就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬キャンプを子どもと楽しもう!親子でできる遊びと楽しむポイント

冬キャンプを子どもと楽しもう!親子でできる遊びと楽しむポイント

キャンプといえば夏、とは限りません。冬のキャンプには冬なりの楽しみ方があるもの。アウトドアで子どもが遊べる場面が減る冬こそキャンプを楽しみましょう!テレビもスマートフォンもないキャンプ場で、普段はできない特別な時間を過ごしましょう。子どもと一緒に参加しやすいキャンプの楽しみ・遊び方を紹介します。

寒い冬のキャンプ場で体を動かす外遊び

子どもが夢中になる「スラックライン」

キャンプ場で手軽にできて子どもも喜ぶ遊びとして「スラックライン」があります。スラックラインはフリースタイルの綱渡りのような遊びですが、幅5cmほどの布テープを木と木の間に渡して遊ぶものなので、綱渡りのように難易度の高いものではありません。

まずは細くない木の幹を探して、古いバスタオル等で幹を保護したらスラックライン用の布テープを巻いてみましょう。初めてチャレンジするときには膝ぐらいの高さがおすすめです。鉄棒代わりにしたり、トランポリンのように使ったり、いろんな遊び方ができます。

忍者のようにラインの上を這って綱渡りをすれば子どもたちも大盛り上がりすること間違いなしです。ママも体のラインの引き締め効果が期待できるかも…ぜひチャレンジしてみてください。

電線がない広い青空の下で「凧あげ」

電線のある都会の街中ではまず楽しめない特別な遊びが、昔ながらの「凧あげ」です。今の子どもたちは、凧をあげられる環境に住んでいないかぎり、自分で凧をあげたことがない子も少なくないのではないでしょうか。

100均でもカイトは売っていますが、骨が折れやすく形もゆがみやすいので、ネット通販でしっかりしたカイトを買うとよいでしょう。ネットで購入しても1,000円以下であります。

簡単なつくりの凧をあげることは慣れるまで難しいものですが、高く上がったときにはきっと大喜びすると思います!凧あげ経験のあるパパなら高く上げてパパの腕の見せ所にできるかもしれませんね!

子どもが自分であげるなら、少しの風でも上げやすいカイトもありますので、探してみましょう。

変わった鬼ごっこ「おしりペチンゲーム」

子どもは鬼ごっこが大好き。鬼ごっこのよいところは、特別な道具がなくてもいつでもどこでも始めることができることです。

鬼ごっこには色んな種類がありますが、小さな子どもでもルールが難しくなく、参加しやすいのが「おしりペチンゲーム」です。子どもは「おしり」というワードを聞くと大喜びします。大人も子どもも一緒になって鬼ごっこに参加し、追いつかれた大人がおしりをペチン!とたたかれてリアクションすれば、子どもたちも盛り上がること間違いなしです。

キャンプの最後の後片付けの時間など、ちょっとしたすきま時間でもできるのが魅力です。子どもと一緒に全力疾走すると、帰りの運転がある大人は大変ですが、短い時間限定で子どもと本気で盛り上がれたらきっと楽しいと思います。

冬キャンプならでは!長い夜にする遊び

空気が澄んでいる冬に「星空観察」

冬のアウトドアの楽しみの一つに星空観察があります。冬は特に空気が澄んでいる季節でもあり、自然が豊かなキャンプ場では日常の街中の生活では見ることができない星を観察することができます。

冬の星空には、南のオリオン座流星群、北の北斗七星のように、星空観察の初心者でもすぐ見つけられる星座が存在します。星空観察が初めての子どもたちでも見つけて大喜びすることができるのではないかと思います。

冬の夜空観察では防寒アイテムが必須ですが、キャンプ用品の中にはシュラフやリクライニングできるキャンピングチェアもあります。シュラフにくるまって、キャンピングチェアに横になり、温かい飲み物を用意しながら星空観察をするのは冬キャンプならではの楽しみではないでしょうか。

ペンライトとカメラで「空中にお絵かき」

LEDライトなどのペンライトとカメラがあれば、夜の空中にお絵かきをして撮影する遊びが楽しめます。一眼レフカメラなら本格的な撮影ができますが、スマートフォンの専用アプリを使っても楽しめます。

まず、デジタル一眼レフカメラとペンライト、三脚、レリーズシャッター(延長コードがついているシャッター)を用意します。一眼レフカメラのモードをマニュアル設定にして、バルブ(シャッターを押している間シャッターが開き続けるモード)にします。三脚にカメラを固定し、シャッターを押して、シャッターが開いている間にペンライトで絵を描きます。30秒以内で絵を描き終わったらシャッターを押して切ります。絵を描く人は動きながら描くとより鮮明な絵の画像が撮れますよ。

寒くなってきたら「テントでトランプ」

キャンプの夜はお外で星空観察もよいですが、秋冬の山間部はぐっと気温が下がります。寒さを我慢して外で活動し、風邪をひいては困りますので、気温が下がってきたら無理せずにテントの中でできる遊びを楽しみましょう。

テントの中で場所を取らず手軽にできる遊びといえばトランプなどのカードゲームがあります。トランプならお家でもできるのでは?と思いがちですが、キャンプ場のような非日常の場面で遊べば思った以上に盛り上がることができます。トランプはキャンプ荷物の中に入れておいてもかさばりませんし、小さな子どもも大人も一緒に楽しむことができます。

急に雨が降って予定していたアクティビティーを楽しめない、といった場面でも重宝しますので、ぜひ持参しておきましょう。

冬キャンプで快適に過ごすためのポイント

ネックウォーマーやレインカフスで防寒対策

冬のキャンプでは防寒対策が大変重要ですが、最近「レイヤードシステム(野外の気温や湿度、風雨などの環境の変化から身を守るための重ね着のこと)」の機能を備えた衣料品が活用されつつあります。

いくら保温性が高い服を着ても、開口部(首回りや袖口など)から温度は逃げてしまいます。そういったときに、薄手でも保温性の高いネックウォーマーや、雨具とベルクロで留めて隙間をなくすことができるレインカフスを使用すると、高い保温性を保つことができます。また、透湿性が高い生地が使用されている防寒具が多いので、薄手でも湿度を逃がしつつ、保温はしっかりできるという効果を期待することができます。

風邪をひかないよう、防寒対策はしっかりしましょう。

たくさん遊んだら水分の補給を忘れずに

夏場には水分補給を意識するママは多いと思いますが、冬場に意外に見落としがちなのが遊んだ後の水分補給です。

冬は乾燥しているため、ちょっと活動しているだけでも意外に体内の水分は奪われています。子どもたちは自分では水分不足に気づきにくいので、遊んだ後のタイミングでこまめに水分を補給するように気を付けておきましょう。

冬場の水分不足は、免疫力低下にもつながり、インフルエンザなどに対する対抗力も低下させてしまいます。また、冬場の乾燥肌はかゆみをともない、子どもの不機嫌にもつながります。

出かけるときに熱いお茶を飲んだり、子どもの好きなちょっと甘い飲み物を用意したりして、冬場の水分不足を乗り切りましょう。

夜は静かに、朝はゆっくりすごそう

キャンプという非日常の場面では子どもたちも興奮し、遅くまで眠れなかったり、朝も早く目を覚ましたりするもの。しかし、キャンプ場はほかの家族やグループも寝泊まりしている公共の空間です。その中で夜遅くまではしゃいでいたり、朝は早くから遊んでいたりするグループや家族がいたとしたら、もっとゆっくりしたいグループや家族の人は不快に思うかもしれません。

キャンプ場では、ほかの利用者のことも思いやりつつ、お互いに快適に過ごせるマナーを心がけましょう。夜の静かな時間や、朝のゆったりした時間を持てるキャンプは日常の中では得られない、ぜいたくな時間なのです。夜は静かに、とはいってもゲームやスマホで時間をつぶすのではなく静かさを楽しみ、朝はゆったり過ごしてみましょう。

まとめ

冬のキャンプを子どもと一緒に楽しむポイントをまとめてみましたが、実践してみたい遊びはありましたか?

キャンプは日常の中でできないことを楽しむ非日常の空間です。忙しい毎日の中ではなかなか子どもと一緒に遊ぶ時間を取ることも難しいですが、日常から切り離されたキャンプの時間なら家事や仕事のことは考えずに一緒に楽しむことができるはず!

ママやパパが一緒に楽しむことができれば、子どもにとっては何よりの思い出になることと思います。健康管理や周りへのマナーに配慮しながら、冬キャンプ、楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018