就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

人気の幼児ヒップホップダンス教室!ママたちが通わせたい理由を解明

人気の幼児ヒップホップダンス教室!ママたちが通わせたい理由を解明

最近人気上昇の子どもに習わせたいもの、ヒップポップダンスは幼少期から始めることでたくさんのメリットがあるといわれています。どんなメリットがあるのか知りたいですよね。読んでいるときっと習わせたくなりますよ。踊りだけではないダンスの楽しみ方も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒップホップダンスの習い事が人気の理由

中学必須科目になったため、その準備として

最近はSNSでダンスを踊っている動画が流れていたり、ダンスを習っている子どもが増えてきたりしています。要因として、アイドルなどに憧れて目指す子どもがいることと、平成24年から中学校で必須科目になったため、ダンスに慣れておこうと考える親や子どもがいることがあげられるようです。

いろいろあるダンスの中からヒップホップダンスが必須科目に選ばれたのは、大人数で踊ることで、仲間とのコミュニケーションを学ぶことができるからです。また、上手な子も苦手な子もそれぞれができることを担当し、全員で作り上げていけるという点も選ばれた理由の一つとなっています。

ダンス未経験者の生徒は戸惑う傾向があるので、授業を楽しむためにも事前にダンスに触れておくことはよいことですね。

リズム感が身につき運動神経もよくなる

ダンスは全身の筋肉を使うようになるので、体を左右対称に動かしたり、体の一部を動かしたりできるようになります。体の中心部分である胸や腰を自由に動かせるようにもなると運動能力があがり、いろいろなスポーツで役に立つようになるのです。ダンスを長時間踊ることで持久力も身につき、基礎体力アップにもつながります。

上手に踊るためには運動神経がよいだけではなく、リズム感を身につけるようにしましょう。曲を聞いて合わせることが必要になります。成長してからでも身につきますがなかなか難しいので、幼児時代のなんでも吸収できるときに身につけておけば、成長後に役に立ってくるのです。先生のリズムに合わせて練習することで、正しいリズム感を養うこともできます。

協調性や団結する力を学び達成感を味わえる

ダンスの魅力は、個々の技術を向上させることはもちろんですが、仲間と一緒に一つの同じ目標に向かってがんばっていけることです。過程の中でライバル心が出てきてしまうこともあるかもしれませんが、励まし合ったり、喜び合ったりして協調性を学ぶことができます。

社会に出ると考えの違う人とたくさん出会います。ひとりでは生きていけないので協調性を身につけておくことで、どこででもやっていけるようになるでしょう。その力を学ぶには幼児期の5~6歳ごろが大切といわれています。

息を合わせてお互いを見ることで成功につながり、発表会などで成功したときの達成感はすばらしいものになります。達成できると自分に自信がついて積極性も養えることが可能になってくるでしょう。

実際にどんなレッスンをしているか

ストレッチなどで基礎体力を向上させる

幼児クラスのレッスン時間は、平均で60分くらいになります。まだ体力がなかったり、集中力がなくなったりすることもあるので、もう少し短い時間のスクールもあるようです。

幼児クラスでは、技術の向上というよりダンスを好きになってもらえるレッスンになっています。ストレッチやリズムジャンプなどを中心に柔軟性やリズム感を身につけ、基礎体力をつけるスクールが多いです。

【レッスンの流れ】
1.始まりのあいさつ
2.ストレッチ
3.アイソレーション(首、胸など部分を動かす)
4.リズムトレーニング
5.振付
6.クールダウン(水分補給、体を休める)
7.終わりのあいさつ

基礎をしっかり教わることがよいので、基礎を大事にしているスクールを選ぶことをおすすめします。

リズムにのって楽しく体を動かす

リズムにのって動いてみてと言われてすぐ動けますか?もしかすると、子どもは無邪気に動けるかもしれませんが、まずはなにも考えずに音楽を楽しむことが大切です。力が入りすぎると不自然な動きになってしまいます。少しずつコツを知り、かっこよくリズムにのって動いてみましょう。

まず、音楽に合わせて手拍子から始めて、だんだんと手拍子の手の幅を広げていき、両手を広げるくらい大きくしていきます。手拍子を頭の上でしたり、足元近くにしてみたりと楽しく動かしてみてくださいね。

次に足です。右に一歩踏みだし左足を合わせにいきます。今度は逆に左に一歩踏み出し右足を合わせにいきます。だんだんと体をゆらしながらステップ、手拍子と一緒にステップ。いろいろな曲で挑戦してみてくださいね。

アクロバットも取り入れた大技に挑む

幼少期からダンスを習っている子どもは、より高度なアクロバットをするとき習得しやすくなります。身体能力を高めたい子どもはステップアップしてみましょう。いろいろな技がありますが、ここでは人気のアクロバットを紹介しますね。

【転回】
バク転の逆で前に回転する技です。アクロバットに必要な基礎が詰まっているので、初めのうちに習得しておきましょう。

【バク転】
立った状態から後ろへジャンプして手をつき転回、着地する技です。後ろに飛ぶ恐怖を克服すれば成功しやすいです。

【バク宙】
「後方宙返り」とも呼ばれている技で、後方に向けて一回転します。空中で回転する技の基本になるのでステップアップのためには欠かせない技です。

ぜひ、挑戦してみてください。

ダンスだけじゃないヒップホップの楽しみ方

服も髪型もダンススタイルで目立っちゃおう

リズムにのるのもダンスの楽しみですが、服や髪型が変わると一気に気分を高めてくれるでしょう。練習のときも普段とは違う服だと、やる気が出てきてどんどん上達しそうですね。子どもは体が小さいので目を引かせるためにも、顔周りやトップスにポイントを持っていくと目立ちます。

【服】
大きめロゴのビッグTシャツやパーカーは存在感があり、スパンコールがついている服は照明があたるとキラキラするのでアピールできますね。

【髪型】
ポニーテールはかわいいですが、くくった先がダンスで邪魔になるようなら、お団子ヘアーがおすすめです。一つにしても二つにしてもよいですね。髪の短い子もハーフアップでお団子をつくることができます。ツインテール、三つ編みもダンススタイルに似合います。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC