就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの靴下は秋になったら履かせるべき?裸足がいいって本当?

赤ちゃんの靴下は秋になったら履かせるべき?裸足がいいって本当?

「赤ちゃんに靴下は履かせないほうがよい」という話を見たり聞いたりしたことはありませんか?秋が近づき肌寒い日も増えていきますが、本当に赤ちゃんに靴下は必要ないのか、この話は根拠のない言い伝えで赤ちゃんに靴下を履かせた方がよいのか、実際はどうなのか調べてみました。

赤ちゃんにとっての靴下の役割とは

まず赤ちゃんの体温調節の方法を知る

赤ちゃんは体温調節をおこなう体温調節中枢という自律神経の機能が未発達で、ちょっとしたことで体温が上がったり下がったりします。赤ちゃんは皮下脂肪が少なく、皮膚も薄いのです。そのため体の熱が体の表面に伝わりやすく、気温が高いと体温も上がりやすく、外が寒ければ体温が下がりやすいのです。

体が小さいわりに一日に必要とするエネルギー量が多いのも、体温が安定しない原因の一つです。また汗の量で体温調節をおこないますが、汗の量を調整できないのも原因としてあげられます。

そこで手足を使って体温調節をしているのです。体温が上がり体に熱がこもったときは、手足を温かくすることで熱を放出し、体温が下がったときは、手足の毛細血管を収縮させ熱の放出を防いでいます。また寒いときは褐色脂肪を分解することによって熱を作り出すのですが、背骨や肩、腎臓周辺など一部に集中しているため、体全体を温めることは難しくなっています。

ずりばいやハイハイなど、体を活発に動かすようになる8カ月ころになると、少しずつ体温調節ができるようになってきます。

靴下によって寒さを防ぎ、汗を吸い取る

靴下は新生児にぴったりなサイズから売られています。歩き出す前の赤ちゃんに靴下を履かせるのには、ちゃんと意味がありますよ。

まず、靴下は寒さを防ぐ防寒着としての役割があります。大人も夏場は素足で過ごす人が増えますが、冬場は靴下を履く人が多いですよね。寒いときは足を温めることで快適にすごすことができます。

次に、とくに暑くも寒くもないときでも、赤ちゃんの手足が湿っていて、汗をかいていたということがあります。大人と比べて新陳代謝がよく、汗をかきやすいからです。靴下を履くことで、足の汗を吸い取ってくれる効果もあります。

体温調節のために履かせる靴下ですが、必要以上に汗をかいてしまい、汗が体温を奪ってしまった結果、さらに足が冷えてしまうこともあるので注意が必要です。

肌触りが滑らかで吸湿性・放湿性・通気性に優れたシルクの靴下や、保温性・吸湿性・放湿性に優れたウールの靴下が、赤ちゃんには適しているといわれていますよ。オーガニックコットンで作られた靴下も肌に優しいと人気があります。靴下を履かせる季節にあった素材を選んであげてくださいね。

赤ちゃんに靴下を履かせないのはどんなとき

季節に関係なく室内では靴下はいらない

気温や湿度がある程度一定に保たれた室内で過ごすときは、赤ちゃんに靴下を履かせる必要はありません。『まず赤ちゃんの体温調節の方法を知る』でも紹介したとおり、赤ちゃんは足の裏で体温調節をしています。足が冷たくなるときもありますが、それは体温調節をおこなっているからです。足が冷たくても体が温かければ、靴下は履かせなくて大丈夫ですよ。

またとくに1歳未満の赤ちゃんはほぼ家の中で一日を過ごします。ハイハイをしたり、つかまり立ちをしたり、ヨチヨチ歩きを始めたりしたときに靴下を履いていると、体のバランスを崩して足元が滑ってしまい、よろけてしまう可能性もあります。けがを防ぐ意味でも、靴下は履かせなくてもよいでしょう。

寝るときは靴下は履かせる?

