就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの毎日が不安なママへ。及ぼす影響や解消方法をご紹介

赤ちゃんとの毎日が不安なママへ。及ぼす影響や解消方法をご紹介

赤ちゃんが産まれ喜んだのもつかぬ間。赤ちゃんとの生活が不安でたまらない日々を送っているママもいるのではないでしょうか。産後のママには精神的にも身体的にも様々な変化が起きています。今回は、ママの不安が及ぼす影響や不安を解消する方法などをご紹介していきます。

産後のママは不安定。不安がつのる理由とは

妊娠出産でホルモンバランスが変化する

妊娠、出産を経験した産後のママの体は、目まぐるしくホルモンバランスが変化しています。ホルモンバランスの変化は精神的にも様々な影響を及ぼします。これはママがコントロールできるものではなく、その中には「マタニティブルーズ」と呼ばれる症状があります。

マタニティブルーズの主な症状は以下になります。

・不安でたまらない
・ささいなことでもイライラする
・訳もなく悲しくなったり、涙がでたりする
・情緒が不安定になる
・食欲がわかない
・ぐっすり眠れない
・子育てに自信が持てない
・孤独を感じる

出産後、約3~4割のママがマタニティブルーズの症状を経験していて、不安を感じる要因となっているようです。

産後は睡眠不足や不安で疲れが溜まりやすい

産後は赤ちゃん中心の生活になります。2時間ごとの授乳など、赤ちゃんの睡眠サイクルに合わせて生活していると、ママはまとまった睡眠をとるのが難しく、睡眠不足になりやすくなります。

また、育児は新しいことばかりで、育児書通りにいかないものです。そのため、ママは不安になりストレスを感じてしまいます。

精神的に不安定になると、寝つきが悪くなる、ぐっすり眠れないなど、悪循環におちいり疲れが溜まりやすくなります。

不安があれば医師などに相談し、なるべくその都度解消していければよいですね。また、ママは家事などもあり忙しいですが、昼間でも疲れを感じたら、赤ちゃんが寝ているときには一緒に横になって体力を回復させることも大切ですよ。

新生児期はママになった重圧を感じやすい

母親は本能的に新生児期の子どもを守ろうとする傾向があるので、特に新米ママは、ママになった重圧を感じやすいといわれています。

新生児期の赤ちゃんは小さくか弱いので、そのような本能が働くことは自然なことなのだそうです。「赤ちゃんが可愛い」「育児が楽しい」という気持ちより、「私が守らなくては」「きちんと育てなくては」という重圧をより多く感じてしまうようです。

新生児期は表情も乏しく、寝ている時間も長いので、息をしているか心配で夜中でも何度も起きて確かめてしまうママも多いと思います。

赤ちゃんが大きくなって、力強くなり、笑うようになってくると、重圧も少しづつ軽くなっていきます。赤ちゃんが可愛くて仕方がないという時期がやってくるので、安心してくださいね。

ママの不安な気持ちは赤ちゃんに伝わる?

赤ちゃんはママの気持ちを敏感に感じ取る

赤ちゃんはお腹にいるときからずっとママの声を聞いているので、産まれてすぐにママの声を聞き分けられるといわれています。言葉は分からなくても、ママの声のトーンでママの気持ちが感じとれるほどだそうです。

また、言葉や声に出さなくても赤ちゃんはママの気持ちを敏感に感じ取ります。ママのイライラや悲しみが赤ちゃんに伝わるのはなんとなく理解できますね。赤ちゃんはママの不安な気持ちや緊張まで感じ取るといわれています。

ママが不安や緊張を感じていると赤ちゃんも寝つきが悪くなったり、機嫌が悪くなったりしますし、ママがゆったりした気持ちでいると赤ちゃんもぐっすり眠れたり、気持ちよさそうに抱っこされたりします。ママと赤ちゃんは気持ち的にも深くつながっているのですね。

ママの心が不安定だと泣き止まないことも

赤ちゃんを泣き止ませようとすればするほど泣いてしまった、という経験をしたママも多いのではないでしょうか。

泣き止まない赤ちゃんにイライラしたり、心配になったり、ママの心が不安定になってしまうと赤ちゃんも落ち着くことができません。

また、ママの心が不安定だと夜泣きの原因になることもあるようです。夜泣きでぐっすり眠れないと、ママも赤ちゃんも寝不足になり、精神的にも身体的にも疲れてしまいますよね。

ママは自分にいい聞かせる意味でも、泣いている赤ちゃんに優しく「大丈夫だよ」と声をかけながら抱っこしてみてください。

声をかけているうちにママの気持ちも落ち着いてきます。ママが落ち着いたとたんに赤ちゃんも泣き止んで、ぐっすり寝てくれたということも多いですよ。

ママの笑顔を見ると安心感が芽生える

ママは赤ちゃんにとって一番身近で信頼している存在ではないでしょうか。いつも一緒にいるママが眉間にしわを寄せているより、笑顔のほうが赤ちゃんも嬉しいですよね。

ママの笑顔を見ると赤ちゃんは安心感を覚え、泣いていてもピタッと泣き止むことがあります。大好きなママの笑顔は「愛されている」「受け入れてもらえる」と赤ちゃんに実感させる効果があるようです。

子育てには思い通りにならないことも多く、イライラしたり不安になったりすることも多いですが、なるべく赤ちゃんの前では笑顔でいたいですね。

新生児期から3歳くらいまでは、ママと赤ちゃんの愛着関係を築く時期です。ママの笑顔は赤ちゃんの安心感を芽生えさせ、よい親子関係を作る効果が期待できますよ。

不安を解消して笑顔で育児するために

今の感情や状況をノートに書きだしてみよう

赤ちゃんと2人のときに不安になっても誰にもいえず、不安が大きくなってしまうことはありませんか。

そのようなときは、今の正直な感情をノートに書きだしてみましょう。書きかたは自分の好きなように自由に書いてください。

頭に浮かんだことを次々と書いていき、少し気持ちが落ち着いたら読み返してみてください。書いたことに対しての自分の意見やアイディアが出てきたら、それも書いてみましょう。

例えば、

・今日は泣いてばかりで寝てくれない。何をやってもだめ。きっと私が悪いんだ。
→洋服を着せすぎかも?自分なりに頑張っているつもりなんだけどな。パパが帰ってきたら聞いてもらおう。

結果まで書いておくと、後で読んだときに参考になり気持ちの整理がつきやすくなりますよ。

自分の心を受け止めて許してあげよう

無事出産が終わり、可愛い赤ちゃんとの幸せな生活のはずが、不安ばかりで育児を楽しめないことに戸惑いを感じてしまっているママも多いと思います。

また、寝てくれない赤ちゃんにイライラして、自分は悪い母親なのではないだろうか、と自分を責めてしまうママもいます。

完璧な人間がいないように、育児も完璧でなくてもよいのです。産後の大きな変化の中での育児に戸惑ってしまうことは、仕方のないことなのです。

自分の気持ちは自分が一番分かりますよね。そのままの気持ちを受け止めてあげ、責めるのではなく許してあげてくださいね。

「産後うつ」という言葉があるほど、産後にネガティブな気持ちになってしまうのは珍しいことではありません。「自分だけ」などと思う必要はないのですよ。

周りに頼って自分の時間を確保するのも大切

赤ちゃんのお世話に追われるママは落ち着く暇もありません。精神的に不安定な状態が続くようなら、自分の時間を作ることも検討しましょう。

赤ちゃんから離れることが不安だったり、誰かに預けることに罪悪感を感じてしまったりするママもいますが、育児をすべてママが背負うことはないのです。

家族に赤ちゃんを預けても、どうしても心配なのであれば、すぐに戻ってこられる距離にあるカフェやスーパーに行くだけでもよいですし、赤ちゃんのお昼寝の時間に一緒に散歩やドライブに行くのも気分転換になりますよ。

また、辛くなったときは、赤ちゃんの父親でパートナーでもあるパパに打ちあけて、助けを求めるようにしましょう。ママも人に頼り、甘えることが必要だということを忘れないでくださいね。

まとめ

産後のママが不安な気持ちになってしまう原因としては、ホルモンバランスや産後の疲れ、生活環境の大きな変化などがあり、自分ではコントロールできないことがほとんどです。

不安がどんどん強くなると産後うつになってしまう可能性があります。産後うつにならないためにも、自分1人で頑張ろうとせず、周りを頼ったり、うまく気分転換をしたりしてくださいね。

もし、赤ちゃんとの生活が不安で辛く感じてしまう場合は、医師などプロの助けをかりることも考えてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR