就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

自宅で楽しむパン作りについて!簡単にできるパン作りのコツと道具

自宅で楽しむパン作りについて!簡単にできるパン作りのコツと道具

最近では、ホームベーカリーの発売とともに自宅でパン作りをする人が増えてきました。手軽に焼きたてのパンを食べられるのはうれしいですよね。ここでは、パン作りの基礎やコツを紹介しますので、初めてでうまくできるか不安な人もぜひチャレンジしてみてくださいね。

大見出し1

ハマる人が続出するパン作りの楽しさ

カフェやパン屋さんでプロが作ったパンを食べるのも幸せなひとときですが、自宅でどんなパンを作ろうか、どんな形にしようかと考えながら、焼き上がりまで自分の手で作るのもまた楽しい時間です。パンは入れる具材や調味料によって、食事にもおやつにもなり、レパートリーは無限ですよね。

また、自分で作るパンは、保存料や添加物を入れることなくできるので、安心して食べられるのも魅力の一つです。どの材料がどれだけ使われているかもわかりますので、健康面が気になる人でも安心ですね。

そして、やはり一番の醍醐味は焼き立てを食べられることですね。朝食やおやつにママの手作りパンが出てきたら、パパや子どもたちもきっと喜ぶでしょう。

食パンや惣菜パンを自宅で作れる幸せ

代表的なパンといえば、食パンではないでしょうか?朝食などで食べる人も多いと思いますが、食べる頻度が多いぶん、パン屋さんで買った焼き立ての食パンをいつも食べることは、なかなか難しいですよね。

そんなとき、自宅で朝食に焼き立ての食パンを食べることができたら、朝から気分が上がるでしょう。朝は食欲がないという子どもも、焼き立ての美味しい食パンなら喜んで食べてくれるかもしれませんね。

また、手軽に惣菜パンを作れることも魅力です。夕飯で残ったおかずを具材にすれば、また違った感覚で楽しむことができますし、お酒のお供になるような味付けにすれば、パパも仕事から帰ってくるのが楽しみになるでしょう。惣菜パンはいろいろなアレンジを楽しめますね。

オーブンを使わずに簡単にできるパン作り

パン作りを始めたいけど自宅にオーブンがない、高いのでわざわざ買うのも…という方でも簡単にパン作りを楽しめる方法があります。

それがフライパンを使う方法です。パン生地の材料を混ぜ、こねるところまでは一般的な作り方と同じですが、一次発酵を電子レンジで行います。耐熱ボウルに生地を入れ、霧吹きで水をかけラップをして500Wで約30秒加熱します。少し休ませたら成形し、油をひいたフライパンに並べます。弱火で底面に焼き色がついたら裏返し、同じように焼いたらできあがりです。

もっちり食感が美味しいパンです。中におかずを入れておやき風にしたり、あんこなどを入れておやつにしてもよいですね。簡単にできるのでいろいろとアレンジを楽しみたいですね。

必要な準備物と失敗しないテクニック

パン作りに欠かせない基本の材料

パン作りの材料といえば、欠かせないのが小麦粉ですね。小麦粉はたんぱく質であるグルテンの含有量によって、薄力粉、中力粉、強力粉に分かれます。パン作りで使うのは、一番グルテンの多い強力粉です。強力粉はしっかりとした食感に仕上がるため、軽い口あたりにする場合は薄力粉を加えます。

次にイーストです。イーストはパン酵母の一種で、発酵によってパン生地を膨らませる働きがあります。発酵は食塩によって抑えられ、砂糖によって促されるので、パン作りには食塩と砂糖の量も重要です。

ほかにも牛乳などの乳製品、バターなどの油脂類、卵、水といった食材が基本的な材料となります。パン生地は材料の割合によっても食感が変わるので、最適な割合を見つけたいですね。

基本の道具や子どもとできるパン作りキット

パン作りを始めるには、必要な道具を揃えることも大切ですね。正確に重さを計量できるデジタルスケールや、材料を混ぜるためのボウル、生地を発酵させたり休ませたりするバット、生地を伸ばすためのめん棒などがあります。また、泡だて器や刷毛は自分の手に合った持ちやすいものを選びたいですね。

そして、焼くときに欠かせないオーブンです。オーブンによっても焼き時間が少し違ってくるので、何回も使用して慣れていきましょう。

パン作りを子どもと楽しみたいけれど、道具のサイズが子どもには大きすぎるというママもいるのではないでしょうか?最近では、必要な道具をひとまとめにしたパン作りキットも販売されています。子ども用もあるので、ぜひ一緒に作ってみましょう。

失敗しないパン作りのテクニック

パン作りで失敗しないためには、押さえておきたいコツがいくつかあります。一つ目は、材料の計量を正確に行うことです。イーストや食塩は1gでも量が適切でないと、仕上がりがまったく違うものになるので気をつけたいですね。

二つ目は、こねるときの見極めです。材料を混ぜてある程度まとまったら、しっかり体重をかけてこねていきます。ときどき作業台に叩き付けるなどして、生地の表面につやが出てきたらこね上がりの合図です。

三つ目は、一次発酵です。発酵には温度と時間が重要になります。こね上がった後、30~40℃で生地を寝かせ、もとの1.5~2倍の大きさになるまで待ちます。粉をつけた指を生地に入れ、穴が元に戻らなければ上手に発酵ができています。

美味しい手作りパンのおすすめレシピ

まずはここから!手作りパンの基本レシピ

ボウルに強力粉200g、砂糖30g、塩3g、ドライイースト3gを入れます。このときイーストと砂糖は近くに、塩は離して入れましょう。そこへ人肌に温めた牛乳150gをドライイーストにかけるように入れます。

全体を混ぜ、生地がまとまるまでこねていきます。ある程度まとまったら柔らかくしたバター20gを加え、さらにこねます。こね上がった生地をまとめ、大きさが2倍近くになるまで一次発酵を行います。

手のひらで押してガスを抜き、8等分して濡れ布巾をかけ休ませます。表面のしわを集めるように丸く成形したら、天板に並べ二次発酵します。200℃で予熱したオーブンを180℃まで下げ、10~12分焼いてふわふわの丸パンのできあがりです。

個性あふれる変わり種パンのレシピ

手作りパンのアレンジは無限です。ここでは、個性あふれる「ちくわパン」のレシピを紹介します。まず、具材から作ります。

玉ねぎ4分の1個をレンジで加熱し、そこへ油を切ったツナ缶1缶、マヨネーズ大さじ1、塩こしょう少々を加え混ぜます。これを、縦に切り込みを入れたちくわ4本に詰めていきます。

生地の材料は、強力粉150g、薄力粉50g、牛乳120cc、砂糖10g、バター15g、ドライイースト5g、塩2gです。これらを基本レシピと同じように一次発酵まで行います。少し休ませたら、生地をちくわに巻いていきます。

天板の上で二次発酵し、生地の真ん中に切り込みを入れ、溶き卵を全体にぬります。180℃のオーブンで20分焼いたらできあがりです。

親子で楽しみながらパンを作ってみよう

ママと一緒にパン作りができたら、子どもにとって毎日の楽しみが増えるのではないでしょうか?パン作りは難しいイメージがありますが、子どもが大活躍できる工程もあります。それが、こねる工程と、成形です。いろいろなアレンジができるよう、基本のパンレシピで行うのがよいでしょう。

まず、材料の計量はママが正確に行います。ある程度まで混ぜたら、次は子どもの出番です。子どもは粘土遊びをよくするので、意外にも上手にこねることができます。一次発酵を終えたら、好きな形に成形してもらいましょう。焼き上がった後に、チョコペンなどを使いデコレーションしても楽しいですね。

ママと一緒に作ったパンを食べることができたら、子どもは食事がさらに楽しみになりますね。

まとめ

パン作りには興味があるけれど、難しそうでなかなか始められないという方も多いですよね。確かに最初はきれいに膨らまなかったり、固くなってしまったり、ということもあるかもしれません。ですが、パン作りは何度も行ううちにオーブンの癖を知ったり、こね具合のコツをつかんだりしながら、少しずつ上達するでしょう。

自分が食べたいパンを、焼き立てで食べることができたら幸せですよね。子どもと一緒に作れば、ママとのコミュニケーションの時間にもなります。アレンジ自在のパン作りを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj