就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

腕のシミが気になるママが多い!家事や育児で酷使する手や腕へのケア

腕のシミが気になるママが多い!家事や育児で酷使する手や腕へのケア

「最近腕のシミが気になるようになった」「子どもが生まれてから腕のシミが増えた気がする」など、腕のシミに悩んでいるママも多いでしょう。シミは一度できるとなかなか消えないので、見つけたときは気分が落ち込みますよね。ここでは、腕のシミができる原因やどのように防ぐとよいのかなどをご紹介します。

ママが気になる「シミ」の原因とは

過剰生産されたメラニン色素の沈着「シミ」

紫外線に当たるとシミができることは知っているママも多いと思いますが、年齢を重ねるたびに増えていく腕のシミにショックを受けている方もいるかもしれませんね。シミとは、皮膚の中で作られているメラニン色素が沈着したもののことをいいます。

皮膚の層は、外側の表皮と内側の真皮からできています。シミに深く関係しているのが表皮で、表皮はケラチノサイト(表皮細胞)と表皮の一番内側の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)から成っています。

紫外線を浴びるとお肌に刺激を与え、メラノサイト内でメラニン色素が過剰に生産されるため、この色素が皮膚に沈着してシミになりますよ。紫外線はお肌にシミができるだけではなく乾燥やシワの原因にもなるので、日々の予防が重要といえるでしょう。

産後はホルモンバランスなどの影響も

「出産してからシミが増えた」「子育てするまでは、シミなんて気にならなかったのに」など、出産してからシミが気になるようになったママも多いのではないでしょうか。ママの中には「赤ちゃんがまだ小さいから外にあまり出ていないのに、どうして?」と悩んでいる方もいるかもしれませんが、産後のホルモバランスの乱れによってシミができることがあります。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンといわれる女性ホルモンがたくさん分泌されています。プロゲステロンはメラニンを作るメラノサイトを活性化する働きがあるので、妊娠中から気をつけないとシミが増えてしまうのです。

妊娠中や産後にシミが増える方も多いので、生活習慣などにも気をつけましょう。

腕の「シミ」のほとんどは紫外線によるもの

妊娠中からママはシミができやすい状態になっていますが、やはり腕のシミの原因の多くは紫外線による影響といえるでしょう。先ほどご紹介したように、妊娠中はプロゲステロンが多く分泌されているため、妊娠中に紫外線をたくさん浴びてしまうとメラニンが過剰に作られてシミができます。

産後のシミを増やさないためには、妊娠中もしっかり紫外線対策をする必要があるでしょう。妊娠中は女性ホルモンが優位に立つのでお肌がきれいになりやすいですが、「お肌の調子がいいから」とケアを怠ってしまうと産後のお肌に影響をおよぼしますので気をつけましょう。

春夏は腕を出す服装をするときも多いので、顔だけではなく腕も紫外線対策をおこなうことが大切ですよ。

ママの腕にシミができてしまう理由と予防法

日焼け対策の盲点になりやすい「ママの腕」

赤ちゃんのころはお家やお出かけしても屋内で過ごすことが多く、紫外線を気にせずに過ごしていたママもたくさんいるでしょう。しかし、子どもが成長するにつれて外遊びをする時間が増えるだけではなく、保育園や幼稚園に通い始めると毎日紫外線を浴びながら送り迎えをしなくてはいけませんよね。

外に出る機会が増えたママが「日焼けしたくない」と思っても、腕までしっかりと日焼け対策をしているでしょうか。紫外線対策をするときに顔や首には日焼け止めを塗っても、「腕には塗っていない」という方は意外と多いようです。

短時間でも顔と同じように紫外線が当たるので、腕にも日焼け止めを塗るのが大切ですよ。「日焼け止めを腕に塗る時間がない」という方は、スプレータイプを使うと便利でしょう。

手の甲は一年中ダメージを受けやすいパーツ

秋冬になると長袖を着るので、「腕が焼けないから安心」と思っているママは多いでしょう。確かに長袖を着ると腕は隠れるので安心ですが、手の甲は一年中露出しているので紫外線対策を怠らないことが大切ですよ。

お買い物や保育園などへの送迎で自転車を使うママも多いと思いますが、乗るときにハンドルを握ると手の甲に紫外線が直接当たりますよね。「ちょっとくらい大丈夫」と思っても、紫外線は一年中当たっているので手の甲は日々紫外線からダメージを受けています。

手の甲にシミがたくさんできると、ネイルをしても若々しく見えない、手を出すのが恥ずかしいなど、コンプレックスを感じる原因にもなりますよ。季節に関係なく手の甲にも日焼け止めクリームを塗って、シミやそばかすを防ぎましょう。

徹底的に紫外線を避ける対策を心がけて

紫外線は季節に関係なく年中浴びるものなので、毎日紫外線対策をして外に出ないとお肌にダメージを与えてシミやたるみ、シワなどを作ってしまいます。ここでは、徹底的に腕の紫外線対策ができる方法をいくつかご紹介します。

・毎日日焼け止めを塗ること
紫外線対策として、日焼け止めを塗ることが大切です。腕は家事や育児をしていると日焼け止めクリームが落ちやすい箇所なので、外に出るときは塗り直しましょう。

・アームカバーをつける
春夏は半袖やノースリーブを着用することも多いので、アームカバーがあると便利です。

・春夏でも外に出るときは長袖を着る
春夏は紫外線が強いので、日焼け止めを塗るだけでなく外に出るときは長袖の着用がおすすめです。

腕に気になるシミができた場合の対処法

ハンドクリームや乳液で美白や保湿ケア

腕にシミができて気になっているママもたくさんいるでしょう。しかし、そのまま放置するとシミが濃くなったり、さらにシミが増えたりする可能性がありますよ。

シミは一度できるとなかなか消すのは難しいですが、保湿をすることでシミが薄くなる場合があります。ハンドクリームや乳液を腕につけると、お肌に潤いが与えられてターンオーバーが整います。

ターンオーバーが整うとシミの原因であるメラニン色素が外に出ていきやすくなるので、シミ対策には保湿がおすすめですよ。ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの美白有効成分が入ったものを使うと、保湿するだけでなく美白効果も期待できるでしょう。毎日日焼け止めを塗る前に、保湿ケアをしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事