就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬場の乾燥から身を守ろう!大人や子どもの乾燥対策や注意点

冬場の乾燥から身を守ろう!大人や子どもの乾燥対策や注意点

冬場、皮膚の乾燥に悩んでいるというママは、お風呂の入り方を見直してみるとよいかもしれません。

まず、お湯の温度を見直してみましょう。熱いお風呂が気持ちのよい季節ではありますが、高い温度のお湯は皮膚のバリアを落としてしまうといわれています。お肌のためには40℃くらいまでのお湯がよいそうですよ。

体を洗うときにゴシゴシとこすったり、洗浄力の強い石鹸を使ったりすることも避けましょう。皮膚のバリアを守るためには、刺激の少ない石鹸をしっかり泡立ててから、手のひらで優しく洗うようにしましょうね。

入浴後は水分の蒸発とともに皮膚の水分も奪われていきます。すぐにスキンケアをするようにしましょう。保湿成分のある入浴剤を取り入れてもよいかもしれませんね。

衣類からの刺激を避ける

カサカサと乾燥した肌は、ちょっとの刺激でかゆみを感じてしまいますよね。皮膚のデリケートな赤ちゃんや小さな子どもならなおさらです。乾燥によるかゆみをお避けるためには、衣服からの刺激に注意するようにしましょう。

肌に直接触れる下着類はとくに、化学繊維のものは避けて綿100%のものを選ぶとよいようです。綿素材は肌触りがよいのに加えて吸湿性があり、冬場の乾燥する季節には湿気をほどよく調節してくれるメリットもあるそうですよ。

柔軟剤を適切に使用するのも効果的といわれています。赤ちゃんや小さなお子さんに使用する場合には、香りや刺激の強いものは避け、ベビー用などの刺激の少ないものを選ぶとよいかもしれませんね。

水分補給をしっかり行う

冬場には夏場ほど水分補給を意識しなくなりますが、乾燥した環境では体内の水分が思った以上に奪われているのだそうです。暖房のきいた室内で厚着をしていると、たくさん汗をかくこともありますよね。

冬場であっても、意識してこまめに水分を補給することが大切です。十分に水分を取ることで、体全体の乾燥状態を防ぐとともに、代謝がよくなるというメリットもあるそうですよ。

また、水分補給は冬場に流行するインフルエンザや胃腸炎などの感染症への対策としても有効なのだそうです。鼻やのどなどの粘膜が乾燥すると、ウイルスが付着しやすくなり、感染しやすくなってしまうといわれています。

水分補給で粘膜を潤すためにも、こまめな水分補給を心がけたいですね。

まとめ

こちらの記事では、冬の乾燥による知っておきたいリスクや家庭でできる乾燥対策、冬の乾燥対策で注意したい生活習慣を紹介してきましたが、いかがでしたか。

冬場の乾燥は、子どもにとってもママにとっても悩みのタネですよね。ここで紹介したような乾燥対策を取り入れたり、生活習慣を見直してみたりしながら、うまく乾燥対策をしてみてくださいね。

乾燥した空気やウイルスなどからうまく身を守りながら、冬場を快適に乗り切りましょう。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC