就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と冬を過ごすときの注意点!室内やお出かけのときのポイント

乳児と冬を過ごすときの注意点!室内やお出かけのときのポイント

赤ちゃんと過ごす初めての冬。大人でも寒いこの季節、赤ちゃんにはどんなこと気を付けて過ごせばよいのか、気になるママは多いと思います。そこで今回は、乳児と冬を迎えるママに、室内で過ごすとき、お出かけするときなど、シーンごとの注意点やポイントについて、解説していきます。

冬の室内で赤ちゃんに注意するべき点は?

暖房使用時には温度と湿度に気をつけて

外気が一気に下がる冬。室内では暖房器具を使用する家庭がほとんどだと思います。大人はある程度洋服で体感温度を調節できますが、赤ちゃんは体温調節機能が未発達なため、身体が冷えやすかったり、逆に体温が上がりすぎたりしがちです。

冬の室内設定温度は20~23℃くらいが適しているといわれています。その際部屋の「湿度」にも注意が必要です。乾燥していると、ウイルスが活発になりやすい環境になるため、しっかりと湿度を保つようにしましょう。

最近では空気清浄機や加湿器が普及していますが、家庭にない場合は、適度な換気と室内干しなどで空気の浄化と湿度を保てるように心がけたいですね。湿度は40~60%を保つように調整しましょう。

室内の部屋着は重ね着で対応しよう

体温調節が苦手で、しかも「寒い」「暑い」を言葉で伝えられない赤ちゃんのために、ママはこまめに様子をチェックする必要があるでしょう。室内でも、汗をかいていたり、手足が冷たすぎたりしたときは、衣服で調節してあげてください。

赤ちゃんの冬の室内着は、肌着、カバーオールの上に、ベビーベストやカーディガンなどを重ね着するのが一般的です。赤ちゃんが少し暑そうだなと感じたら、重ね着しているものを脱がせて調節してあげましょう。

また、同じ暖房器具を使っていても、一戸建てとマンションでは室温に差が出ることが多いので、各家庭に合った防寒対策を取るようにしてくださいね。赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

夜寝るときは布団の掛けすぎに注意

夜中に赤ちゃんが息をしているか心配で、何度も確認してしまうという新米ママは多いと思います。同じく、赤ちゃんにかけた布団が暑すぎないか、布団をはいで寒くなっていないか…これも心配な点ですね。

赤ちゃんが寝るときは、布団の掛けすぎにも注意が必要です。顔に布団がかかって息苦しくなったり、体温が上がりすぎたりすることで、「乳幼児突然死症候群」に陥る恐れがあるからです。

小さな赤ちゃんにとって、冬の布団は重たいもの。何枚も掛けてしまうのは危険です。快適な室温に保ち、布団は最低限にするのがよいでしょう。子どもが小さいうちは暖房費用がかさみますが、それも一時のことと思って、赤ちゃんのために暖かい部屋を用意しましょう。

冬に赤ちゃんとおでかけするときの注意点

水分補給などで乾燥対策をしっかりしよう

一カ月健診を終えて、体調に問題なしと診断されれば、さっそく赤ちゃんとお散歩に出かけたいですよね。でも、秋生まれや冬生まれの赤ちゃんは、まだ小さいのに厳しい寒さの中で散歩するべきか、ママも迷うと思います。

しっかりと対策して出かければ、冬の寒さが赤ちゃんの成長を促してくれる効果も期待できますよ。赤ちゃんを寒さから守る防寒対策とともに注意したいのが、「水分補給」です。赤ちゃんは大人に比べて体に占める水分量が多いとされています。

長時間外出するなら、途中でミルクの時間を設けて脱水を防ぎましょう。水分量を保つことで、乾燥対策になります。また、お肌にも出かける前に保湿剤を塗るなどしておくと、乾燥から守れて安心です。

いくつかの種類のアウターがあると便利

赤ちゃんとの外出に備えて、アウターもいくつかの種類があると便利ですよ。調節しやすくておすすめなのは「ベスト」や「カーディガン」です。室内の温度が低いときにも、サッと重ね着させることができますね。

また、真冬でとても寒い日には、ジャンプスーツのような全身すっぽり隠れるタイプの厚手なアウターが重宝します。その際、インナーは部屋着と同じくらいの暑さにしておかないと、逆に着せ過ぎで厚くなってしまうので注意してください。

ポンチョ・ジャケット・オールなど、移動手段や目的地によってもアウターの形を変えた方がよいときがあります。ベビーサイズはワンシーズンしか着られないこともあるので、お下がりや古着などをうまく活用しながら揃えたいですね。

なるべく人の多い場所に行かないようにする

冬の外出で心配なのは、「ウイルス感染」ですね。大人でも神経質になるところですが、小さな赤ちゃんとなるとさらに気を遣わなくてはなりません。冬季に流行するインフルエンザやノロウイルスなどは、赤ちゃんが感染すると重症化する恐れがあるので注意が必要です。

「外は寒いから」と、暖かいショッピングモールや室内遊技場、児童館などに出かけたくなりますが、不特定多数の人が大勢集まるところはウイルス感染の恐れがあるのであまりおすすめできません。

公共の場に出かける際は、平日の午前中など、あまり混雑していない時間帯を目指していくとよいでしょう。もちろん、赤ちゃんだけでなく、ママもウイルス感染対策をして出かけてくださいね。

冬の季節に重宝する赤ちゃん用アウター3選

前開きがよい「ミキハウスのカバーオール」

いわずと知れたベビー用品ブランドの「ミキハウス」。良質な素材と安心の縫製で、出産祝いなどでも人気のブランドです。ミキハウスが提供するアウターはたくさんの種類がありますが、中でもいちおしは「マイクロファー」シリーズのカバーオール。

しっとりと柔らかな肌触りがなんともいえず、抱きしめたくなるような素材感が特長。前面がファスナーで全開するので脱ぎ着しやすく、股部分もホックになっていておむつ替えも楽ちんです。

また、手足の先が二重になっていて、くるりと返すと手先・足先まですっぽり包み込まれるデザイン。外出時の防寒着としては100点満点です。「くま耳」バージョンと「うさ耳」バージョンがあって、どちらも赤ちゃんの着た姿がたまらなくかわいいですよ!

サッと羽織れる「フリースベビーポンチョ」

冬とはいえ、日中日差しがあってあたたかいときや、ちょっと近所まで出かけたいときなど、厚着をさせるにはちょっと…というときに重宝するのが「ベビーポンチョ」です。小さな赤ちゃんはふにゃふにゃしていてアウターを着せるにもなかなか苦労しますよね。

その点ポンチョなら、袖を通す必要がないので、サッと羽織れて便利なのです。マントのように赤ちゃんの全身を包み込むことができるので、抱っこ紐の上から羽織ったり、ベビーカーで寒くなったときにブランケット代わりにしたりと、なにかと活躍するでしょう。

中でもフリース素材は軽くてあたたかいため、ママのカバンに小さくたたんで携帯するのにぴったり。シワにもなりにくいので、常に持ち歩いていると、いざというとき助かりますよ。

重ね着によい「ダウンベスト」

キッズでは、冬のアウターの定番となりつつある「ダウンベスト」。ベビーでも冬の重ね着として取り入れたいアイテムです。室内で寒さ調整するためのニットやカットソー素材とは違い、ダウン、または中綿タイプの厚手ベストなら、外遊びにも最適です。

全身を覆うカバーオールタイプのダウンは厚さと重さがあって、赤ちゃんの動きを制限してしまいますが、ベストタイプなら身軽に動くことができますね。お座りやつかまり立ちができるくらいになったら、ダウンベストの着こなしがとてもかわいいですよ。

防寒着としての役割を果たしつつ、おしゃれ感もあるので、一枚あるとたくさん着せたくなりそうです。公園遊びなど、身体を動かすときには重宝するアウターになるでしょう。

まとめ

赤ちゃんと過ごす冬は、いろいろと準備をしたり、環境を整えたりと、ママは忙しくなるかもしれません。ねんねの時期は快適に過ごせているか気を配る必要がありますし、寝返りやハイハイをして動き出してからは、暖房器具でケガをしないか注意する必要もあります。

一方で冬には赤ちゃんと一緒に楽しめる行事がたくさんあるのも忘れてはならない点です。室内で過ごすことが多いからこそ楽しめる遊びやイベントもあります。冬の外出も、しっかり準備していけばとても楽しいものです。記事を参考に、赤ちゃんと素敵な冬を過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018