就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

外出後は赤ちゃんも手洗いを!親子で楽しんで毎日の習慣にしよう

外出後は赤ちゃんも手洗いを!親子で楽しんで毎日の習慣にしよう

赤ちゃんの手洗いはいつから始めたらよいのでしょうか。赤ちゃんがよく動くようになると、外でいろいろなものを触りますよね。ママは汚れやばい菌が気になってしまうのではないでしょうか。ここでは、赤ちゃんの手洗いデビューの目安とやり方、外出時の手洗いのポイント、赤ちゃんの手洗いで役立つグッズを紹介します。

赤ちゃんの手洗いデビューの年齢とやり方

生後10カ月~1歳頃が手洗いのはじめどき

赤ちゃんがいろいろなものに興味を持ち、お出かけが楽しくなってくる頃になると、外で赤ちゃんはいろいろなものを触りたがりますよね。お花や葉っぱ、石ころなどを触ってみたり、電車やバスなどで手すりを触ってみたり。なんだか、ばい菌や風邪のウイルスなどがたくさんついていそう…。

そんなばい菌やウイルスをやっつけるには、手洗いが大切です。赤ちゃんの手洗いのはじめどきは、いつごろなのでしょうか?先輩ママさんの声をチェックしてみましょう。

・少しの支えでたっちができるようになった頃
・手づかみ食べをはじめた頃
・外の芝生などで遊ばせるようになった頃

おおよそ、生後10カ月~1歳頃に手洗いデビューするという声が多いようです。

最初はママが抱っこして手洗いを

子どもの手洗いというと、踏み台の上に立たせて、手を伸ばして洗うというイメージが強いかもしれませんが、1歳未満の子の場合、なかなかそのようにはいかないものです。最初はママが抱っこして手を洗ってあげるようにしましょう。

片手で赤ちゃんの体をしっかりと抱きかかえ、もう片方の手で赤ちゃんの手を蛇口のそばまで引き寄せます。そちら側の手でハンドソープを手にとり、赤ちゃんの手をしっかり洗ってあげるようにしましょう。

赤ちゃんの両手を一度にきれいにするのは難しいので、片手ずつハンドソープをつけてこすり洗いをしてあげるとよいですよ。泡タイプのハンドソープなら、泡立てる手間がいらないため、抱っこしたままの赤ちゃんの手洗いに便利です。

親子で楽しみながら正しく手洗いしよう

風邪やインフルエンザ、胃腸炎など、さまざまな感染症を予防するには手洗いが何より大切です。外出後や食事前など、赤ちゃんのうちから手を洗う習慣をつけておくと、大きくなってからも手を洗うのが当たり前になるのだそうですよ。

手洗いといっても、さっと水で流すだけではきれいになったとはいえませんよね。しっかりとハンドソープをつけて、爪や指の間、手首までまんべんなくきれいにしたいもの。それには、しっかりと時間をかけて正しく手を洗う習慣をつけることが大切です。

正しく手洗いするためには、手洗い歌を歌いながら洗う習慣をつけるのがおすすめです。動画配信サイトなどで、小さな子どもに親しみやすい手洗い歌が見られますので、チェックしてみてくださいね。

外出したときの赤ちゃんの手洗いのポイント

ハンドソープを使ってしっかり手洗いしよう

ある調査結果によると、流水のみで手を洗った場合には、約10,000個もの残存ウイルスがいたそうです。一方で、ハンドソープで約10秒もみ洗いした後には、数百個まで減っていたのだそうですよ。

大人よりも抵抗力の弱い赤ちゃん。外出後はハンドソープを使ってしっかりとばい菌をやっつけましょう。

赤ちゃんのデリケートな肌に、ハンドソープは刺激が強いのでは?と心配になるママもいるかもしれませんね。とくに月齢の低いうちは気になることでしょう。

そんなときは、赤ちゃん用品店などで手にはいる、ベビー専用の手洗い石鹸を使うとよいかもしれません。体などを洗うためのベビー用の無添加石鹸をハンドソープの代わりに使っているというママも多いようです。

寒い冬はぬるま湯で赤ちゃんの手を洗おう

寒い冬に冷たい水で手を洗うのは大人でもつらいですよね。水の冷たさで、手を洗うことが嫌いになってしまっては大変です。

冬には、ぬるま湯でやさしく手を洗うようにしましょう。凍えた手があたたかくなっていく気持ちのよい感覚で、手を洗うことが好きになってくれるとよいですよね。

温度が高すぎると、皮膚を保護してくれる皮脂まで洗い落としてしまうことになり、肌荒れの原因となりやすいため、温度には気をつけましょう。冬場は空気も乾燥しますので、ハンドソープでしっかりと手を洗った後はワセリンやベビーオイルなどで皮膚を保護してあげるとよいかもしれませんね。保湿成分の入ったハンドソープを選んであげてもよいかもしれません。

外出時には持ち歩ける石鹸や消毒剤が便利

外出先で手を洗おうと思ったときに、石鹸が置いていなくて困った経験はありませんか?子どもの食事前など、きちんと手を洗いたいときに石鹸がないと、ばい菌などが気になりますよね。

そんなときに便利なのが、ペーパーソープ(紙せっけん)です。普通の石鹸やハンドソープを持ち歩くのはかさばるし、水濡れなども気になるものですが、ペーパーソープならかさばらず使い切りタイプなので衛生的です。

また、除菌タイプのウェットティッシュや、手ピカジェルのような消毒剤を持ち歩いておくと、手を洗う場所が近くにないときに便利です。赤ちゃんはすぐに手を口に持っていくことも多いですよね。外出先で「ちょっと汚いかも…」と思ったときにすぐに清潔にできるので重宝します。

小さい赤ちゃんの手洗いで役立つグッズ

踏み台を使うと赤ちゃんの手を洗いやすい

最初のうちは抱っこで手を洗っていても、成長するにつれだんだんと重くなってくると、抱っこが大変になってきますよね。少しずつ、自分で手を洗う練習もしていきたいところです。そんなときに役立つグッズを紹介しましょう。

まず一つ目は、洗面台に欠かせない踏み台です。小さな子どもでは、普通に立って手を伸ばしても蛇口には手が届かないことが多いですよね。袖などがびしょびしょに濡れてしまうのも困ります。

段差を登ったり降りたりできるようになったら、踏み台を使うと手が洗いやすくなりますよ。ずっと置いてあると邪魔になる場合は、折り畳み式のものを選ぶとよいでしょう。子どもが使うものなので、安全面も注意して選びたいですね。

蛇口に届かないときはウォーターガイド

踏み台を使っても蛇口まで手が届きにくいこともありますよね。そんなときに便利な二つ目のグッズが、ウォーターガイド(手洗い補助)です。

蛇口に取り付けて使うもので、出てきた水を受け止めて手前まで流してくれるようなグッズです。カニさんやゾウさん、ネコさんなどの形をした、子どもが喜びそうなポップで可愛いものもあります。

手洗いを嫌がる子でも、「カニさんで手を洗おう」などといえば喜んで洗面所に来てくれそうです。手洗いの時間が楽しみになりそうですね。

蛇口に手が届かず1人で手が洗えない子でも、ウォーターガイドを取り付けることで手が届くようになり、上手に洗うことができれば、「自分でできた」という自信にもつながりそうです。

簡単に可愛く手作りしてみよう

便利グッズは自分で簡単に手作りすることもできます。

【牛乳パックで作る六角形の踏み台】
・牛乳パックを24本分用意する。
・パックを開き、上部と下部を三角形に切る。
・それを組み立てて三角柱を作る。
・24本できたら、組み合わせて六角形にし、ガムテープで固定する。
可愛い布や包装紙などで包むと可愛いですよ。子どもの大好きなキャラクターでデコレーションするママもいます。

【ペットボトルで作るウォーターガイド】
・ペットボトルの底部を切り取る。
・切り取った側面の両側に鉤型の切り込みを入れる。
・切り込みに輪ゴムをひっかけて、水道に固定する。
油性マジックやビニールテープなどを使って絵を描いてあげると喜んでくれることでしょう。

まとめ

赤ちゃんの手洗いデビューの目安とやり方、外出時の手洗いのポイント、赤ちゃんの手洗いで役立つグッズを紹介してきましたがいかがでしたか。

ママが「そろそろきちんと手を洗ってあげよう」と思ったタイミングで、赤ちゃんの手洗いを始めてみてくださいね。

風邪やインフルエンザなどに負けないよう、外出後にはきちんと手を洗って、ばい菌をやっつけましょう。赤ちゃんのうちからママと楽しく手洗いをすることで、手洗いが毎日の当たり前の習慣になってくれるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018