ったときに、泣きわめいて自己主張する子も多いですよ。

忙しいときやお出かけ先などで、子どもに大泣きされるとママも困りますよね。「泣き声がうるさいから、欲求を受け入れたほうがいいのかも」と思ってしまいがちですが「泣いたらママは欲求を受け入れてくれる」と子どもが勘違いする危険性があります。

無理なわがままを言っているときは、どんなに泣いていても子どもの主張は一貫して通さないことが大切です。子どもが気持ちをうまく切り替えられるように、話しかけてみましょう。

物を投げたり叩いたりすることも

自分の欲求が通らないことに感情が爆発して、子どもによっては物を投げたりママを叩いたりなど、暴力的になる子もいます。子どもが暴力的になっているときは、まずは子どもの気持ちを落ち着かせましょう。

とくに、言葉の成長が遅い男の子は「◯◯がしたい」という欲求をうまくママに伝えることができず、物を投げたりママを叩いたりして表現することが多いです。この行為を放置すると幼稚園などの集団生活に入ったときに友だちや先生にも暴力的になる可能性が高いので「どうしていけないのか」を子どもにしっかり伝えてくださいね。

感情が爆発すると暴力的になりやすいので、日ごろから頭ごなしに怒らない、子どもの話を聞くなど、子どもとの接し方を見直してみましょう。

魔の3歳児がママを困らせるのはなぜ?

やりたいこととできることの差にイライラ

先ほどご紹介したように、3歳の子どもは言葉の発達や体力がついてきたことによって、ママへの反抗がパワーアップすることがありますよね。3歳ごろになるとトイレや着替えなど、色々なことがひとりでできるようになってきて「もっと自分で色々やりたい」と自立心が強くなっていく年齢です。

しかし、まだまだママの手を借りないとできないことも多く、ひとりで全部やりたいのにできることが限られているのでイライラしてしまうのでしょう。「自分でやりたい」という気持ちが強い子ほど、ママが手伝おうとすると反抗的になります。

「あなたにはまだ早い」とママが怒ると余計に反抗がひどくなるので、子どもがひとりでチャレンジしたいというときは見守ることが大切ですよ。

ママに甘えたい気持ちの裏返し

3歳という年齢はまだまだママに甘えたい年齢でもあるので「ママに抱っこして欲しい」「ママにくっつきたい」など、思いっきり甘えたいときもありますよね。しかし、子どもによってはなかなか素直に甘えられず、甘えたい気持ちの裏返しで反抗的になる子がいます。

小さなときにたくさんママに甘えることは子どもの成長にとっても大切なので、甘えたいモードのときは「赤ちゃんになっちゃったのかな?」「抱っこしようね」などと、受け入れて子どもと接しましょう。

ママが「もう自分でできるでしょう」「赤ちゃんみたいなこと言って恥ずかしいよ」と突き放してしまうと、子どもの心が満たされないので反抗がひどくなるケースが多いですよ。

自我が育ってきて自分の欲求を抑えられない

子どもは大きくなるにつれて、体だけでなく自我が育つなど、心も成長していきますよね。自我が育ってくると「◯◯がしたい」「これじゃないとイヤ」など、自分の欲求が強くなっていきます。

しかし、子どもの欲求をすべて受け入れるのは無理なので「今はご飯の時間だから遊ぶのはあとでね」「今からお出かけするから着替えないとダメだよ」など、ママは注意をするでしょう。ママに言われてしなくてはいけないと頭では分かっていても、欲求が抑えられずに反抗的になることがありますよ。

成長していくと少しずつ欲求が自分でコントロールできるようになるので、イライラせずにおおらかな気持ちでふれあいましょう。わがままがひどいときは、叱ることも大切かもしれませんね。

魔の3歳児と向き合うための対処法

まずは子どもの気持ちを受け止めよう

子どもが1日の中で何回も反抗を繰り返してくると「いい加減にして」「どうしてママを困らせようとするの」など、ママもストレスが溜まってイライラしてしまいますよね。しかし、ママがイライラすると子どもは不安を感じるので「もっと構って欲しい」とママを困らせる行動が悪化する可能性がありますよ。

まずは子どもの心が落ち着くように、子どもの気持ちを受け止めることが大切です。「そうだよね。イヤだよね」「今はおもちゃで遊びたいよね」など、気持ちを受け止めるだけでも「ママが分かってくれた」と子どもは嬉しい気持ちになるでしょう。

感情的になると子どもまで感情が高ぶってしまうので、どんなときでも冷静に対応をしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC