就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

初心者も気軽に切り絵を楽しもう!始めやすいキットや図案集を紹介

初心者も気軽に切り絵を楽しもう!始めやすいキットや図案集を紹介

切り絵は初心者でも簡単にはじめることができます。必要な道具が揃うセットも売っていますし、図案も初心者向けから上級者向けまでたくさんあるので自分のスキルに合わせて選べます。切り絵をはじめたいと思っているママのために、切り絵に必要な道具や楽しみ方などを紹介していきます。

初心者でも簡単!切り絵を始めよう

切り絵の基本のやり方を知ろう

切り絵のやり方はそんなに難しいものではないので、図案はよく紹介されていますが、やり方までは紹介されていないことが多いようです。しかし、切り絵を始めてみようと思っている方のために切り絵のやり方を紹介していきます。

やり方
1.切りたい図案を用意します。図案はインターネットや切り絵の本に載っているので、コピーをします。

2.図案と黒い紙(色紙でも大丈夫です)を用意して図案を上に重ねてテープやホッチキス等でずれないように固定します。

※切り絵用の用紙を使用する場合は、その紙に直接印刷して切っていくことができるので、この作業は不要となります。

3.実際に切っていきます。細かい部分から順に中心に向かって切っていき、最後に周りを切ったら完成です。

初心者に揃えてほしい道具

まずは、切り絵をするために使う道具を揃えていきましょう。

1.カッター
自分の扱いやすいものでよいですが、ペンシルタイプは細かいところを切っていくのにおすすめです。

2.黒い紙
基本は黒を使いますが、図案によってカラーを変えると雰囲気が違ってきます。

3.マスキングテープ、カッター
図案と黒い紙を固定するときに使います。普通のテープよりマスキングテープの方が、完成後きれいに剥がせます。

4.図案
自分が切りたい作品をコピーしたものを用意します。

5.はさみ
細かいところを切れるような手のひらサイズくらいのはさみがあると便利です。切り絵用のはさみも販売されてます。

6.カッターマット
机に傷がつかないように下に敷いて使います。

切り絵を楽しむためのコツは?

はじめて切り絵をするときに、いきなり上級者向けの難しいものをしようとすると、途中で疲れたり諦めたりして完成まで続かないことがあります。最初は簡単なものからはじめていきましょう。

好きな柄やキャラクターなどを図案にすると、完成までが楽しみになると思います。また、切りすぎて失敗してしまっても、最後用紙に貼りつけるときにテープで貼るなどすれば目立たないので、失敗をおそれずに切っていってくださいね。

回数を重ねていくことで、慣れていき技術も向上するので細かい図案にも挑戦できて、達成感もあり楽しく切り絵をすることができます。また、切り絵をすることにより集中力がついたり、自分で図案を考えることにより創造力をつけることもできると思います。

初心者向けキットや子ども向け切り紙

切り絵専門店「きりえ体験キット」

「きりえ体験キット」は、白・黒・カラーの切り絵の用紙が3枚入っているセットです。同じ図案でも色が違うだけで仕上がりの雰囲気が変わるので、全色切ってみるのも楽しいですよ。白の用紙はそのままでもよいですが、切る前に色づけすると自分だけのオリジナルな作品に仕上がります。

蝶や和柄、童話などたくさんの種類があるので、好みの図案を見つけることができると思います。難易度もいろいろで、好きなシリーズの中から自分の技術力に合わせて選ぶことができ、ステップアップしながら挑戦できるので最後まで楽しめます。

「きりえ体験キット」のほかにも図案のシリーズがたくさんあります。ルームライトを作るセットもあるので上達してきたらそちらに挑戦してみるのもよいでしょう。

始めやすい「切り絵スターターキット」

切り絵をはじめようと思っても、何を揃えたらよいのか分からなかったり、一つずつ買い揃えるのが面倒で1回で切り絵ができる道具が揃うほうがよいと思っている方には切り絵の「スターターセット」がおすすめです。

切り絵の図案とともにカッターやカッターマットがセットになっているものがあります。そのほかにも色紙やトレーシングペーパーなども一緒に入っているセットもあります。

基本は図案とカッター、カッターマットの3点セットが揃っていればはじめられます。本格的にではなくちょっとやってみようかなとお考えの方は、色々入っているセットより基本セットをおすすめします。一度挑戦してみてほかの道具や自分に合うカッターなどを揃えていくとよいでしょう。

子どももハサミで作れる!「 折り紙切り紙」

切り絵は大人向けの難しいものばかりではなく、ハートや星などとても簡単な図案もあるので、子どもと一緒に楽しむこともできます。

折り紙を二つに折って切っていくと左右対称に簡単に作れます。たくさんの色を使って切っていけば、とてもカラフルにできるので誕生日やクリスマスのパーティの飾りつけにとても可愛いです。

子どもが好きなキャラクターの切り絵の図案もあるので、子どもの上達に合わせて一緒に挑戦するのも楽しそうですね。

子どもと切り絵をするときは、大人が使うカッターは危険なのではさみを一緒に使うようにした方が安全でしょう。文房具店などに子どもが安全に使えるはさみが販売されていますので、探してみてください。

初心者向け切り絵図案の本や無料サイト

猫好き初心者向け「ねこ切り絵」

猫をテーマにした絵や雑貨などよく見かけるかと思いますが、切り絵の図案にも猫はたくさんあります。

ここでご紹介する「ねこ切り絵」という本は、すべて猫の図案で、初心者向けの簡単なものも多く紹介されているので、猫好きにはたまらない一冊だと思います。

猫の種類もさまざまですし、ポーズを変えることによって可愛さもさまざまです。ジャンプするところを助走から数枚に分けて切って並べていけば、まるで動いているかのような作品にすることもできます。

はじめのうちは、本やネットなどの図案を切っていき、慣れたら好きな猫や飼い猫をモデルに図案を書いて切っていくのも自分だけのオリジナル作品ができて楽しめると思います。

素敵な図案「PAPER CUTTING」

gardenさんの「PAPER CUTTING」という切り絵の本は、草花と動物をテーマにしたデザイン性の高い繊細な作品で飾ることで、可愛らしいナチュラルガーデンの雰囲気が広がるような図案がたくさんあります。

12種類の動物のほかに可愛い雑貨や、アルファベットの図案もたくさん収録されています。切り絵の基本的な切り方も写真付きで解説されているので、初心者でも安心して切り絵をはじめられます。

ほかにも着色の仕方や額装の仕方、ブローチの作り方なども収録されています。

切り絵の本は書店にもありますが、ネットショップでも購入できます。書店ではまだ取り扱いが少ないのですが、ネットショップはたくさんの種類の切り絵の本があるので、ぜひ探してみてくださいね。

サイト「ぬりえと切り絵の無料下絵一覧」

ネットでは切り絵と一緒にぬりえも楽しめる無料の下絵を紹介しているサイトがあります。同じ下絵で切り絵用とぬりえ用で分けられているので別々にコピーして使用することができます。

切り絵とぬりえでは下絵が同じでも、違う楽しみ方ができます。また、下絵をぬってから切っていけばオリジナルの作品にもなるので、楽しみは広がります。

切り絵とぬりえの下絵を無料で紹介しているサイトがありますので、紹介したいと思います。

こちらのサイトでは、同じ絵で切り絵とぬりえができる下絵が無料でダウンロードできるので、気になる作品を探してみてください。

まとめ

切り絵は子どもから大人まで、幅広い年齢層の人が楽しめます。簡単なものからステップアップしながらでき図案もたくさんあるので、好きな図案を楽しみながら切っていくことができます。

色紙を使ったりすることで、オリジナルの作品にもなり達成感も感じることができます。切り絵は集中力も使うので、子どもと一緒にすれば、遊びながら子どもの集中力を育てることもできると思います。記事を参考に親子で一緒に切り絵を楽しんでみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj