就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティにもユニクロが大活躍!産前産後もユニクロで乗り切ろう

マタニティにもユニクロが大活躍!産前産後もユニクロで乗り切ろう

マタニティウェアが必要な時期は、着る期間が限定的なものと考えると、わざわざ購入するのももったいないかなと思うママもいますよね。おなかをゆったりと包むマタニティウェアでも、ユニクロのマタニティウェアはシンプルで出産後も普段使いできます。普通の服でもマタニティ期を乗り越えられるかもしれません。

ユニクロのマタニティウエアが安くて優秀!

ボトムス中心にそろうマタニティライン

日々大きくなっていくおなかを優しく包むボトムスは、マタニティウェアを用意したほうがお腹が苦しくなく、お腹の赤ちゃんにとってもよいですよね。ユニクロにはお腹周りの締め付け感がないのに見た目にはすっきりとしている、妊婦さんにも履きやすいボトムスのラインナップが豊富です。

妊娠後期に入ると、足のむくみが気になる妊婦さんも増えますが、ユニクロのマタニティボトムスは生地にストレッチが効いていて、縦にも横にも伸びます。ゆったりとしたシルエットが多いマタニティボトムスのデザインですが、ユニクロのマタニティボトムスはストレッチが効いているためスマートに見えますよ。

仕事にも着て行けるアンクルパンツなどのデザインがあるのもうれしいですね。

人気のジーンズは美脚も叶う優秀アイテム

ユニクロのジーンズにはストレッチが効いたものが多くありますが、マタニティボトムスラインのジーンズは、ユニクロの商品の中でも一番のストレッチ性があります。さらに、ジーンズが伸びた後に戻る力も強いため、膝などがぽっこりと伸びたままということも防げます。

足のラインもきれいに見せてくれるため、マタニティボトムスによくあるダボっとしたシルエットではなく、美脚に見えるジーンズになっています。腰回りもフィットしてもたつく感覚もないそうです。

ほかのマタニティボトムスと同じように、お腹周りは圧迫感がない作りになっています。さらに、内側にあるゴムにはストレッチ性がある縫製糸を使用するといったこだわりが詰まっていますよ。

ゴムなしのレギンスは締め付け感ゼロ

マタニティ期はスカートやワンピースを着るママも増えますよね。そのようなときに合わせて着用したいレギンスも、お腹周りにゴムがあると大きくなってきたお腹に食い込んでしまいます。

その心配がないのがユニクロの「マタニティレギンス」です。マタニティボトムスのラインにはほかにもレギンスパンツが販売されていますが、マタニティレギンスはウエスト回りにゴムがなく、締め付け感がないだけではなくお腹に食い込む心配もありません。

さらにお腹の部分は二重構造なので、お腹が冷える心配がないのもうれしいですよね。部屋着としてリラックスタイムに着用するボトムスとしても使いやすいレギンスとなっています。価格もリーズナブルなので洗い替えに数枚持つ方も多いですよ。

マタニティに代用できるユニクロ商品

授乳期まで長く使えるシャツワンピ

ユニクロのシャツワンピはウエスト部分が絞れる形のものがあります。この紐を最大限緩くすれば、大きくなったお腹も締め付けられることなく着用できますね。

シャツワンピとしてだけではなく、羽織りものとしても使えます。少し肌寒いときにさっと羽織ったり、臨月近くでさらにお腹が大きくなってきて前ボタンが締められないときでも羽織って着用したりと使い勝手がよいですよね。また、ロング丈になっているため、腰回りが冷えるのを避けることもできますね。

シャツワンピの嬉しい点は、前ボタンになっていますので、授乳期にも使いやすい点です。赤ちゃんにおっぱいをあげるときにもすっと授乳もできます。長く使える優秀アイテムといえるのがユニクロのシャツワンピです。

ワンピースで初期から臨月まで過ごせる

ワンピースのラインナップも豊富なのがユニクロの特徴ともいえますよね。Aラインワンピースは襟があるタイプでお腹周りがゆったりとしているため、仕事着にも着用できそうです。

ジャガード編みの生地で作られたミニ丈のワンピースはレギンスやタイツにも合わせやすく、屈んだときに襟ぐりや脇の部分が気になることもありません。ウエストが絞られていないAラインなので、お腹が大きくなっても目立ちにくいアイテムです。

ジョーゼットキャミワンピースはシルエットがとてもきれいで、こちらもお腹の締め付け感がないワンピースとなっています。ドレープも美しくおしゃれが好きなママにはうれしいアイテムです。

ワンピースなら妊娠初期から臨月まで楽に着られますよ。

スウェットパンツはメンズサイズを選ぼう

マタニティのボトムス選びでは、ウエストがゴムになっているものを選ぶのは鉄則ともいえます。スウェットパンツはまさに王道ですよね。ですが、マタニティ用として売られているスウェットの多くはどうしてもリラックスウェアやルームウェアとしてしか使えないデザインのものが多くなります。

ユニクロのスウェットは形もきれいなものが多く、ちょっとした外出にも使えますよね。いつも購入しているサイズよりも、ワンサイズ上を購入すればマタニティ期も着やすくなりますが、レディース用はどうしても腰回りが細めです。メンズのスウェットは腰回りがゆったりと作られているため、マタニティ期はあえてメンズのスウェットを選ぶのもおすすめですよ。

下着もユニクロでそろえられる

シンプルさがうれしいマタニティショーツ

妊娠するとお肌が敏感に傾くママも多くいます。下着のちょっとした縫い目が、お肌に大きな刺激を与えてしまうこともあります。ユニクロのマタニティショーツは肌面になるべく縫い目を作らない構造になっているため、お肌が敏感に傾く妊婦さんが使いやすいアイテムとなっています。

さらに、とてもシンプルなので使いやすいと感じる妊婦さんも多いようです。マタニティショーツの中には可愛らしいデザインで、レースなどがあしらわれているものなども見られますが、レースが逆にかゆみを感じる原因になってしまうことがありますよね。

ですが、ユニクロのマタニティショーツにはレースなどがついていませんから、かゆみなども抑えられます。デザイン性より肌をいたわるショーツがうれしいですね。

ブラトップは授乳期まで使えるから絶対買い

ユニクロのブラトップはやはり肌触りがよく機能も優れているため、使い心地がよいアイテムですよね。

ユニクロといえば夏のエアリズム冬のヒートテックといった、季節に応じた素材によって快適に過ごせるという特徴があります。特に夏の妊婦さんは暑さを感じやすいため、夏に涼しく過ごせるのは助かるのではないでしょうか。

伸縮性が高いブラトップは、妊娠中から徐々に乳腺が発達して大きくなっていく胸を押さえつけることがないのにホールド力は高いというのも特徴的です。お腹周りも優しく包んでくれますし、授乳時はブラトップを脱がなくても下にずらすだけで授乳できますよ。

ブラトップは妊娠中だけではなく授乳期、さらにそのあとも長く使える優秀アイテムといえますね。

ワイヤレスブラもおすすめ

ブラは独立した形のものがいいというママの場合、ユニクロのワイヤレスブラもおすすめです。とくに頭からかぶるタイプのワイヤレスブラなら、ホックを留める必要がなく脱ぎ着がとても楽になります。

縫い目のない一体成形でできているのも、肌触りがよくお肌が敏感に傾く妊婦さんにとってはうれしいポイントになります。授乳期でも下にずらすだけで簡単に授乳できますよ。

マタニティ用のブラジャーや授乳用のブラジャーは価格がどうしても高めですが、ユニクロのワイヤレスブラなら2,000円くらいで購入可能です。また、セットアップで着用できるショーツも販売されていますのでコーディネートできる点もよいですよね。セットで買っても3,000円弱と経済的です。

まとめ

ユニクロには2017年からマタニティラインが登場し、使いやすく購入しやすい価格帯として人気が集まっています。特にボトムスやマタニティショーツはシンプルでも機能性があり、刺激に敏感になる妊婦さんにとって使いやすいアイテムがそろっています。

普段使いのシャツワンピやワンピースなど、妊娠中も使いやすく授乳期にも便利な商品も多くみられます。マタニティ専用、授乳期専用の洋服を用意しなくても、ユニクロでマタニティ期から授乳期に活躍する洋服を揃えることができますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj