就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

年子を保育園に入れるには?年子ならではの悩みとメリットを紹介

年子を保育園に入れるには?年子ならではの悩みとメリットを紹介

働き始めたいと思ったら、最初に考えるのが保育園の入園申し込みですよね。でも、年子を保育園に入れるのは大変なんじゃない?と不安になっているママも多いかもしれません。保育園の入所へ向けてチェックしておきたいこと、意外と知らない入園申し込みの注意点など、年子ママ向けの情報をまとめました。

年子だと保育園に入りやすい?入りにくい?

年子だからこそ入りやすい場合もある

1人でも保育園に入園するのが難しいといわれている中、年子を同時に入園なんて難しいのでは?と、年子ママとしては心配な部分ですよね。でも、年子だからこそ入園しやすい場合もあるのです。

確かに認可園に入園したくても入園できなかった、順番待ち状態というご家庭も少なくありませんが、それには保育園入園基準のポイントが大きく関わっているからなのです。これは入園を希望する各家庭の状況を点数にして、ポイントの高い家庭を優先的に入園(入所)させる制度です。

ポイントの項目は多数ありますが、「養育している未就学児の人数の多い者」という項目があることが多く、お住まいの自治体によってはポイントが加点されることもありますよ。

年子だと保育料が安くなる場合もある

認可園に入所できても、年子2人分の保育料が負担になるのでは…なんて心配もありませんか?

2人を保育園に預けるので出費は否めませんが、保育料は家庭ごとの前年度の所得(住民税額)に合わせて決定されるので、夫婦の所得が高ければ保育料も上がり、低ければ保育料も下がるわけです。

肝心の年子で入園した場合の保育料ですが、兄弟で保育園に入園している場合には、下の子の保育料が半額になる制度があります。2人同時に預けても2人分の保育料を同額で支払う心配はなく、上の子の保育料は所得に応じた金額になり、下の子は上の子の半額で支払うので1.5人分の保育料ということになります。

自治体によって独自の制度を取り入れていることもあるので、問い合わせをしてもよいですね。

2人同時に同じ保育園を希望するときは注意

年子の子どもを2人同時に保育園の入所希望をする場合には注意も必要です。

保育園に通わせるなら、毎日の送り迎えは必須なので、兄弟を同じ園に入所させたい!と思いますよね。でも、ここに注意が必要なのです。

入所申し込みの用紙には2人以上の入園希望の方向けの記入欄があり、そこには「兄弟で申し込みをしている方は2人とも同じ園を希望しますか?」という趣旨の質問があります。

「はい」とかレ点マークを入れておきたいところですが、同じ園でなければ入所希望をしないのか、2人が別々の園になっても早く入園できた方がよいのかを考えて回答しましょう。

とにかく早く入園をさせたいのであれば、兄弟で別の園でも希望としておいた方が入園しやすい傾向があります。

これからパートなどで仕事復帰したい場合

認可保育園の要件をしっかり調べて

昨今の待機児童問題を解消するために、各都道府県で新しい保育所の新設をしていますよね。ご自宅の近くに幾つか保育園が開園したという方も多いのではないでしょうか?

保育園に通わせるなら、やっぱり毎日の送迎があるので近所の保育園に入所できると助かりますよね。保育園の入園申し込みでは、第1希望から第5希望ぐらいまで希望の園を記入することができるのですが、目星をつけた近所の保育園について調べておくことも重要です。

というのも、園によっては3歳児までの保育しかしない園もあります。近所にあるから助かると思っていたのに、上の子が入れない!などということのないように、できれば近所の保育園や通える範囲の保育園の情報を事前に調べておきましょう。

認可外や認証保育園、一時保育は高コスト

保育園といってもその種類はさまざまで認可保育園・認可外保育園・認証保育園と分けられています。この違いについてよく分からない…というママも多いので簡単にご説明しますね。

認可保育所は国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士の人数、給食・防災・衛生管理等)をクリアし、各都道府県知事に設置を認可された保育施設です。認可外保育園はいずれかの基準を満たしておらず、認可を受けていない保育施設です。

東京都では認証保育所という、都の独自基準の保育制度を運営しています。認証保育所は0歳児保育があり、認可園より開所時間が長い点がメリットの保育所です。

認可園以外は公的に認可を受けていないため、保育料も割高です。また主に認可園で実施している一時保育も利用料は割高です。

幼稚園も検討してみる

保育園の入園が厳しい地域の場合、選択肢として幼稚園も検討しているご家庭も意外と多いですよね。

保育園と違って幼稚園の料金は高いから、家計に大打撃なんじゃない?と心配になると思いますが、実は「私立幼稚園就園奨励費補助金」があり、入園料や保育料の補助をしてくれますよ。

お住まいの自治体によって多少の違いがあるので、福祉保健センターや子育て支援センターなどに問い合わせをしてみましょう。

幼稚園では預かり保育を行っていることも多く、両親の仕事の都合などで正規教育時間の前後の時間帯に家庭での保育ができない場合に、幼稚園で保育をしてくれるサービスがあります。こうしたサービスを利用して午後6:30ごろまで保育の延長をしているご家庭も多いです。

年子だと保育園に入れたあとも大変?

送り迎えは家族と分担がオススメ

保育園に無事に入所ができたら、毎日の送り迎えが始まります。

毎日送り迎えをするのは慣れるまでは意外と大変で、雨の日もあれば風の日もあり、子どもが小さいうちはぐずったりして苦労することもあります。そして年子となると2人を連れて行動しなくてはいけないので、ママの負担もかなり大きくなるかもしれません。

そしてとにかく時間との闘いの日々です。朝は子どもたちの支度と自分の支度に家事があるし、夕方はお迎えのほかにも買い出しや夕飯作りがあり、ママは大忙しで休む暇なしなんてこともザラです。

できれば、家族と分担して送り迎えをしていけるとよいですね。朝の支度もサッと済むパパに送りを、ママがお迎えをという分担をしているご家庭も多いですし、おばあちゃんにお迎えをお願いしているご家庭も意外と多いです。

保育園の毎日の支度はしておくから、送りだけお願いね!としてもよいですし、可能であれば毎日の支度もパパに覚えてもらうと、なおよいです。ママが体調不良になったときにパパだけで支度をしなくてはいけない場合もあるので、一通り覚えてもらっておくと安心ですよ。

自転車やベビーカーなど乗り物も活用しよう

年子の保育園の送り迎えは、かなり大変かもしれません。年子の子ども2人を連れて歩くのは時間もかかるし、ママもぐったりしてしまう可能性もあります。

週の終わりには午睡用のシーツやタオルなどを持ち帰り、週初めに保育園に持っていくこともあるので、手荷物が増えます。年子の子ども二人分となると荷物の量も二倍になってしまうので、自転車やベビーカーなどの乗り物を活用して送り迎えをするのがおすすめです。

降園後に医療機関を受診することもあるでしょうし、お買い物に寄らなくてはいけない日もあるので、手荷物をのせることができて、移動の時間短縮もできる自転車は保育園ママの必需品です。保育園の入園が決定したら、多少の出費にはなりますが電動自転車などを用意すると毎日の送り迎えが楽になりますね。

また、子どもが小さい内は自転車に乗せると危ないこともあるので、ベビーカーを活用してみるのもおすすめです。荷物も載せられるので、一人は抱っこ、一人は手を繋いで歩くよりも格段に楽ですね。

ときにはお天気の悪い日もあるので、バスルートなども確認しておくとよいと思います。

まとめ

保育園と一言で言っても、認可園・認可外園・認証園など施設が分かれているので、少しわかりづらいこともありますよね。保育園について分からないことがあれば、お住いの子育て支援センターや福祉保健センターに問い合わせてみましょう。

希望する園の入園待ち人数なども問い合わせることができるので、申し込みまでにいくつか確認して入園しやすい園をピックアップしておくと、希望園選びの参考になるかと思います。

年子の入園は、同じ園を希望するか、または別々の園でもOKかを第一に考えておきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018