就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

英会話育児を始めよう!成功する方法やよく使う英語フレーズを紹介

英会話育児を始めよう!成功する方法やよく使う英語フレーズを紹介

英語の授業といえば中学校から、というのが一般的だったのは昔のはなし。「つかえる英語」をめざして英語教育改革がすすみ、小学校から教科としての取り組みも始まっています。本格的に学校で学び始める前に、小さいうちからおうちでできることを始めてみませんか?

英会話育児のメリットを知っておこう

英語脳になりやすく英語教育がスムーズに!

ママやパパとのふれあいに、英語を取りいれていく英会話育児。小さなうちから英語にふれるメリットはなんでしょうか。

一つは小さいうちほど、英語に対する拒否反応がうすいことです。母語、外国語の区別なく、周囲が話している言葉すべてに興味をもつこの時期は、いわば言語習得の第一次ゴールデンタイム。

母語が確立した後であれば、日本語を介して英語やその他の言語を理解しようとしますが、まだこの時期は母語とそのほかの言語、という認識が子どもにありません。言葉は言葉として、何語であってもそのままに受けいれられるのです。

つまり英語を日本語に翻訳して理解するのではなく、英語を英語として理解・吸収できる。一般に「英語脳」といわれる状態をつくる第一歩となるのです。

幼児期に正しい発音を身につけられる

もう一つのメリットは幼児期に習得した発音は、その後も長く残るということ。幼い子どもは新しい言葉を聞くと、聞いたとおりに再現しようとします。

大人のように照れたりせずに、唇、歯のうごきから息の吐き方まで真似て、耳で聞こえたとおりの音を自分で出そうとするのです。このようにして幼少期に習得した発音は、大人になってからも残るもの。

友人ママのなかに10歳までアメリカで過ごした人がおり、彼女の話す英語はネイティブスピーカーそのものです。もともと耳がよい人なのかと思ったのですが、本人によれば15歳から学習を始めたフランス語はいまだに発音で苦労するというのです。

幼少期にふれていたかどうかで、これほど違うものかと自分でも驚くほどだというのです。

英語でしかるときつく感じない?

日々子育てをしていれば、子どもをしからなければならないシーンもありますよね。今日も日がな「ダメ!」を連発してしまった…と落ち込む日だってあります。

英会話育児であればそもそも「ダメ」という言葉自体を使う必要がないのでこの点はママが気楽かもしれません。またママにとっても英語が外国語である以上は、頭の中で日本語から英語への切り替えを行う必要があり、このわずかなタイムラグがあることでママも子どもも冷静になれたりもします。

母語である日本語だとしかるほうも、しかられるほうも感情的になりがち。その点、外国語である英語であればお互いが少し冷静になれる。

これは英語育児の意外なメリットといえるのではないでしょうか。

英会話育児がうまくいくための方法

1〜3歳までに始めると取り組みやすい

スタートする時期は、言葉を話し始める1歳ごろから、言葉を使いこなしていく3歳ごろまでがスムーズでしょう。ちょうどまわりの人が話す言葉に興味津々で、テレビでも絵本でも、なんでも吸収してしまう時期です。

この時期を過ぎ、母語である日本語が完全に確立してからだと、子どもにしてみれば意思疎通が完璧にできる母語があるのに、なぜわざわざ別の言語を使わなければならないのか理解できず、子どもによっては外国語にたいして拒否反応を示すようにもなります。

母語が確実になる前に外国語にふれさせては混同するのでは?という疑問もあるかもしれません。確かに二つの言語が混じることもあるかもしれませんが、一時的なことなので心配いりません。

成功の鍵はママしだい?習慣化が大切

わが子の英語力はママにかかっている!などといわれてはドキッとしますよね。実は英語は苦手…と焦ることはありません。

ママが英語を教えなければならない、という意味ではなくどれだけ普段の生活に英語を組みこめるかが大切だということです。なにごとも継続するには、習慣化してしまうのが早道。

子どもが幼いうちの生活習慣は、ママが大きな影響力をもっています。ですからそのママが日常生活に上手に英語を取り入れていくと、子どもにとって英語が身近な存在になりやすいのです。

さらに大切なのは、子どもの好きなことと英語を組み合わせることです。子どもは好きなことはいつまででもやりたがるもの。

たとえば戦隊ものが好きな子には、英語吹替の戦隊アニメを見せる、などの工夫です。

日常会話の一部を英語にしてみよう

英語に限らず、子どもの発語をうながすのに効果的なのが、目に入るものを言語化するやり方です。

It's sunny/ cloudy/ rainy today.(今日はお天気ね/くもりね/雨ね)

I can see a bird/ a cat/ a snail in the garden. ( お庭に鳥/ ネコ/ かたつむりがいるね)

など、シンプルな言い回しでゆっくり言ってみてはどうでしょう。

もうひとつ取り入れやすいのは日常の声がけです。決まった場面でくりかえすので子どももなじみやすいでしょう。

Put on your hat.(帽子をかぶって)

It's time to go to bed. (もう寝る時間よ)

などはすぐにつかえそうですよね。

日常に取り入れられる英会話のフレーズ

英会話の基本となる挨拶のフレーズ

簡単なフレーズを少しおさらいしてみましょう。まず基本となるのは挨拶です。

挨拶は家族間でも日々繰り返されるものなので、身につくのも早いでしょう。

Good morning. (おはようございます)

Hello/Hi. (こんにちは)

Thank you. (ありがとう)

Yes, please. (お願いします)

No, thank you. (いりません)

Good night. (おやすみなさい)

とてもシンプルですが、この6つが自然に口からでてくるということはとても大切なことです。

特に「Thank you」と「Please」は「Magic word/魔法の言葉」といわれ、英語圏の子どもは幼いときから使いこなすよう厳しくしつけられます。

お家で遊ぶときに使う英会話のフレーズ

シーン別にお家遊びで使えるフレーズをみてみましょう。

ほめる
英語にはほめる表現が多いですが、まずはこの3つをおさえてみましょう。
Well done. (上手にできたね)
That's great. (すごいね)
I love that. (それ大好き!)

注意する
Watch out. (気をつけて)
Be quiet/nice. (静かに/ やさしくしようね)
No running/shouting. (走らない/ 叫ばない)
Stop it. (やめなさい)

遊びにさそう
Let's play outside(外で遊ぼう)/ with trains(電車で遊ぼう)

遊びおわったら
Let's tidy up. (お片付けしよう)

食事の時に使う英語のフレーズ

日に三度ある食事シーンは、英語の習慣づけにも絶好のチャンスです。楽しみながら使ってみてはどうでしょうか。

食事の前に
You must be hungry/ starving. (お腹すいたでしょう?)
Enjoy. (どうぞめしあがれ)

食事中に
Is it nice? (おいしい?)
Do you like it? (それ好き?)

It's hot/ chewy/spicy. (熱いよ/かたいよ/辛いよ)

Sit properly. (ちゃんと座って)

Would you like some more? (おかわりは?)

食事のおわりに
Are you done? (ごちそうさま?)

まとめ

言語の習得は長い時間をかけてゆっくりとするものです。必ずしも早い時期から学習を始めたからといって、バイリンガルになれるわけではありませんが、それでもその言葉に接する時間が多ければ多いほど親しみがわきますよね。

子どもは好きなことには時間を忘れて夢中になるもの。ママと接する時間がもっとも長いこの幼い時期に、遊びをとおして大好きなママと一緒に英語に自然に親しんでいけたらよいですよね。

ママも楽しい、子どもも楽しい。そんな時間が過ごせますように。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018