就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳児のスプーンが下手で悩む!持ち方の変化や道具選びのコツは

3歳児のスプーンが下手で悩む!持ち方の変化や道具選びのコツは

3歳にもなるとほとんどの子どもが食べさせてもらうのではなく、自分自身でご飯を食べるものです。しかし、そうなると中にはスプーンの使い方が上手ではなく、食べこぼしがひどかったり、うまくいかなくて手で食べたりしてしまう子どももいるかもしれません。そこで、3歳児に合うスプーンの持ち方や選び方をご紹介します。

3歳児の身体の発達や食事の様子を知ろう

身体の発達やできることは

母子手帳記載の平成22年のデータ(厚生労働省)によると、3歳の身長と体重の中央値は、男の子では95.1~98.6cm、13.99~14.90kg、女の子は93.8~97.4cm、13.53~14.56kgです。

同データの2歳の男の子は86.7~91.1cm、11.93~12.99kg、女の子が85.3~89.8cm、11.29~12.43kgですから、1年の間に身長が7~8cmほど、体重も2kgほど増えることになります。このように数字だけ見ても大きな伸び率ですね。

また、乳歯も20本生え揃ってきます。運動能力も発達してくるため、かけっこやジャンプができるようになったり、片足立ちができるようになったりと、バランス感覚も養われてくるでしょう。

食事のときの様子や特徴は

我が子の食事中の様子は、どのような感じでしょうか。ウロウロと動き回ったり、ママに食べさせてもらいたがったり、好き嫌いが激しかったり、ほかに興味が出て気が散って遊び始めたり、お皿の上の食べ物をぐちゃぐちゃにしたりする子どももいるでしょう。

また、特段迷惑を掛けるようなことはしないけれど、なかなか食べ終わらないという悩みがあるママもいるかもしれません。

「もうすぐ幼稚園に入園するのにこんな感じで大丈夫かしら?」と心配になるママもいるでしょう。平成22年度の厚労省の研究報告書によると食事中の悩みは低年齢のときに多く、3歳代には一時的に好き嫌いが多くなるなどの傾向が見られるようです。ただし、4歳以降になると落ち着くという結果が出ていますよ。

スプーンの使い方に悩むママは多い

立ち歩きや遊び食べをしなかったり、好き嫌いもそんなに多くなかったりするけれど、スプーンの持ち方がなかなか直らない、使い方が悪くて食べ散らかしてしまうなどの悩みがあるママもいるでしょう。

「このままでは家以外で食べるのは無理だわ」と感じてしまうかもしれません。また、そのまま成長すると、最終的に恥をかくのは子ども本人となります。そのため、変な癖が定着する前になんとかしたいものですね。

スプーンの上手な使い方を覚えるには、練習が必要です。食べこぼしがひどかったり、何度注意しても持ち方が直らなかったりするとイライラを感じるときもありますね。そのようなときは、ママが正しい持ち方で食べるところを見せる、または手を添えて正しい持ち方をサポートしてみましょう。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

スプーンの持ち方を知って練習をしてみよう

十分な手づかみ食べからスプーンの練習を

離乳食が始まると、パパやママがスプーンで食べさせますね。その後に離乳食が進むと食べさせてもらうだけでなく、自分で食べることに興味を持ち始めるでしょう。

しかし、すぐに自分でスプーンを持って食べるところまでいくわけではありません。「食べさせてもらう」と「スプーンを使って自分で食べる」との間に「手づかみ食べ」が入ります。この手づかみ食べは、子どもの好奇心を満たすだけでなく、次にスプーンやフォークを使う段階になったときにも重要な要素となるでしょう。

なぜなら、手と口との距離を体感したり、口へ上手に食べ物を入れたりする練習になるからです。たとえ手や服、テーブルがぐちゃぐちゃになってしまっても、このステップは道具を使って食べるときに大切なものなのです。

持ち方には3パターンの変化がある

1~1歳6カ月ごろになると、離乳食完了期になります。幼児食に近づくこの時期に多くのママは、スプーンやフォークを持たせる練習を始めるようです。しかし、最初から上手な持ち方はできません。そのため、持ち方は段階を経ます。

最初は、手をグーにして上からわしづかみする形です。力の弱い子どもにとっては、この持ち方が一番力を入れやすく、食べやすいものとなります。鉄棒でいうと順手の形です。

次に上からのわしづかみに慣れてくると、下からのグー持ちに移行していきます。この形は、鉄棒の逆手持ちです。手首をひっくり返して持つため、正しい持ち方に近づいていくでしょう。

最後は、鉛筆持ちの形になります。これまでの手のひらで持つ形ではなく、指も上手に使う持ち方になるでしょう。

上手にいかないときは遊びでトレーニング

スプーンの持ち方が下手だとママは気になるものです。そのため、強く指導したり、何度も無理に練習させたりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、多くの場合は自然と持ち方の移行がされていくものです。もしどうしても気になるようなら、遊びを取り入れたトレーニングをしてみましょう。

おままごと遊びでスプーンを使ってみたり、砂場でスコップを使ってみたりするのもよいですね。また人形遊びのときにスプーンで食べさせる役を子どもにさせると、ママの持ち方を真似て上手に使えるようになるかもしれませんよ。ほかにも、お絵描きのときのクレヨンの持ち方を、握り持ちから鉛筆持ちに近くしていく方法もあります。

見守るのか、遊びの中に取り入れるかは、その子の性格などを考慮しましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版