寝ているときも靴下は必要ありません。足から放出された熱が靴下で覆われてしまい、体温が上昇し、うつ熱の状態になります。体温を上げないために汗を出して眠り続ける状態が続くと呼吸が抑制され、乳幼児突然死症候群の原因になる危険性も考えられます。

布団や毛布をかけてあげるだけで十分寒さ対策になります。手足が冷たくても、背中やひざ、ひじなどが温かければ心配ありません。

なかには布団や毛布を蹴ってしまう赤ちゃんもいます。どうしても足の冷えが気になるときは、腹巻でお腹を温めたり、スリーパーを使うとよいでしょう。レッグウォーマーも足の裏を覆わないので、足元は暖かく体温調節の妨げにもならないのでよく使われていますよ。

裸足でいることはいいことずくめ!

靴下を履かないことによるデメリットはほとんどなく、メリットはたくさんあるといわれています。裸足だと土踏まずの形成を促したり、免疫力がアップしたりします。バランス感覚を養ったり、全身の筋力を鍛えたりするためにも、足の裏から伝わる感覚はとても大事です。裸足だと地面をしっかり踏みしめることができるので、立つ感覚も養われ、たっちもしやすくなります。

足つぼマッサージがあるほど、足の裏にはたくさんのつぼがあります。たくさん足の裏を刺激することで脳が活性化され、赤ちゃんの成長促進にも繋がりますよ。

靴下を履いた状態で上手にハイハイができなかった赤ちゃんが、靴下を脱がせたら上手にハイハイができるようになったという例もあります。

赤ちゃんに靴下を履かせるべきときは?

寒い日の外出のときは履かせよう

冬の気温が低い日だけでなく、春・秋の肌寒い日にお出かけをするときは、靴下を履かせましょう。ただし厚手のものや靴下の重ね履きはさせないようにしてください。赤ちゃんの足がもつ本来の働きがいちじるしく低下してしまう可能性がありますよ。

赤ちゃんの手足は冷えていることも多く、大人と同じ感覚で「足が冷たいから寒いのだ」と靴下を履かせると、熱を放出できずこもってしまうことがあります。しかし本当に寒いとき、冷えたままでは体力を奪われ、体調を崩してしまうかもしれません。手足の温度だけでなく、背中や首の後ろを触って確認したうえで、靴下を履かせるかどうか決めるようにしましょう。

靴下を履かせるときは、土踏まずが形成されておらず、脱げやすいので注意が必要です。

本格的に靴を履くようになったとき

赤ちゃんがしっかり歩くようになると、靴を履いてお出かけする機会も増えてきます。靴を履くときには靴下も履かせるようにしましょう。

靴下があると違和感なく靴を履くことができますし、靴擦れから足を守ることもできます。足の裏の汗も靴下に吸い取られ、靴の中にいやな匂いが残ったり、汚れたりすることも少なくなりますよ。

なるべく吸水性や通気性に優れた素材でできた靴下を選びましょう。「靴を履くときは靴下も履かないといけない」ということを教えることも大切です。靴下を嫌がる赤ちゃんもいますが、見た目は靴下だけど靴底がラバーで作られているベビーフィートだと、嫌がらず履く赤ちゃんも多いそうです。靴下の練習によいかもしれませんね。

靴下を履かせるときの注意点

室内で靴下を履かせるときは、足首を締め付け過ぎないゴムがきつくないものがよいでしょう。たっちやよちよち歩きを始めたあとは、足裏に滑り止めつきタイプの靴下だと、床を滑る危険性が低くなります。滑り止めがついていても、足にフィットしたサイズでないと、必要以上に滑り止めがブレーキとなり危ないかもしれません。

靴を履くときに履く靴下は、赤ちゃんの足にぴったりのサイズを選びましょう。靴下が大きいと靴の中で靴下が寄れてしまいます。歩いているときに靴下の違和感が気になってしまい、しっかり歩くことができないかもしれません。

また赤ちゃんの靴下はとても脱げやすいので、レッグウォーマーを併用したり、ハイソックスタイプにしたりすると脱げづらくなりますよ。

まとめ

赤ちゃんは体温調節機能が未発達なので、基本的には靴下は必要ありません。裸足の状態でいることにはたくさんのメリットもあることが分かりましたね。しかし、寒さや靴擦れを防ぐなど、靴下を履いたほうがよい場合もいくつかあります。

おじいちゃんおばあちゃん世代の人から「靴下を履かせなさい」といわれることがあるかもしれません。室内で過ごすのかお出かけをするのかや、暑い日か寒い日かなど、状況に応じて靴下を履かせるかどうか判断してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018