就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の娘がパパっ子になった?パパっ子になる理由やメリットを大公開

3歳の娘がパパっ子になった?パパっ子になる理由やメリットを大公開

3歳くらいになると女の子は、ママにおませなことをいって困らせたり、パパにべったりのパパっ子になったりすることがあります。ママは娘がパパになつくのが嬉しい反面、毎日世話をしているのは自分なのに…と寂しくなることも。3歳の娘がパパっ子になる理由やメリット、パパっ子にするための秘訣をご紹介します。

パパっ子になりやすい原因とは?

ママがしっかりと娘に愛情を注いでいる

ママは赤ちゃんが生まれたときからおっぱいを与え、泣いている子をあやし、褒めたり叱ったりしながら子どもの気持ちに寄り添って過ごします。この時期、ママと子どもは一心同体といえますね。

子どもはママの愛情をたっぷり受けて安心すると、だんだんと外の世界に出ても大丈夫だと思えるようになります。女の子は言葉や心の成長が早い傾向があるので、幼いうちから、自分を愛してくれているかどうかを敏感に感じやすいです。

ママが娘にしっかり愛情を注いでいると娘は愛されていることを十分に感じ、外の世界に出られるようになります。子どもにとって初めて出会う「外の世界」はパパです。

娘がパパを信頼してパパっ子になるのは、ママが愛情を持って育てた証拠といえますね。

パパが娘に対して甘いから

ふだん子どもの世話をしているママは、わが子の性格や癖を熟知しています。ですから許してはいけないラインがわかりますよね。

しかしパパは、夜帰ってきて数時間子どもと触れ合うパターンが多いため、子どもの無邪気な面しかわからないかもしれません。すると、子どもに対するママを見て厳しすぎると感じたパパは、子どもを甘やかしてしまいがちになります。

また、男性は女性よりもことなかれ主義の傾向があるそうです。ママが子どもを叱っているとパパは「そんなに怒らなくてもいいじゃないか」と穏便にすまそうとすることもありますよね。

特にパパは娘に甘く、恋人のように大事にして尽くすこともあります。そこまでやさしくしてくれるパパに、娘がなつくのは当然なのかもしれません。

ママのことをライバル視している可能性も

男女とも3歳くらいになると、異性の親を慕い同性の親をライバル視する時期がきます。約100年前の精神医学者であるフロイトは、このことを「エディプスコンプレックス」と名付けました。精神的な発達の観点からも、娘がパパっ子になる時期があるのです。

ママは今までべったりだった娘にきつく当たられるので、ショックを受けるかもしれません。ふだんはママが好きな娘でも、パパが帰ってきたとたんにママを邪魔者扱いして、パパを独占しようとする娘もいます。ママにパパを取られないように抵抗しているのですね。

しかしこの状態は両親からの自立に至る一段階で、ずっとは続きません。程度の差はありますが、娘は思春期になるとパパと距離を置き、友だちと関係を築いていくようになるのです。

ママは寂しい?パパっ子のメリット三つ

パパの子どもへの愛情がさらに増す

パパはふだん、子どもと接する時間が少ないことがほとんどです。子どもは自分の世話をし、守ってくれるママを信頼しますから、ママ以外の人を警戒することがあります。

それは関わることが少ないパパも同じです。パパはわが子、特に娘は目の中に入れても痛くないほどかわいいものですが、肝心の娘から警戒されていると愛情を表現しにくいですよね。

娘を抱きしめたくても、「ギャーッ!」と不審者に襲われたように泣かれては、モチベーションも下がるでしょう。しかし娘がパパっ子で自分のことを慕ってくれれば、パパは嬉しくて思う存分娘に愛情を注げるのです。

近年、幼い頃の父親とのスキンシップが多かった娘ほど、自己肯定感が高い傾向があるという研究結果も出ているそうですよ。

ママは自分の時間を持つことができる

ママは赤ちゃんが低月齢のうちはあまり外出できません。しかし、その時期が過ぎても子どもが泣き叫んでパパと留守番ができなければ、結局ママは外出できない期間が続くことになります。

外出できないだけでなく、ママが娘の近くにいるのに、娘がパパといっときも遊べないこともあるのです。そうなるとママは、パパが家にいても子どもの相手をし続けなければならず、ほとんど楽にならないことがあります。

しかし娘がパパっ子になれば、ママはゆっくり家事をしたり安心して自分の時間を持ったりすることができます。娘が離れていくと、ママは寂しい気持ちになりますが、娘とママの絆が結ばれ、夫婦が円満だからパパっ子になったのです。久しぶりの1人時間を楽しめるとよいですね。

イヤイヤ期の育児もスムーズになる

ママは家事に追われて、イヤイヤ期の子どもの要求を受け入れられないことも多いのではないでしょうか。また、かんしゃくを起こされて苦労もしますよね。しかしパパの多くは子どもと遊ぶときに、家事などの縛りがありません。

ですからパパは、子どものやりたいことにたくさん付き合えるのです。男性は細かいことを気にしないことが多く、ママが注意する子どものお行儀なども、パパは笑って済ませることもありますよね。

子どもは頻繁に注意されるママよりも、やさしくてあまり注意されないパパに叱られた方が聞く耳を持ちやすいです。夫婦が連携し、ママが注意してほしいことをパパに伝え、パパから子どもに注意してもらう形を取ると、子どものイヤイヤにスムーズに対応できることが多いですよ。

3歳の娘をパパっ子にするためには?

パパとママの仲よしな姿をたくさん見せよう

娘をパパっ子にするためには、ママがパパと仲よくすることが第一ではないでしょうか。小さな子にとって、ママの見ている世界がすべてといってもよいかもしれません。たいていの子は、ママが好きなものに親しみ、ママの嫌いなものはよくないものと認識するのです。

あるママの娘は、2歳のときパパが帰宅して顔を見せただけで大泣きしたそうです。困ったママは、パパと楽しく話す時間や一緒に料理する日を作ってみました。すると娘は、すぐにパパの顔を見て泣かなくなり、数カ月後にはパパっ子になってしまったそうですよ。

育児が大変だと、パパのことは後回しにしてしまいがちですよね。けれどもママとパパが楽しく過ごす姿をいつも見ていると、子どもはパパのことが自然と好きになりますよ。

パパと子どものスキンシップを増やそう

パパが娘にとって遊んでくれる人になると、パパの好感度はアップします。「たかいたかい」や「お馬さん」「肩車」など、ママには難しいことをパパがすると、子どもは大喜びすることが多いです。

娘と同じ目線で童心に帰って遊ぶと気持ちが通じます。公園でも、見ているよりも一緒に滑り台で滑ったり鬼ごっこしたりすると喜びますよ。

一緒に遊んでスキンシップすると、親密感が増して関係が深くなります。最初はハグを嫌がる子もいますので、遊びをとおしてスキンシップを増やしていきましょう。

ママは子どもの遊びの好みを知っています。危険なことや怖がってしまうことがないよう、子どもが高いところが苦手、走るのが好きなど、どのように遊べばよいかをパパに伝えておくとよいですよ。

子どもの前でパパをたくさん褒めよう

子どもにとっては、ふだん家にいないことが多いパパの仕事を頑張っている姿や、思いやりがあるなどのパパのよい面がわかりにくいです。ママが子どもにパパのよい面をたくさん伝えてみましょう。

少しぎこちなくても、パパのよい面を伝え続ければ、子どもはパパを尊敬するようになります。褒めるときは「偉い」「かっこいい」「すごい」という言葉が使いやすいですよ。

「パパは朝早くからお仕事に行って偉いね」「パパは困っている人がいるとすぐ助けるんだよ。かっこいいね」「パパはかけっこも得意だし料理も上手なんだよ。すごいね」などと話しましょう。

子どもはパパを尊敬するだけでなく、「かけっこが速くなる方法をパパに聞いてみよう」など、父子が会話するきっかけ作りにもなります。

まとめ

娘がパパっ子になるのは、娘にもママにとってもメリットが多いです。パパの存在は、子どもがママと一心同体の状態から、社会性を身に付けるのを促す役割があります。

ママも、娘がパパっ子になれば、ずっと相手をしなくてすむので楽になります。しかしそれだけでなく、娘やママ自身の状態を少し客観的に見られるので、むやみにイライラしたり過干渉になったりしにくいのです。

ママは寂しい気持ちになるかもしれませんが、家庭が円満だからこそ娘がパパを慕えるのです。少しだけ手が離れた娘の成長を喜びましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj