就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

迷惑をかけず子どもと外食を楽しもう!ママの心構えや便利グッズ紹介

迷惑をかけず子どもと外食を楽しもう!ママの心構えや便利グッズ紹介

毎日家事に子育てに忙しいママであっても、たまには家族や友人と外食を楽しみたいものですよね。ですが、子どもと一緒だと、騒いだりじっとしていられなかったりと、周りに迷惑をかけないか心配になるもの。この記事では、子連れで外食する際のお店の選び方や、心構え、外食で役立つアイテムをご紹介します。

子連れ外食の際はお店選びが重要

お店選びはできるだけ自分でしよう

子どもと一緒に外食をする際、まず重要なのがお店選びです。お店はできるだけママが選ぶようにするとよいでしょう。毎日子どもと向き合っているママであれば、どんなお店が子どもと一緒に入りやすいか、なんとなく分かるようになっているからです。

家族での外食であれば、ファミリーレストランやファストフード店を選べば、それぞれ好きなものを食べられますし、子どもが多少大きな声を出しても、それほど気になりません。

ママが友人との外食に子どもを連れていく場合も、普段から子どもと接する機会の少ない友人よりも、ママがお店を選ぶほうがよいでしょう。この場合は、テーブル間がゆったりとしていて、子連れOKと示されているカフェなどだと安心ですよ。

子連れに優しい環境が整っているかチェック

一昔前に比べると、子連れOKのお店も増えてきましたね。子連れで外食する場合は、子連れに優しい環境が整っているのか、事前にホームページなどで確認していくとよいですよ。

多くのママが気にしている点は、「禁煙(分煙)になっているか」です。近年では、禁煙のお店が増えてはきたものの、まだ浸透していないお店も多くあります。子どもの健康面を考えると、禁煙や分煙になっているお店を選ぶのがよいでしょう。

「個室や座敷がある」ことを重視しているママも多いです。個室は、子どもが多少大きな声を出しても周りの目を気にする必要がありません。また座敷は、子どもを椅子に座らせる必要がないため転倒の心配がない、赤ちゃんを寝かせておける、といったメリットがあげられます。

キッズメニューやチェアの有無も大切

禁煙や個室といったお店の設備のほかにも、子どもが食べられるメニューがあるのかも、事前に確認しておきたいポイントです。

お子様セットなどといったキッズメニューは、子どもが好む食べ物が多く、価格も大人用と比べてリーズナブルなので、ママも安心ですね。とはいえ、アレルギーがあったり好き嫌いで食べられないこともあるので、大人用メニューから取り分けるなど、臨機応変に対応できるとよいですね。

また、子どもはまだ体が小さいので、子ども用椅子の有無も大切なポイントです。大人用の椅子だと高さが合わず、上手に食べることができないからです。子ども用椅子を用意しているお店は増えてきましたが、事前に確認しておくとよいでしょう。

気になる子どもの歯並びや予防。名古屋市の「おしむら歯科」を取材!

PR

お子さんの歯並び、気になりますよね。現代は食べやすい流動食などの発展で噛む回数が減り、スマートフォン等の普及で姿勢が悪化しやすくなる環境に囲まれています。歯列悪化の予防や矯正方法について知りたいママも多いのでは?今回は名古屋市中川区の「おしむら歯科・こども矯正歯科クリニック」でお話を伺ってきました!

店内で周りに気を遣わせないための心構え

子連れ外食のマナーはおさえておこう

子育て中のママにとっては当たり前のことであっても、周りの人は不快に感じてしまうこともあります。子連れで外食のときは、当たり前と思わずにマナーを守ることが大切です。

子どもがまだ離乳食の時期は、離乳食の取り扱いに注意しましょう。離乳食のメニューが置かれていないと子どもが食べられるものがないため、持ち込むケースが多く見られます。しかし、食中毒の観点などから持ち込みを禁止しているお店もあります。持ち込む際は、事前にお店に確認し、食べこぼしやゴミはきちんと持ち帰るようにしましょう。

また、公共スペースでの授乳やオムツ替えも注意が必要です。授乳ケープをしての授乳であっても抵抗を感じる方はいます。授乳やオムツ替えは定められた場所で行うのがよいでしょう。

会話に夢中になって子どもの放置に要注意

ママが家族や友人との会話に夢中になっていると、最初はきちんと座っていた子どもでもどうしても退屈してしまいます。たまにする大人同士の会話は楽しく、つい時間を忘れてしまいがちですが、子どもから目は離さないようにしましょう。

退屈してきた子どもは、ぐずついたり店内を歩き回ったりしてしまいます。ほかのお客さんに迷惑をかけるだけではなく、ぶつかると転倒の恐れもあるのです。

せっかくの外食ですが、自宅の中とは違います。子どもと一緒に来ているということを忘れずに、放置せずに様子をしっかりと観察しましょう。ぐずってきたときのために、座ったままで遊べるおもちゃを用意したり、あらかじめ帰る時間を決めておくとよいですね。

お店に迷惑をかけないためにしたいこと

せっかくの外食なので、ママはもちろん、子どももお店の人も、みんながよい気持ちで過ごしたいですよね。そのためには、周りに配慮する心も忘れないようにしましょう。

子どもと食事をすると、少なからず食べこぼしが出てしまうものです。ときには飲み物をこぼすこともあるでしょう。お店の中であれば店員さんが片づけをしてくれますが、そのままにせず、ママもできる限り片づける姿勢を見せられるとよいですね。

また、子どもを叱らなければならない場面も出てくるかもしれません。子どもを叱るのは悪いことではありません。しかし、周りには食事を楽しんでいるほかのお客さんがいます。なかには叱る声を不快に感じる人もいるので、声のトーンを少し落とすとよいかもしれないですね。

外食先で迷惑をかけないためのアイテム

赤ちゃんにはチェアベルトなどがあると便利

たまたま子ども用椅子がないお店に入ったとき、赤ちゃんをずっと抱っこしながら食事をするのは意外と大変なものです。そんなときは、チェアベルトがあると便利ですよ。

チェアベルトとは、赤ちゃんを大人用の椅子に固定できるベルトのことです。これを使えば、お座りがまだ安定していない赤ちゃんを1人で座らせることができます。

赤ちゃんと椅子をベルトで固定するので、動き回る心配もないし、パパやママは両手があくので、ゆっくりと食事が楽しめます。ぐずついてきたときは、大人の腰に装着して固定するといった使い方もできますよ。

軽くてコンパクトなので、持ち運びにもとても便利です。まだお座りが上手にできない赤ちゃんと一緒に外食にいく際には、ぜひ使ってみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事