就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

どこで遊んで何して遊ぶ?4歳の男の子は遊びもパワーアップ

どこで遊んで何して遊ぶ?4歳の男の子は遊びもパワーアップ

4歳と言えば、幼稚園、保育園の年少から年中さんの年齢ですよね。多くの子ども達は集団生活を経験し、できることが増えてきて大きく成長する年齢です。できることが増えてくるとできる遊びもどんどん変わってきます。今回は女の子よりも活発になりやすい4歳頃の男の子の成長の特徴と合わせて、おすすめの屋内遊びと屋外遊びをまとめてみました。

4歳児は心も体も大きく成長する年齢

4歳児の男の子の発育・発達の特徴

【運動能力の発達】
走ったり、跳んだり、片脚立ちでケンケンしたりスキップしたりとメリハリのある動きがだんだんとできるようになってきます。

【手先が器用に発達】
ボタンの掛け外しなど細かい手の動きができるようになり、ブロックはなんとなく積み上げていた遊び方から、何か作ろうという目的を持った遊び方に変わってきます。

【言葉の発達】
話すことのできる言葉の数も多くなり、日常生活の会話はどんどん上達します。現在・過去・未来を表す言葉を使うようになります。

【頭の成長、脳の発達】
道順や物をしまっている場所など過去のできごとを記憶できるようになり、1から10まで数字や歌の歌詞、絵本などの文章も覚え始めます。

子どもは遊びながら学び、成長する

子どもは遊びによって成長すると言っても過言でないほど、子どもにとっての遊びは成長過程において重要でかかせない重要な時間です。

家庭環境にもよりますが、4歳になると多くの子どもは幼稚園、保育園、習いごとなどの集団生活を経験します。集団生活の中では遊びの中に少しずつ言葉のやりとりが必要となります。「一緒に遊んでほしい」「玩具を貸してほしい」など、自分の言葉で相手に気持ちを伝え、他者の言葉を聞き入れることを繰り返すことで自然と言葉を学びます。

また、遊びには基本的にすべてにルールがあります。ルールを守り友達と遊ぶことで協調性や思いやりの気持ちを身につけ、日常生活でも自然とルールを守ることにも繋がります。

友達との関わりの中から競争心が芽生える

集団生活の中では、新しいお友達も増えて、ブロック遊びでいつも一緒の友達、習いごとの友達など、子どもは多くの関わりの中から一緒に遊ぶ楽しさや嬉しさを経験します。1人遊びよりも、複数で遊びたがる傾向がだんだんと強くなり、自発性・意欲・協調性などの自立心が少しずつ発達していきます。

また、運動会の「かけっこ」など、勝ち負けのある行事や遊びを経験することで、「勝ちたい」「負けたくない」といった競争心が徐々に子どもに芽生えてきます。自然と男の子ならではの特徴として「戦いごっこ」「ヒーローごっこ」などの勝ち負けのある遊びが増えてきます。その分、お友達とケンカすることも増えてくるのもこの時期ならではのことです。

4歳児の男の子の遊びの特徴と注意点

4歳児の男の子の遊びの特徴とは?

個人差がありますので、あくまでも目安ですが4歳児になると、少しずつ男の子と女の子の遊びに、好みの違いが出てきます。男の子は女の子に比べるとより積極的に外で遊びたがる傾向があります。

高いところに上ったり、飛び降りたり、追いかけっこしたりと、運動量の多い遊びが多くなります。活発に運動を行いますので、運動能力の発達が男の子は女の子よりも早くなりやすいのが特徴です。走る際にもスピードを調整できるようになるなど、安定感が増してきます。

また、男の子の方が集団で遊ぶのが好きな傾向があります。仲のよい友達も増えてきて、ルールのある遊びができるようになってくると、鬼ごっこやかくれんぼなど定番の遊びも楽しめるようになってきます。

4歳児の男の子はどんな遊びが好きになる?

【空想遊び】
想像力・空想力が豊かになるので「ごっこ遊び」が好きになる傾向があります。女の子は「ままごと」「アニメヒロインごっこ」、 男の子は「戦隊ヒーローごっこ」「アニメキャラごっこ」など様々な空想遊びを楽しみます。

【ものを作る遊び】
前述の通り、4歳児は手先を使って遊べるようになる年齢なので、「工作」に興味を示す子どもも出てきます。折り紙を使った遊びやはさみ、のり、色鉛筆などを上手に使って想像力をふくらませて身近にあるもので工作遊びを楽しみます。

【ボール遊び】
手先だけでなく、投げたり、弾んでいるボールをつかんだりすることもできるようになります。うまくコントロールすることはまだ難しいかと思いますが十分楽しめます。

のびのびした遊びにも親の注意が必要

運動量の多い活発な遊びが多くなってくると転落したり、ぶつかったりとケガをする危険も増えてきます。鬼ごっこをしていて友達から逃げ回ったり、ボールを追ったりしながら、道路などに誤って飛び出す危険も十分考えられます。ひとつのことに夢中になると、周囲が全く見えなくなるのも幼児期の子どもならではの特徴です。

「高い所に登ると危ないよ」「飛び出すと危ないよ」など、注意をすれば大体は理解してくれますが4歳児は好奇心も旺盛です。「危ない」という経験がなければ、ついつい行動してしまうこともあるでしょう。大人は危険な所、危険が考えられる場所では子どもに付き添い、飛び出したりしないようきちんと見守りましょう。

4歳児の男の子が楽しめる遊びとおもちゃ

4歳児の男の子に人気のおもちゃ

【LEGO (レゴ)ブロック】 
人気定番のブロックの玩具。たくさん手先を動かしたい4歳頃に、おすすめのおもちゃです。
色や形状のバラエティ豊かに家や動物や乗り物など身近な様々なものが作れます。組み立てることで、立体を構造的に捉える力が身につきます。

【トミカシリーズ】
男の子定番の車の玩具。もっと遊びやすくなる別売りの【トミカシステム】【トミカ工場シリーズ】などがオススメ。自分の思いのままの街を作るなどして、楽しめるようになってきます。

【キックボード(子ども用3~4輪)】
3~4輪はまっすぐ進むので転びにくく、バランスが取りやすいことが特徴です。手を離しても自立するので4歳頃の子どもでも十分楽しめます。
26 件

ライター紹介

山﨑 康寛

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC