就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦喧嘩で家事をしたくないママへ!対処法と不公平感や不満の解消法

夫婦喧嘩で家事をしたくないママへ!対処法と不公平感や不満の解消法

家事を頑張ったらママ自身でほめてご褒美を

どんなに頑張って家事や育児をしていても、その努力をパパに分かってもらえないことがありますよね。家事や育児は仕事のように給料が上がったり、結果を数値化したりできないので、なかなか周りにほめてもらうことがありません。

でも、どれだけ頑張っているのか一番分かっているのはママ自身。パパに気兼ねすることはありません。自分にご褒美を与えましょう。おいしいスイーツを食べる、欲しいものを買う、エステやマッサージに行くなど、自分のストレス解消になるご褒美を考えてみてくださいね。

パパや実家に子どもを預けるのが難しい場合は、保育園の一時預かりを利用するのもよいですし、最近では、託児付きのエステやマッサージなどもありますよ。

家事は効率的にやるべきことだけをやろう

現在行っている家事、必要のないことはどんどん削っていきましょう。

例えば、洗濯。すぐに着るものであれば畳む必要はありませんよね。パジャマや下着などその日に着る分は畳まなくてもOKです。料理は、副菜を何品も作ろうとすると、洗い物やママの負担が増えてしまいます。必要な栄養素がとれればよいと考え、具だくさん野菜スープや豚汁などを何回か食べられるようにまとめて作っておくのもよいでしょう。

改めて掃除の時間を設けるのではなく、何かのついでにできることは「ながら掃除」をして負担を軽くすることができます。モップスリッパをはく、朝顔を洗うついでに洗面台をメラミンスポンジでさっと拭く、顔を拭いたタオルで鏡を拭くなど、効率的に掃除をする方法を考えてみましょう。

まとめ

毎日当たり前のようにこなしている家事や育児、知らず知らずのうちに疲れやストレスが溜まっていませんか?パパの協力が足りないことや、ママの大変さを理解してもらえないことに不満を感じることもあると思います。

現状を把握して、やらなくてもよい家事は削り、家事代行サービスや便利グッズを利用するなどして、ママの家事の負担を軽減できるとよいですね。

パパにもママの大変さを理解してもらえるように、ママがやっていること、今日やらなくてはいけないことなどを可視化するなどして、上手に家事の分担をしていきましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND