就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

抹茶のカフェイン量はどのくらい?妊娠中や子どもへの影響は

抹茶のカフェイン量はどのくらい?妊娠中や子どもへの影響は

妊娠中にカフェインを摂り過ぎるのはよくないというのはご存知のママが多いと思います。ただ、どのくらいがよくないのか、コーヒーや抹茶が好きなママは、妊娠中でも飲んでよいのか気になりますよね。そこで今回は、抹茶のカフェイン量について調べてみました。妊娠中や授乳中でも子どもに影響しない飲み方をご紹介します。

抹茶の飲み物やお菓子のカフェインは?

抹茶はコーヒーとほぼ一緒のカフェイン量

コーヒーにはカフェインがたくさん含まれていて、抹茶はコーヒーに比べて少ないイメージがありませんか。実は、抹茶のカフェイン量はコーヒーとほぼ同じなのです。

文部科学省が公表している日本食品標準成分表によると、抹茶とコーヒーのカフェイン含有量は以下のようになっています。

・抹茶
可食部100g中3.2g

・コーヒー
粉末10gと150mlのお湯で抽出した場合60mg

抹茶茶碗に1杯分の抹茶を点てる場合、約1.5gの抹茶を入れるとすると、1杯あたり0.048g(48mg)のカフェインが含まれます。コーヒーカップ1杯分を約120mlと考えると、コーヒー1杯に含まれるカフェインは0.048g(48mg)で、抹茶とほぼ同じ量といえますね。

抹茶スイーツのカフェイン含有量

抹茶ブームもあって、抹茶味のチョコレートや抹茶アイス、抹茶ドーナツなど、抹茶系のスイーツがたくさん販売されていますよね。カフェインがどのぐらい含まれているのか細かいところまでは表示されていませんが、ほとんどの商品が微量のようです。食べ過ぎなければ健康への影響を気にするほどのことはないでしょう。

インターネット上に掲載されているロールケーキやマフィンなどの抹茶スイーツのレシピを参考にすると、抹茶の分量は5~10gぐらいのものが多いです。友人ママに聞くと、抹茶ようかんを手作りするとき4人分で抹茶3g入れると言っていました。

抹茶スイーツの場合、カフェインの心配をするよりも糖分を気にしたほうがよいかもしれませんね。

色々な抹茶ドリンクのカフェイン量

抹茶ドリンクの専門店まであるほど、最近はどこのカフェに行っても抹茶ドリンクがメニューにありますよね。抹茶ドリンクにはどのぐらいのカフェインが含まれているのでしょうか。

・抹茶ラテ…240mlで約2mg
・抹茶クリームフラペチーノ…240mlで約54mg

抹茶ドリンクは抹茶の色が濃いのでカフェインがたくさん含まれているように見えますが、抹茶を少し加えてアレンジしているだけなのでそれほど多くは含まれていないようです。

抹茶ラテや抹茶スムージーなどのレシピを見ても、1人分やコップ1杯分に対して、小さじ1~1.5程度でした。抹茶ドリンクも飲み過ぎなければ健康への影響を気にするほどのことはないでしょう。

妊娠中や授乳中に影響が少ない飲み方

妊娠中や授乳中は1日約1~3杯ならOK

妊娠中や授乳中にカフェインを摂取するのに抵抗を感じるママもいるでしょう。しかし、カフェインを摂取することでストレスの解消になることもあるので、抹茶を飲みたいときだってありますよね。

妊娠中や授乳中は1日に約1~3杯(200~300ml)なら飲んでも問題ないといわれています。健康な大人のカフェイン最大摂取量の目安が400mlといわれていますので、多少控えればよいという感じですね。

カフェインには眠気を覚ます、集中力を高めるなどのメリットがありますが、摂取しすぎるとめまいや心拍数の増加、不安、不眠症、下痢、吐き気などの影響をもたらす可能性があります。厚生労働省でも、妊婦に対してカフェインを摂り過ぎないよう呼びかけているようです。

子どもは体重によって飲んでもよい量を判断

子どもは大人に比べてカフェインの影響を受けやすいです。摂取し過ぎると、不安になったり、落ち着きがなくなったり、不眠症になったりする可能性があります。カナダ保健省では子どもの平均体重を基に以下の量を目安として注意喚起をしているようです。

・4~6歳
1日最大45mg

・7~9歳
1日最大62.5mg

・10~12歳
1日最大85mg

年齢に対する体重には個人差があるとは思いますが、抹茶1杯は飲まないほうがよいでしょう。牛乳や豆乳に少量混ぜて飲んだり、スイーツを食べたりするのは問題なさそうですね。

ママが抹茶を飲んでいると子どもも飲みたがることがありますよね。そのときは少し分けて飲むのもよいでしょう。

寝る前のカフェインの影響について

カフェインには覚醒効果がありますので、摂取する時間を考えて飲むことをおすすめします。寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下したりする可能性がありますので、寝る前にカフェインを摂取する抹茶やコーヒーなどを飲むのは控えたほうがよいでしょう。

ただ、家事や育児の忙しさでストレスを感じる、妊娠中にイライラしてきたなどの理由でなかなか眠れない場合は、抹茶を飲むことでよい効果が得られるかもしれません。抹茶には気分をやわらげリラックスさせる効果のあるテアニンという成分が含まれています。

カフェインの覚醒作用は摂取後3時間程度続くといわれていますので、早めの夕食を食べたあとに抹茶を飲んでゆっくりするのはよいでしょう。リラックス効果でぐっすり寝られそうですね。

抹茶も適量なら様々なプラス効果が期待

カフェインレスの抹茶はない

カフェインレスはカフェインがほとんど含まれていないもの、ノンカフェインはもとからカフェインが含まれていないカフェインゼロのものを指します。

抹茶を1日に1~2杯飲むことに関して健康への悪影響がほとんどないと分かってはいても、妊娠中や授乳中だと「少しでもカフェインが少ないほうが安心かな」と考える方が多いでしょう。ただ、コーヒーでよく見るカフェインレスやノンカフェインのものは、抹茶に関してはないようです。

「抹茶 カフェインレス」と検索してみても、表示されるのはカフェインレスの緑茶が多く、カフェインレスの抹茶は通販サイトで見つけられませんでした。

過剰摂取でなければ妊娠中や授乳中でも問題ありませんので、適量を考えて抹茶を楽しみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj