就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

品川駅はベビーカーでも安心!電車での移動や親子での楽しみ方

品川駅はベビーカーでも安心!電車での移動や親子での楽しみ方

品川駅は色々な場所へのアクセスがよく、利用者も多い場所です。品川駅を利用する予定がある、もしくは品川にお出かけしようかな、こんな機会が度々あるかもしれませんね。そんなときに気になるのがベビーカーの利用です。ベビーカーを利用しても大丈夫なのかな?ベビーカーでも楽しめる場所なども含め調べてみました。

品川駅の乗り換えはベビーカーでも問題なし

全路線にあるエレベーターで安心の移動

小さな子どもを連れたお出かけは荷物も多いですし、子どもの動きにも敏感になる必要があります。抱っこ紐での外出は両手があくので便利なものの、長時間となるとママへの負担も大きいですし、子どもが寝てしまうと降ろせなくなる可能性も高いです。

ベビーカーを利用すると赤ちゃんを降ろした状態で動きがとれるため、ママの負担は軽くなります。しかし、ベビーカーを押しながらの駅利用は動きが制限されてハードルが高いですよね。特に階段が多い場合は不便になるかもしれません。

この階段問題をクリアできるのが品川駅です。品川駅は全路線にエレベーターが設置されており、ベビーカーでの移動がスムーズにできます。ベビーカーを持ち上げて階段を上り下りする心配がありません。

山手線と京浜東北線のエレベーターはココ

JR品川駅は時間を問わず人で溢れている状態で、通勤ラッシュの時間帯の混雑具合は異常だという声もあるほどです。そんな品川駅の中で特に利用者数が多いのが、山手線と京浜東北線の2路線です。

お出かけの際にこの2路線を使用する予定がある場合、事前にエレベーターの位置を把握しておくと安心です。人混みの中でベビーカーを押しながらのエレベーター探しは本当に大変ですからね。

山手線は1番線、2番線、京浜東北線は東京・上野方面が3番線、大井町・大森方面が5番線です。一番スムーズに行く方法は、中央改札を通り、目的の路線番号を目指して突き当たるまで直進する行き方です。

それぞれ下り階段が見えてきたら回れ右をしてください。エレベーターが見えますよ。

京急品川駅への乗り換えもばっちり

JR品川駅から京急品川駅への乗り換えの際も、ベビーカー移動で困ることはありません。京急線への乗り換え専用改札は、3番線へ向かう階段付近にあるKIOSKが目印です。この位置から1、2番線側に進むと、その奥に京急線乗り換え専用改札が確認できるでしょう。

切符売り場の手前には階段がありますが、ちょうど真ん中の位置にエレベーターが設置されていますので、こちらを利用しましょう。京急品川駅もJR品川駅同様に、時間を問わず人で溢れています。

ですが、安全確保のために駅員さんが多く配置されていますので所々で姿を見ることができるでしょう。駅内で迷ってしまった、どの電車に乗ればよいのか分からないといったときには尋ねやすいので安心ですね。

駅ナカが充実!改札を出ないで楽しめる

買い物からランチもOK。エキュート品川

子ども連れのお買いものやランチは、あちこち移動するのも楽しいですが移動距離が少なければ少ないほどありがたいものですよね。エキュート品川は品川駅内にあり、改札を出ることなく楽しめる施設です。買いものやランチなどを駅ナカで満喫することができます。

1階は主にスイーツやベーカリーショップ、弁当や総菜などといった食べものを扱う店舗が充実しており、2階には雑貨屋さんや書店、レストランがあります。季節限定で入る店舗もありますので何度来ても楽しめるのではないでしょうか。

営業時間はエリアによって多少違うものの、11時ごろには全エリア営業中の状態となり、夜も遅い時間まで営業しています。日、祝は閉店時間が早まりますので注意してください。

人気の品川駅土産をゲットしよう

品川駅内でランチやお買いものを楽しんだら、あとは帰るだけだと思いがちですよね。しかし、せっかくなので自宅や贈答用の土産を買うのもおすすめですよ。品川駅内には人気の土産が豊富にありますので、ぜひ気になるものをゲットしてみてくださいね。

お土産として定番なのがお菓子類です。重いものや生ものなどを避けるようにすれば持ち運びにも苦労しませんよ。

人気の土産店が入っているのは、先ほどもご紹介したエキュート品川、そしてエキュート品川サウスです。どちらも中央改札付近にありますので、移動が大変だということはないでしょう。

あらかじめ土産を買う時間をスケジュールに組み込んでおいて、両方の店舗をはしごするのも楽しいかもしれませんよ。

多機能トイレは中央改札内コンコースに

赤ちゃん連れのママがお出かけの際に困るタイミングは、トイレの利用時です。自分ひとりであれば目についたトイレに入るだけなので大きな問題はありませんが、赤ちゃんがいる状態に加え、ベビーカーがあるとなると難易度が格段に高くなります。

通常のトイレしかない場合には、ベビーカーをトイレの外に置いて赤ちゃんを抱っこし入ることもできますが、ベビーカーの盗難などの心配もあります。できればベビーカーごと入れるような十分な広さがあるトイレが理想的ですよね。

そんなときに便利なのが多機能トイレです。多機能トイレは車いすや妊婦さん、赤ちゃん連れの方が優先的に利用でき、中央改札内コンコースに数カ所ありますので困ったときには利用してみてくださいね。

品川はベビーカーでも親子で楽しめる

公園もたくさんあるのでお散歩も楽しい

品川と聞くと背の高いビルや人で溢れている、そんなイメージがありませんか?しかし、お散歩ができる公園もたくさんありますよ。

例えば、東品川海上公園です。この公園は京浜運河のとおりにあり広さも十分です。鯨をモチーフにした滑り台やトンネルといった遊具があり、夏には水遊びもできます。

春にはたくさんのお花が咲きますので、遊歩道をブラブラ歩くのもおすすめですよ。ただ、人気のある公園なので、気候のよい時期の休日には家族連れや花見客などで混み合うことを頭に入れておくと安心ですね。

ほかにも日本の歴史を感じさせる戸越公園や、新幹線や電車を眺めることができる権現山公園などもおすすめですよ。天気のよい日にぜひお出かけしてみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC