就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃん中心の生活でママの心が不安定に!原因と乗り切るコツとは

赤ちゃん中心の生活でママの心が不安定に!原因と乗り切るコツとは

赤ちゃんを可愛いと思えないときがある

「赤ちゃんを可愛いと思えないときがある」というと「ひどいママ」「ママ失格」という批判を受けそうですね。しかし、ママの中には疲れやストレスが溜まって、赤ちゃんを見ても「可愛くない」と思ってしまった経験がある方もたくさんいます。

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は24時間体制です。ママはトイレやお風呂でゆっくりする時間すら確保できず、心身ともに疲れ切っていますよね。そんなときに赤ちゃんがなかなか寝てくれない、あやしても泣き止まないとなると可愛くないと思うのも仕方がないでしょう。

「可愛くないと思う瞬間があるのは仕方がない」と受け入れるのも一つの方法です。しかし、強い罪悪感があるときや、苦しくて仕方がないときは病院や保健師さんに相談してみてくださいね。

突然、涙が出てきて止まらない

産後は「涙もろくなる」というママが多く、以前はなんとも思わなかったドラマや風景を見て号泣してしまうこともあります。これは「感動」というきっかけがある涙ですので、あまり心配しなくてもよいでしょう。

しかし、特に思い当たる理由もないのに涙が突然出てきて止まらないときは要注意です。また、赤ちゃんと二人きりのときはずっと泣いている、理由もなくイライラしたり寂しくなったりして泣いてしまう、不眠や食欲不振をともなうといった場合は「産後うつ」の可能性があります。

産後うつは特別な病気ではなく、産後のママなら誰でもかかるかもしれない病気です。「我慢が足りない」「メンタルが弱い」などと自分を責めず、できるだけ早く病院を受診しましょう。

ママの心が安定するように生活する

子育てや家事はパパの参加が大切

先ほどご紹介した産後うつは誰もがなり得るものですが、赤ちゃんのためにもできれば心身ともに健康で子育てを楽しみたいですよね。無理をして自分の体や心のバランスを崩さないように、ママひとりで頑張るのを止めてみましょう。

ママの負担を減らすには、やはり身近なパパの子育てや家事への参加が重要なポイントです。「仕事で忙しいから」と消極的なパパは多いですが、ママが体調を崩してからでは遅いですよね。

「パパには頼めない」と諦めるのではなく、お願いできそうなことからサポートしてもらいましょう。心が辛いことや手伝って欲しい子育てなどを正直に話せば、ママのためにパパも頑張ってくれるはずです。パパが参加しやすい環境を作って、一緒に乗り越えていきましょう。

家事の手抜き方法を知っておく

赤ちゃんのうちは、お風呂や授乳、寝かしつけ、着替え、おむつ交換などに手がかかるため、なかなか子育てを手抜きするのは難しいかもしれませんね。赤ちゃんに手を取られるのは仕方がないので、家事を上手に手抜きしていきましょう。

今まで頑張り過ぎていたママは、どうやって手抜きすればよいのか分からないことも多いですよね。例えば、掃除を毎日するのを止める、料理はまとめてこなす、料理の品数を減らす、洗濯物は干したまま収納するなど、少しの手抜きでも家事の時間を短縮できますよ。

赤ちゃんを寝かしつけた後に家事をこなしている方は、夜の家事を止めるのも一つの方法です。子育てと両立できる量だけこなすと決めておくと、毎日の睡眠不足も解消されますよね。

家にこもらず散歩でリフレッシュ

「体がだるい」「毎日落ち込むことばかりで辛い」など、辛い思いをしているママはたくさんいるでしょう。体調がすぐれないときや落ち込んでいる日は、「誰にも会いたくない」「家で引きこもりたい」と思ってしまいますよね。

しかし、子育て中は家にこもってばかりいても、ストレスや疲れを解消するのは難しいでしょう。家でばかり過ごしていると赤ちゃんにもストレスが溜まるので、機嫌が悪い、よく泣くなど、余計にママが落ち込む結果になりやすいですよ。

体や心は重いかもしれませんが、外に出て散歩するのがおすすめです。外の空気を吸うだけでもリフレッシュになり、深呼吸すれば心も落ち着いてくるでしょう。散歩はママの心が安定するだけでなく、赤ちゃんの体や心の健康にもよい影響があります。

まとめ

産後は生活のリズムが大きく変化し、出産のダメージや疲労、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどから心が不安定になりやすい時期です。

「産後は誰でもそう」というのは事実ですが、辛さには個人差があります。「誰でもそうだから我慢しなくてはならない」というわけではありませんので、辛いときは相談窓口や産婦人科医などを頼ってください。

また、保育園の一時利用や実家、パパに赤ちゃんを預けてリフレッシュすると心が軽くなります。家族や地域のサポート受けながら、辛い時期を乗り越えられるとよいですね。
35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND