就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃん中心の生活でママの心が不安定に!原因と乗りきるコツとは

赤ちゃん中心の生活でママの心が不安定に!原因と乗りきるコツとは

妊娠からおよそ10カ月、赤ちゃんとの対面を心待ちにしていたはずなのに、生まれてみると「つらい」と感じることも多いですよね。赤ちゃんが生まれると生活のリズムががらりと変わり、心が不安定になるママも少なくありません。今回は赤ちゃんとの生活でママの心が不安定になる原因や、乗り切るコツを紹介します。

子育て中に心が不安定になる原因はなに?

初めての育児はわからないことだらけ

自分で子どもを産むまでに、赤ちゃんのお世話を経験したことがあるママはどれくらいいるでしょうか。おそらく、ほとんどのママが赤ちゃんのお世話を経験したことがない状態でママになっているはずです。

初めての育児はわからないことだらけです。里帰り出産をしたママなどは赤ちゃんのお世話方法を教えてもらうことができますが、サポートを受けられないママはすべて手探りで育児をしなくてはいけません。

また、ママは「赤ちゃんの命を守らなくてはならない」という責任感があり、常にプレッシャーを感じています。

さらに、出産時の傷や疲労が回復しきっていないうちは「満身創痍」というべき状態です。心身ともに大きな負担がかかっていれば、心が不安定になるのも当然です。

産後は女性ホルモンのバランスが崩れがち

妊娠すると、胎盤や胎児を育てたり、産後の授乳に備えたりするため「女性ホルモン」が活発に分泌されます。

妊娠中に分泌されるホルモンにはさまざまな種類がありますが、多くのホルモンが妊娠中に増加し続け、出産直前にはホルモンの総分泌量が妊娠前の400倍にもなるそうです。

しかし、出産が終わって胎盤が排出されると女性ホルモンの分泌量は急激に減少します。個人差はありますがおよそ10カ月かけて増えたホルモンの分泌量が産後1週間で妊娠前と同じくらいになるため、体が変化に対応できずバランスを崩しがちです。

ホルモンのバランスの乱れは自律神経のバランスにも影響します。めまいやほてりなどの身体症状のほか、イライラなどを感じやすくなり、心が不安定になることがあります。

慢性的な睡眠不足で判断力が低下

生まれたばかりの赤ちゃんは睡眠や授乳のリズムが整っておらず、深夜や早朝でもお腹が空くと泣いてミルクを欲しがります。

授乳は片付けや寝かしつけなどにも時間がかかるため、授乳間隔が3時間おきの場合、ママが寝ることができる時間は2時間程度ではないでしょうか。寝つきがよくない赤ちゃんであれば、ほとんど寝ることができませんね。

さらに、赤ちゃんが風邪をひいたときや熱を出しているときは、赤ちゃんが心配でママの眠りも浅くなります。咳や鼻づまりが苦しくて赤ちゃんの寝つきもよくないため、ママの睡眠時間はさらに減ってしまいますね。

慢性的な睡眠不足は体調不良や判断力低下の原因です。作業効率が落ちて睡眠時間やプライベートな時間が減ると精神的に不安定な状態になりますよ。

心が不安定だと感じたら試したい三つのこと

無料の電話相談室で悩みを聞いてもらう

近年、核家族化の影響で子育て中のママが社会的に孤立し、育児の悩みやイライラなどを打ち明けることができないというケースが増えています。

ママ友や独身時代の友人はいても、それぞれ仕事や育児を抱えています。相談を持ち掛けることをためらうママも多いのではないでしょうか。

そんなときは無料で利用できる電話相談を利用してみてはいかがでしょうか。各自治体の「子育て相談窓口」のほか、日本保育協会が運営する「ママさん110番」など、さまざまな機関が窓口を設けています。

また、母子衛生研究会の「赤ちゃん&子育てインフォ」、ベネッセの「ウィメンズパーク」などインターネットでの相談窓口なら、時間を気にせず気軽に相談可能です。

一時保育を利用して息抜きを

赤ちゃんのお世話が「つらい」と感じる原因はさまざまですが、なかでも「息抜きができない」「自分の時間を持つことができない」ことに苦痛を感じるママが多いようです。

ママは赤ちゃんのお世話だけではなく、赤ちゃんが眠っている間に家事などもこなさなくてはなりません。1人きりで赤ちゃんのお世話をしていると、自分の時間どころか睡眠時間すら確保できないこともあります。

「睡眠不足や疲労がたまって体を休めたい」「ストレスがたまっているので息抜きをしたい」というときは、保育園などの「一時保育」を利用してみましょう。

保育園は基本的に「働くママの代わりに子どもの面倒を見る施設」ですが、一時保育であれば就労状態に関係なく利用できますよ。

癒しグッズを使って心をリラックス

電話相談や一時保育を利用するほどではないけれど、心が少し疲れていると感じたときは癒しグッズを使って心をリラックスさせてもよいですね。

「今治タオルフェイスマスク 蒸美人(じょうびじん)」は、ぬるま湯で濡らしたあとレンジで1分間温めるだけでフェイスマスク型の蒸しタオルを作ることができます。リラックスだけではなくスキンケア効果もあって一石二鳥ですね。

また、ヒーリングミュージックを聴いたり、ラベンダーやジャスミンなどのアロマオイルを焚いたりしてもよいでしょう。アロマフットバスなら赤ちゃんを抱っこしながら浸かることができます。

このほか、マッサージクッションやフットマッサージ機もおすすめです。肩や腰のコリをほぐし、育児の疲れを癒してくれますよ。

こんなときは迷わず病院を受診して

疲れているのに眠れない、眠りが浅い

産後のママは眠っているときも赤ちゃんの泣き声や異変にすぐ対応できるよう、眠りが浅くなる傾向があります。

しかし、深夜の授乳やおむつ替えが必要ない時期になっても眠りが浅く、夜中に何度も目が覚める場合は注意が必要です。1日や2日であれば問題ありませんが、数カ月続くようであれば病院を受診したほうがよいでしょう。

また、疲れているのに眠れない日が数日間続いている場合は「不眠症」の疑いがあります。体の疲労が取れないだけではなく、うつ病の原因になることもあり危険です。

授乳中だから薬は使いたくない、育児が忙しくて病院に行く時間がないという事情があるかもしれませんが、ママの健康があってこその育児です。眠れないことを我慢せず、専門家に相談してくださいね。

赤ちゃんをかわいいと思えないときがある

「赤ちゃんをかわいいと思えないときがある」というと「ひどい母親」「ママ失格」という批判を受けそうですね。しかし、多くのママが「かわいくない」「産むんじゃなかった」と考えたことがあるのではないでしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は24時間体制です。ママはトイレやお風呂でゆっくりする時間すら確保できず心も体もボロボロになってしまいます。

そんなときに赤ちゃんがなかなか寝てくれない、あやしても泣きやまないとなると「かわいくない」と思うのも仕方ありませんよね。

「かわいくない」と思う瞬間があるのは仕方がないと受け入れるのも一つの方法です。しかし、強い罪悪感があるときや、苦しくて仕方がないときは病院や保健師さんに相談してみるとよいでしょう。

突然に涙が出てきて止まらない

産後は「涙もろくなる」というママが多く、以前はなんとも思わなかったドラマや風景を見て号泣してしまうということがあります。これは「感動」というきっかけがある涙ですので、あまり心配しなくてもよいでしょう。

しかし、特に思い当たる理由もないのに涙が突然出てきて止まらないときは要注意です。

また、赤ちゃんと2人きりのときはずっと泣いている、わけもなくイライラしたり寂しくなったりして泣いてしまう、不眠や食欲不振をともなうといった場合は「産後うつ」の可能性があります。

産後うつは特別な病気ではなく、産後のママなら誰でもかかるかもしれない病気です。「我慢が足りない」「メンタルが弱すぎる」などと自分を責めず、できるだけ早く病院を受診してくださいね。

まとめ

産後は生活のリズムが大きく変化し、出産のダメージや疲労、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどから心が不安定になりやすい時期です。

「産後は誰でもそう」というのは事実ですが、つらさには個人差があります。「誰でもそうだから我慢しなくてはならない」というわけではありませんので、つらいときは相談窓口や産婦人科医などを頼ってください。

また、保育園の一時利用や実家、パパに子どもを預けてリフレッシュすると心が軽くなります。家族や地域で協力してつらい時期を乗り越えられるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018