就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児を連れていつから外食OK?お店選びや外食する時のポイント

乳児を連れていつから外食OK?お店選びや外食する時のポイント

育児で疲れてしまった時や忙しかった時、外食で済ませたくなりますよね。でも赤ちゃんが一緒の外食はどうしたらよいのでしょう。いつから大丈夫?どんなお店なら平気?何時くらいに行ったらよいの?などの疑問にお答えしていきたいと思います。赤ちゃんと一緒に外食が出来たら楽しい時間が増えますね。

いつから外食に連れて行って大丈夫?

1カ月検診が済んだら外食する家庭

1カ月が近くなると外に出るのが楽しみだったり、ママ友とのランチをいつしようかなぁとワクワクしてしまう気持ち分かります。ではいつから外食に行って大丈夫なのでしょうか。

生後1カ月健診でママ、赤ちゃんともにOKが出たら少しずつ外出を増やし、近所の散歩やスーパーなどから始めましょう。外食は、外出に慣れて首がすわり生活リズムが出来る生後3カ月以降からがおすすめです。人が多い場所で長い時間過ごす事は、赤ちゃんにもママにもストレスが溜まるので、人が少ない時間帯に1時間くらいからを目安に始める事をおすすめします。

しかし人によっては1カ月健診後に外食に行ったというお話も聞きます。寝ている間に短時間で済ませるなど工夫をしながら楽しんでいるようです。

首が据わる3〜5カ月ころの家庭

首も据わり始め、色々な事が少し楽になってくる頃かと思います。そろそろ外食に行っても大丈夫かなぁと思っているご家庭も多いのではないでしょうか。3~5カ月の赤ちゃんとの外食はどのような感じなのかご紹介しますね。

首が据わると縦抱きが出来るようになり、授乳間隔も一定になっていれば赤ちゃんの生活リズムに合わせて外食をする事が可能になります。外食先でぐずる事があると思いますが、その時は臨機応変に外であやす時間を作ったり、誰かと一緒であれば交代で食事を取るなどしましょう。

3~5カ月の赤ちゃんでも、まだ少しの環境の変化で疲れます。ママも普段とは違うなれない場所での食事にドキドキ気を使ってしまう事でしょう。短めの時間で終わらせるようにするとよいですね。

離乳食が進む7カ月以降の家庭

離乳食が始まり、7カ月頃になってくると支えがあればお座りできる子も増えてくる頃だと思います。外食へ行く時間と離乳食が重なる時は、離乳食を持っていきましょう。ママが食べている時に一緒にあげられればよいですね。

離乳食のあげ方も考えなければならない時なので、座敷のお店やベビーチェアが置いてあるお店を事前に調べておいた方が安心ですね。

7カ月頃の赤ちゃんになると、声も大きくぐずりが始まると大変だと思いますので、赤ちゃんの好きなグッズを忘れずに持っていきましょう。それでもお店や周りの方へご迷惑だと感じた時は、外へ出る事や少し抱っこして歩いてみるなどの配慮も忘れずにする事が大事です。今後外食も増えてくると思いますのでストレスにならないように楽しみましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

夜に乳児を外食に連れて行って大丈夫?

早めの18:00ころの時間帯に来店しよう!

お出かけしていて夕飯が作れなかったなど事情は色々ありますよね。そういう時に助かるのが外食だと思いますが、赤ちゃんが一緒の場合は何時頃に行くのがベストなのでしょうか。

夜の外食は17:30~18:00頃までには来店するようにしましょう。18:00に来店してご飯を食べても19:30にはお店を出る事が可能だと思います。大人がお酒を飲む時間帯は避けましょう。お店が混雑していると周りの人もイライラしがちなのと、赤ちゃんもストレスを感じます。「こんな時間に赤ちゃん…」と嫌な目で見られる事もあります。皆が気持ちに余裕のある時間を狙って食事に行く事をおすすめします。

外食に行きたい気持ちも分かりますが、赤ちゃんが大きくなったら記念日や大切な日に外食へ行く機会も増える事でしょう。乳児の時は生活リズムも整わず、環境に慣れていない赤ちゃんが多いと思います。どうしてもの理由がない限り夜の外食はおすすめしません。お弁当を買ってお家でゆっくりと過ごすのも1つの案ですよ。

タバコの臭いが気になる居酒屋は注意!

赤ちゃんに健康上よくないと言われている事が幾つかあります。授乳中であれば飲酒、そしてパパママの喫煙は特に注意が必要で、赤ちゃんのタバコによる受動喫煙に注意を払う必要があります。

タバコの臭いが気になるお店も注意が必要です。それは「分煙」と書かれていてもあってないようなお店も多いからです。喫煙席と禁煙席に簡単な仕切りがあるだけで、風向きによっては席が近いとタバコの煙を直に受ける場合もあります。混み合っていても、喫煙席から出来るだけ遠い場所を選んで座るようにしましょう。

赤ちゃんをタバコの煙の中に連れていくのは健康上良くありませんし、赤ちゃんの頃から受動喫煙させてしまうとその後の成長に悪影響を及ぼすこともあります。お店を選ぶ時は禁煙スペースがあって、きちんと分煙されているお店を選ぶようにしましょう。

居酒屋はきちんと分煙されているお店は少ないと思います。ご飯を食べる所というよりお酒を飲むお店という事を忘れずに、また赤ちゃんも一緒だという事を前提にお店選びをするとよいですね。

外食するときにどんなお店を選べばいい?

お座敷があるお店を選ぶと楽ちん!

外食の時ずっと抱っこだと大変ですよね。ましてや急に寝てしまうなんて事もよくあるお話です。ではママにも赤ちゃんにも快適なお店とはどのような所でしょうか。

座敷のあるお店なら、食事の時に赤ちゃんを寝かせる事が出来るので楽です。さらに個室であれば、授乳もしやすく多少ぐずっても安心ですし、ハイハイ期の赤ちゃんも動き回る事が可能なので、ストレスが溜まらずに済みます。掘りごたつの座敷もあるので、落ちないように注意はして下さいね。

テーブル席では赤ちゃんが食事をこぼすと大変ですが、座敷ならすぐに掃除・片づけをする事が出来るので、お店への迷惑もママの心配も減ります。座敷や個室の数が少ないというお店の場合は、事前に予約しておくと安心です。

意外と回転寿司がオススメ! 

最近回転寿司のお店が増えてきていますよね。一見赤ちゃん連れには難しそうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

回転寿司はカウンタ-席とソファ席があったり、ベビーチェアやテーブルチェアの用意もあるなど、赤ちゃん連れに優しいお店が増えました。食べたい物をさっと注文してすぐ食べられるなど待ち時間も少ないので便利ですよ。離乳食の始まった赤ちゃんには便利な「うどんや茶わん蒸し」を注文する事も出来るので、急に決まった外食で離乳食を持ってきていないご家族にも助かりますね。

もし食べている最中にぐずりが出てご飯が食べられないという時も、ほとんどの回転寿司で持ち帰りが可能なので、その時の赤ちゃんの状況で融通が利くのは嬉しいですね。
46 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC