就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目にはベビーベッドが必需品?購入の判断とベットの選び方

2人目にはベビーベッドが必需品?購入の判断とベットの選び方

ベビーベッドは1人目の育児では使わなくても、2人目のときは危険から赤ちゃんを守るためや、育児の負担軽減のために利用するママも多いものです。2人目めの出産でベビーベッドが大活躍する理由、レンタルと購入の違い、おすすめのベビーベッドや選ぶ際のポイントなどを紹介します。

1人目で使わなかったベビーベッドが大活躍

上の子から守るための要塞的な役割

ベビーベッドは、1人目の出産準備に購入しても使わなかったという方も多いと思います。ママが布団で寝ているなら一緒に添い寝や、夫婦で広いベッドで寝ているときは川の字に赤ちゃんと寝たほうが、夜の授乳や寝かしつけも楽ですよね。

しかし、2人目になると上の子がいるため、赤ちゃんとの添い寝は難しいものです。上の子と下の子の年齢が離れていない場合は、上の子が下の子の上に乗ったり、お世話をしたがって手足を引っ張ったり、抱き上げたりすることもあるからです。

ベビーベッドがあれば、高い位置に寝かせることができるので上の子が乗ってくる心配がありません。上の子のお世話したいという優しい気持ちを大切にしながら、下の子を上の子から守ることができてよいですね。

ベッドで寝ている家庭なら必須

ママがベッドで寝ている場合、1人目ならベッドガードをつけたりベッドの片側を壁につけたりして、赤ちゃんが落ちないように添い寝しているママも多いでしょう。2人目が生まれると赤ちゃんは上の子と離れた場所に寝かせたほうが安全ですね。

床に赤ちゃん用の布団を敷くと授乳のたびに、ベッドから起きてかがまなければいけないので産後の体には負担が大きく、腰が痛くなりそうですね。そのため、2人目の赤ちゃんはベビーベッドに寝かせるのがおすすめです。

部屋にスペースがあれば、ベビーベッドをママのベッドの脇につけておけば、夜のお世話も腰をかがめずスムーズです。ママのベッドと高さが同じなら授乳やおむつ替えも簡単で、赤ちゃんの様子も確認できるので安心ですね。

上の子と遊ぶ場所に置いておくと安心

上の子は下の子が生まれると外出が減って、どうしても室内遊びが増えてしまいます。寝返りやおすわり期はなんでも口に入れるため、上の子が遊んでいる小さいブロックなどのおもちゃを下の子が拾って口に入れてしまうこともありますよね。

小さなもので遊ばないよう制限すると上の子のストレスがたまりそうだし、上の子と下の子を別々の部屋で遊ばせると、ママ1人では目が行き届かず心配になってしまいますね。

そんなときは、上の子が遊んでいる部屋に下の子のベビーベッドを置くのがおすすめです。上の子が小さいおもちゃで遊んでいたり、下の子が眠そうにしていたらベビーベッドに寝かせてあげましょう。食事の準備などで、ママがちょっと目を離すときも安心です。

ベビーベッドは買う?レンタルする?

買う場合のメリットとデメリット

2人目の出産にベビーベッドを準備しようと思っても、部屋が狭い場合や予算が少ないときは購入したほうがよいのか、レンタルで済ませたほうが経済的か迷ってしまいますね。ベビーベッドは新品を購入すると、一般的には10,000円~20,000円かかってしまいます。こだわりのあるデザインや素材なら30,000円以上かかるものもあります。

購入するときは最初に費用がかかるデメリットがありますが、万が一子どもが落書きをしたり、シールを貼ってしまっても気を使わないというメリットがあります。

購入したいけれど費用も抑えたいという場合は、中古のベビーベッドを購入する方法もあります。中古の場合は保証がついているかどうか、ベッドの安全性を確認して購入するようにしましょう。

レンタルする場合のメリットとデメリット

ベビーベッドのレンタルは、もし使い勝手がよくなかったり、場所を取るだけで使わなかったりしたときには返却できるのがメリットですね。費用は1カ月で1,000円~2,000円程度のため短期間のレンタルなら経済的です。延長すると費用が余分にかかるので、半年や1年間など前もって予定を立てるようにしましょう。

レンタルは、新しいものばかりではなく使用感が感じられるものもあります。また、新品より種類が少なく、一般的なデザインが多いので部屋のインテリアになじまない場合もあるかもしれません。

人気の商品はレンタル中で借りるまで時間がかることや、すぐにレンタルできる商品でも郵送の手配や支払いに数日かかる場合があるので、余裕をもって調べておきましょう。

どちらも一長一短。ママのよい方を選んで

底床の高いベビーベッドは、つかまり立ちを始めるころになると、柵からの転落の危険があるため危険です。そのため、一般的なベビーベッドの試用期間は産後~生後8カ月ごろと考えるほうがよいでしょう。

購入は、2人目以降も使えるのでたくさん子どもがほしいと思っている場合は経済的ですが、使わないときは収納場所を取ってしまいます。

レンタルは、赤ちゃんの様子を見ながら返却できるメリットもあります。部屋が狭くても子育てを楽にするために、また危険から守るために短期間だけベビーベッドを使いたい場合は、レンタルするのもよいですね。

予算や部屋のスペースを考えながら、購入かレンタルか決めるようにしましょう。

2人目にぴったりなベビーベッド

ベビーベッドを選ぶ際のポイント

ベビーベッドを選ぶときに大切なのは、安全の基準が守られているかどうかということですね。新生児のときは手足をバタバタさせるくらいで動きが小さくても、成長してくると真ん中に寝ていたはずの赤ちゃんが、気づくとベビーベッドの柵にぶつかっていることもあるでしょう。

上の子が活発なら、ベビーベッドによじ登ったり柵を揺らして赤ちゃんと遊ぼうとするなど危険なこともあるかもしれません。消費者生活用品の安全マークのあるPSCマークがついていれば「製品安全4法」にあった製品ということになり安心です。

輸入品はデザインもかわいくリビングに置きたいママも多いでしょう。ヨーロッパの安全基準は日本より厳しいので、輸入品ならEN71・CEなどのマークを目安にすると安心ですね。

長く使える多機能タイプ

リニューアルしたベビーベッドチャオ123は、スノコ床板なので湿気の多い時期や汗をかきやすい季節でも通気性がよく安心です。成長に応じて床板の高さを変えられるので、ハイハイ期やつかまり立ち期など目を離すと危ないときにサークルとして使えるので便利です。

石崎家具 の「ミニベッド&デスク」は、ベビーベッドの床板の高さを変えられるだけでなく、机や収納棚としても使えるすぐれものです。「NHKまちかど情報室」で紹介され人気を集めています。

ブーリのベビーベッドは、新生児期~大人まで長く使うことができる人気商品です。木目の美しいオーストラリア産のアロウカリア材を使用しています。ベビーベッドのあとはキッズベッドやソファとして使うことができます。

折り畳みや移動ができる簡易タイプ3選

カトージのプレイヤード ポータブルは、折り畳むと幅27×奥行27×高さ84cmとコンパクトになるので、子どもを連れての帰省や家族旅行に出かけるときは大活躍でしょう。ベビーベッドだけでなくプレイヤードとして使えるので便利です。

スリープ プレミアムは、プレイヤードだけでなく簡易的なベビーベッドとしても使える商品です。ブラウン×ベージュ、グリーン×グレーなどシックな色合いなのでリビングのインテリアにも溶け込みやすいのが特徴です。収納ポケットが多く、キャスターでの移動もできるすぐれものです。

ミニベビーベッドハイタイプ123は、一般的なベビーベッドより小さいサイズです。添い寝のためや、キッチン横に置く簡易的なベッドとして役立ちます。

まとめ

1人目では使わなかったベビーベッドでも、2人目の育児には準備しておくことをおすすめします。赤ちゃんが生まれると、上の子がママのまねをして抱っこしたがることもあるからです。また、手足を引っ張ってしまう恐れもあるのです。

寝返りやハイハイを始めると上の子の小さいおもちゃを口に入れてしまうこともあり危険です。ベビーベッドがあれば、様子を見ながら赤ちゃんを守ることができます。

ベビーベッドは種類も多く、購入だけでなくレンタルもあるので生活スタイルや予算にあった商品を探してみるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018