就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

シングルマザーが仕事を探すには?仕事を探すポイントや判断基準

シングルマザーが仕事を探すには?仕事を探すポイントや判断基準

いろいろな事情でシングルマザーとして頑張るママたちがいます。そんなママの中には、今まで仕事をしてこなかったりブランクがあったりして仕事探しに悪戦苦闘したママも多いことでしょう。シングルマザーが仕事を探すときに覚えておきたい職探しの現状やポイントをまとめました。

母子家庭で仕事を探すのが大変な理由とは

過去に就業経験がないと仕事探しが難しい

シングルマザーになると、一家の大黒柱として収入を得て子どもを養っていかなければいけません。しかし、今まで専業主婦だったママや就職前に結婚したママなどは、就業経験がないということで仕事探しが難しい場合があります。

未経験でもできる仕事はありますが、そうなるとマイナスになるのが年齢です。仕事を探すうえで年齢は若い方が選択肢がたくさんあり、未経験でも採用される可能性が高くなります。

就職に有利な資格やスキルがあれば即戦力として企業も優遇してくれますが、そうした資格をすべてのママが持っているわけではありませんね。また、残念なことですが、未就学の子どもを持つシングルマザーは企業から敬遠されがちであることも就職を難しくしています。

ママの希望条件に合わない仕事も多い

誰でも条件のよい職場で働きたいと思うのは同じです。シングルマザーの場合、自分のことだけではなく子どものことを最優先に考えることも就職が難しい理由になっています。

夜中の仕事や遅番や残業がある仕事は、保育園の時間や子どもの生活に影響が出やすいので避けたいところです。また、子どもの病気などで休みが急に取れるか、福利厚生もしっかりしているか…なども考えていると、まったく希望条件に合う仕事がみつからないこともあります。

現状はさらに厳しく、よい条件の職場では基本的に求人が必要ないため、ママ以外の人でも希望どおりの就職先を探すのは難しいのです。希望条件に合わなくても、どこまでなら妥協できるかを意識して探しましょう。

仕事と育児の両立を考えないといけない

シングルマザーは、仕事も育児も家事も基本的には自分1人でこなしていかなければいけませんが、まずは経済的に自立して収入を得るため、働くことが大事になります。しかし、育児も待ったなし。保育園の送り迎えだけでなく、ご飯を作ってお風呂に入れて、掃除も洗濯も子どもがいるとさらに大変です。

生きていくために必要な収入のため働きたい、でも、子どもの成長をみられるのも今だけという葛藤が生まれますが、どちらにしても、育児だけ、仕事だけという状況にはなれないのが現実です。

そこで、子どもが急病のときどうすればよいか、残業になったときどうするかなど、不測の事態に備えておくことが大事です。いざというとき役立つ、病児保育室や時間外保育の情報を集めましょう。

仕事を探すときに知っておきたいポイント

毎月どのくらい必要なのかを算出する

シングルマザーといっても個々で置かれている状況は違います。持ち家なのか、賃貸なのか、子どもは1人かそれ以上かでお金のかかり方も違ってくるはずです。

一度、毎月どれくらいのお金が必要になるのか試算してみましょう。家賃、光熱費、通信費、食費など必ず必要な費用は毎月それほど変わらないはずです。

これをもとに毎月いくらあれば暮らしていけるかがわかります。仕事を探すうえでの給料の目安としてボーダーラインを決めることができます。

ただ、希望どおりの収入を得られる仕事が見つかるとは考えにくく、今までの生活レベルを保つことは難しいかもしれません。毎月の必要経費を算出する際には、贅沢をして無駄な出費が多くなっていないか、家計をチェックすることも必要ですね。

国の支援制度を活用し資格取得を目指す手も

これまで仕事の経験がない、または少ないシングルマザーを対象にした「母子家庭自立支援給付金事業」という制度があります。対象の教育訓練を修了した場合、かかった経費の60%(12,001円~20万円)を支給してもらえます。

教育訓練には歯科衛生士や美容師などの資格取得を目指すものもあり、しっかり勉強すれば就職に有利になるスキルが身につきます。教育訓練には夜間学校や通信教育も含まれているため、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

子どもを抱えながら仕事をし、さらに勉強をすることは大変なことですが、多くのシングルマザーがよりよい状況を目指して頑張っています。未来への投資と考え、やりたかったことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ママの状況に合わせた雇用形態を選ぼう

働き方にはさまざまありますが、大きく分けて正規雇用、いわゆる正社員として働くか、非正規雇用、パートやアルバイトとして働くのか選ぶ必要があります。シングルマザーの場合、収入メインで考えるなら正社員、時間の融通を重視するならパートで働くという選択をすることになります。

ただ、収入の低い正社員もいますし、時間に厳しいパート先もあります。そこだけにとらわれず、正社員なら認可保育園に入りやすい、パートでも時給や条件がよいなど、それぞれの働き口について総合的に判断しましょう。

まず雇用形態にかかわらず、働いてみるのも一つの方法です。大手の飲食店などでは、パートやアルバイトから社員になれることも珍しくありませんので、こだわり過ぎないようにしましょう。

仕事探しの選択肢が広がる資格とは

母子家庭のママに人気の高い資格はコレ!

基本的には資格は必要ないけれど、持っていた方が優遇されてお給料もよくなる仕事があります。資格取得もそれほど難しくなく、費用も期間も少なくて済むのが「医療事務」や「調剤事務管理士」です。

医療事務は病院の受付や医療費の点数計算などを行い、病院内で働くため残業や休日出勤も少なく女性に人気の職業です。調剤事務管理士も、近所のドラッグストアや調剤薬局など働く場所が多く、仕事内容は事務作業がメインで安定した仕事として人気があります。

どちらも正社員、パートとして働くことができ、資格は必須ではないのですが、通信講座などで短期間かつ低費用で資格取得が目指せます。資格があれば一生ものですので、お守りのつもりで取得を目指してもよいですね。

収入が多く得られる国家資格なら将来も安心

国家資格というと一気に敷居が高くなる感じがしますが、その分収入アップや安定した仕事につけるというメリットがあります。大学や専門学校に長期間通わなくても取得できる国家資格もあるので、積極的に取得して将来に備えましょう。

シングルマザーで国家資格を取るための勉強時間を捻出することは難しいように感じます。しかし、本気でやれば難関といわれる国家資格の取得も夢ではありません。

比較的簡単で今からでも勉強しやすいのがウェブデザイン技能士や応用情報技術者などで、IT関連の会社で働くのに有利です。ほかにも、薬局で一般医薬品の販売ができる「登録販売者」や旅行好きなら「旅行業務取扱管理者」など、受験資格がなく誰でも受験できる国家資格があります。

仕事をしながら取得できる「国家資格」も

高齢化社会といわれる日本で、今もっとも需要が高く、これからも需要が伸びる可能性があるのが「介護福祉士」「ケアマネージャー」と呼ばれる職業です。介護福祉士の資格は通信講座で1~6カ月程度勉強すれば取得を目指すことができ、母子家庭自立支援給付金事業の教育訓練にも含まれているので経済的な負担も少ないですね。

この国家資格の人気の秘密は、実務経験が大事なので、自宅の近くの施設で働きながらステップアップができることです。資格を取得するまでなにもできないのでは生活に困ってしまいますが、勉強しながら収入を得られるのは大きなメリットですよね。

介護福祉士として経験を積み、ケアマネージャーになればさらなる収入アップが見込めますよ。

まとめ

シングルマザーといえば、生活に困窮していて寝る間も惜しんで働いているというイメージがありましたが本当にそうでしょうか。女性の社会進出が当たり前になった現在、バリバリ働いて豊かな生活を送るシングルマザーも多くいます。

シングルマザーが働きやすくなるためには社会の在り方や企業の努力も必要ですが、まずはママ自身が目標を持ってよりよい生活ができるよう自立した考えを持つことが大事です。今置かれている状況をしっかりと把握して、将来に備えた自己投資や勉強にも挑戦していきたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj