就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児を連れていつから外食OK?お店選びや外食する時のポイント

乳児を連れていつから外食OK?お店選びや外食する時のポイント

外食するときに便利なグッズはなに? 

『キャリフリー チェアベルト』が便利!

外食に来たもののベビーカーもなく、ベビーチェアもないという経験ありませんか。そんな時に活躍するのがこちらのグッズです。

【キャリフリーチェアベルト】
一言で説明すると、「大人用の椅子などに取り付けられる、おすわり補助ベルト」です。

大人椅子しかない場合、このベルトで赤ちゃんが座れるので非常に便利。使用期間は、腰がすわってお座りが出来るようになってから3歳くらいまで使う事が可能です。

▼特徴
・パパママの腰にも付けられる
・丸洗いできる
・軽くて持ち運びに便利→約105g
・プチプラ...本体価格が¥1,900~

軽くて安いのは本当助かりますよね。お出かけの際には1つバックにいれて活用してみて下さい。

『ヌードルカッター&スプーン』が便利!

離乳食も後期になると少しずつ外食も増えて、赤ちゃんの好む麺類をあげる機会も増えてくるのではないでしょうか。外食先で麺を短く切れず、赤ちゃんにあげるのを困った経験ありませんか。

離乳食後期になったら、お出かけの際には「ヌードルカッター」を持ち歩く事をおすすめします。万が一の時でもヌードルカッターがあれば外食でうどんを選ぶ事が出来、簡単に短く切れるので2歳くらいになるまで重宝すると思います。

そしてもう1つは「スプーン」です。毎日使っているスプーンでないとご飯を食べない赤ちゃんや、お店によっては子供用スプーンが置いていない所もありますので、常に持ち運びを心がけておくと便利だと思います。もしフォークもお持ちであればもっと安心ですね。

ぐずった時は『授乳ケープ』が便利!

赤ちゃんは急にぐずりが始まったりします。さっきまで機嫌よく遊んでいたのに、えっ?と思うほどです。でもそれは仕方のない事なのできちんと向き合いましょう。母乳を飲んでいる赤ちゃんなら、ぐずった時に授乳をすると少し落ち着いたり、そのまま眠ってしまう子もいますよね。

しかし母乳を授乳するにはベビールームの授乳室へ行くか、授乳ケープを利用するかのどちらかになります。ショッピングモールや百貨店などには授乳室がありますが全ての階にあるわけではありません。

急いでいる時に探すのも大変ですよね。そういう時「授乳ケープ」を持っていたらどうでしょう。その場で授乳する事が可能ですし、授乳室を探すという手間も省けます。母乳をあげているママは、授乳ケープ試してみて下さいね。

まとめ

赤ちゃんと一緒に外食するの楽しみですね。しかし慌てて外食をしなくても、持ち帰りやデリバリーという選択肢もあるので状況に合わせて使い分けてください。

外食を早い段階からするには、赤ちゃんの事を優先に「どういうお店なら疲れないか」「こういうお店には気を付けよう」という事も考えてお店選びを楽しんでみましょう。月齢が大きくなれば、離乳食やベビーチェアなど赤ちゃんに優しいお店もたくさんあります。

外食する事で日頃できない会話など楽しんでもらえたら嬉しいです。

ママたちのできるを増やすコミュニティteo’s(テオズ)無料会員を30名募集!

teo’s(テオズ)は「小さなお子さまがいらっしゃる方」「子供が保育園、小学校に通っている時間しか働けない方」「特別な事情で外で働くことができない方」などの悩みを抱えるママたちに、仮想オフィスとしての繋がりの場の用意や、働くスキルを身につける場の提供などを通じて、在宅で働きたい全国のママを応援してまいります。

もし良かったら登録お願いいたします~!
53 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版