就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児に保湿剤でケアをしよう!おすすめな保湿剤や使用時の注意点

新生児に保湿剤でケアをしよう!おすすめな保湿剤や使用時の注意点

新生児期から赤ちゃんに保湿をしてあげようと思っているパパやママは少なくありませんね。でも、新生児期の赤ちゃんには保湿が必要なのでしょうか?そこで、新生児に保湿が必要なわけ、赤ちゃんの保湿剤の選び方、保湿剤を使用する際の注意点などを紹介します。肌トラブルのない赤ちゃんを目指しましょう!

新生児に保湿は必要なの?不要なの?

新生児に保湿が必要なワケ

赤ちゃん肌になりたい!と思っているママは多いのではないでしょうか。赤ちゃん肌はいつもつるつるでしっとりしていので、スキンケアの必要はないと勘違いしているパパやママは少なくありませんね。

実際はどうなのでしょうか?赤ちゃんの肌の特徴をみていきましょう。

赤ちゃんの肌の特徴はとてもデリケートということです。ちょっとした変化で肌にトラブルを起こしがちです。

赤ちゃんの肌は大人に比べると、とても薄く、外部からの刺激を受けやすいです。新生児期は胎脂といわれる脂が肌についていたり、皮膚を守るために皮脂が多めに分泌されたりしていますが、乾燥していない訳ではないようです。

生後2~3カ月ころになると、皮脂の分泌量が減り、肌の水分量も落ちてくるので、乾燥しやすくなってしまいますね。乾燥しやすくなると肌を守るバリア機能が崩れ、ちょっとしたことでも肌トラブルを起こしやすくなります。

赤ちゃんの肌は新生児期から乾燥にとても弱いので、保湿が大切になってきます。赤ちゃんの肌の様子はパパやママがいつも気にかけておくことが必要ですね。

新生児に保湿が必要な期間

新生児期の赤ちゃんは生まれて数日たつと、皮膚の皮がボロボロむけてくることがあります。これは、ずっとママのお腹の中で羊水に入っていた赤ちゃんが、外に出てきて急に乾燥したことが原因です。

放置しておくと皮膚トラブルが重症化してしまう場合もありますので、保湿剤を塗ったほうがよいといわれていますね。では、新生児に保湿剤を塗る場合はいつから塗ればよいのでしょうか?

生まれた日または沐浴を開始した日からといわれていますが、入院中はなかなか難しいので、退院後に自宅で塗り始めるのがよいですね。病院で処方してもらえる保湿剤もありますので、気になる場合は入院中に医師に相談してみましょう。保湿剤を塗ることで皮膚の皮むけはよくなることが多いです。

そしていつまで塗ればよいか?ですが、保湿は健やかな肌の基本です。塗らせてくれるうちは塗りましょう。少なくとも小学校入学くらいまで保湿を続けると大人になっても肌トラブルが少なくいられますよ。

赤ちゃんとのコミュニケーションや健康状態の把握に役立ちますので楽しんで続けてみてくださいね。

新生児用の保湿剤の正しい選び方

刺激の少ない保湿剤を選ぶこと

新生児期の赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。刺激成分の少ないものを選ぶように心がけましょうね。

赤ちゃん向けとはいえ、肌にあまりよくない成分が含まれている保湿剤もあります。できれば避けたい成分としては、パラベンや合成界面活性剤、合成着色料などです。

いつも成分表を確認して、何が含まれているのかよく確認する習慣をつけておくとよいですね。

オーガニックな保湿剤であれば、こうした成分は含まれないことが多いので安心、と思いがちですが、赤ちゃんにとってのアレルゲンを含んでいることもありますので注意が必要な場合もあります。

新生児期の赤ちゃんに使うならば、皮膚アレルギーテストなどをクリアした精製された保湿剤が安心かもしれませんね。

新生児の乾燥に適した種類の商品を選ぶ

赤ちゃん用に限っても、保湿剤はたくさんあり種類もさまざまです。選ぶのに迷いますよね。

保湿剤をつける場所や用途によって選ぶ保湿剤は違ってくるようですよ。

ベビーローションは顔、全身など広範囲の保湿に使用します。ママの化粧品でいうと、乳液のようなイメージで、水分、油分がバランスよく配合されていて塗りやすいです。

ベビークリームはベビーローションより保湿力が高いです。乾燥が激しい顔に使用することが多いですね。

ワセリンは浸透力がなく、保護膜をつくるのみです。肌荒れ予防に使用します。赤ちゃんには純度が高い白色ワセリンがおすすめです。

ベビーオイルは主にベビーマッサージで使用され、乳児脂漏性湿疹、おむつ替えの際のケアにも使用されます。

保湿効果が高いものを選ぶ

きちんと保湿されているのだろうか…不安になることも少なくありませんね。保湿成分が入っているかどうか、成分表を確認するようにしましょう。

保湿効果が高い成分としては、セラミド、ヒアルロン酸、みつろう、植物性オイルなどです。ただし、保湿成分としての植物性オイルが新生児期の赤ちゃんのアレルゲンになってしまうケースがあるために慎重に選ぶことが重要です。

あるとき、友人ママの赤ちゃんに赤い湿疹がたくさんできてしまったようです。小児科で原因を調べたら、赤ちゃんはヒノキアレルギーだったそうで、購入した保湿剤の成分にヒノキのエキスが入っていたそうです。

保湿効果が高くても赤ちゃんに合わないこともありますので、注意が必要です。

おすすめな新生児用の保湿剤三つ

多くのママから支持のあるミルクローション

多くのショッピングサイトのランキングで1位を獲得し、多くのママからの高い支持がある保湿剤が「アロベビー ミルクローション」です。

赤ちゃんの乾燥肌対策ローションで、99%以上が天然成分で世界的オーガニック認証基準をクリアし、国産であるということから、安全性が高く評価されているようです。保湿成分は天然のホホバオイルとシアバターで、角質に水分を閉じ込める力が強く、新生児期からでも赤ちゃんの肌を長時間保湿してくれます。

もちもちが長続きし、しっとりしたキレイな肌になったと使用したママたちから高評価されています。ラベンダーとローズから抽出された天然オイルも配合されているので、使っているとママも赤ちゃんもリラックスできるとうれしい効果もあります。

肌に優しいベビーミルキークリーム

Mama&kids ベビーミルキークリームは小児皮膚科医の協力のもと、赤ちゃんの肌へのやさしさを追求し、こだわりの保湿成分でつくられたベビークリームです。こだわりの保湿成分は新生児期の赤ちゃんにとって理想的な環境である、ママの胎内の胎脂や羊水の成分を参考に作られています。

もちろんアルコール、パラベン、着色料など無添加の低刺激タイプで、新生児期の赤ちゃんの肌にもなじみやすく、毎日全身に使えます。べたつきにくく、伸びがいいので少量でもしっかり保湿することができるのもうれしいです。

べたべたすると嫌がる赤ちゃんもいますが、ベビーミルキークリームは嫌がらないで塗らせてくれるとママたちからの感動の口コミが多いです。

成分にこだわったパックスボディークリーム

パックスベビーのボディークリームは、新生児期の赤ちゃんの皮脂にも含まれているパルミトイルオレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油を配合したボディークリームです。

合成界面活性剤、合成防腐剤などの化学物質を使用せず、石けんで乳化させているので、肌はしっとりとうるおいます。乳児湿疹に効くという口コミが多く、口コミをみてバックスのボディークリームを購入したというママも多いようですね。

新生児期の赤ちゃんの体はもちろん、ママの手や体に使用している家庭も多いようです。家族みんなで使用でき、経済的にもありがたいです。

ナッツの成分が入っていますので、赤ちゃんがナッツアレルギーであるママやアレルギーが心配なママは、使用する前にホームページを確認してください。

新生児のための保湿ケアのポイント

保湿剤は1日に数回塗るのが効果的

新生児期の赤ちゃんに塗る保湿剤ですから、効果的な塗り方を実践したいですよね。では、1日にどれくらい塗ればよいのでしょうか?

理想は、朝、昼、晩と3回塗るとよいようです。難しいのであれば、朝、晩の2回でも大丈夫です。

朝、昼は体の汚れや汗を濡れタオルなどで拭いたあと、保湿剤を塗りましょう。くれぐれも濡れタオルでごしごし拭くことはやめましょうね。肌トラブルが悪化する恐れがあります。

晩はお風呂上りが効果的です。体を洗ったあと、バスタオルで軽く水気をふき取ってから塗るとよいです。お風呂上りは肌の水分が蒸発しやすく、1秒でも早く肌の水分を閉じ込めるように保湿剤を塗りたいです。

そのほか、肌がカサカサしているなと感じたときは、こまめに塗るとよいですね。

肌をきれいな状態にしてから塗ろう

保湿剤を塗るときに注意することは、塗る前に肌を清潔にすることです。汚れが肌の上にあって、その上に保湿剤を塗ってしまうと保湿剤が肌に浸透しにくくなります。

入浴後や濡れタオルなどで体を拭いたあとに、保湿剤を塗ることをおすすめします。また、特に新生児期の赤ちゃんの体で、くびれていて汚れがたまりやすい部分は、肌を広げて清潔にしてから塗ってくださいね。

また、夏に保湿をする場合、汗を拭いて清潔にしてから塗りましょう。夏は汗をかいたまま放置すると、汗が蒸発したり、肌が汗でふやけてしまったりします。

そうすると、肌内部の水分が逃げやすくなり、乾燥しやすくなります。夏は保湿をすることも大切ですが、乾燥対策としてこまめに汗を拭くことも大切ですね。

保湿ケアの手順を知っておこう

効果的に保湿をするためには、保湿ケアの手順を知っておくことが必要ですね。一般的な保湿ケアの手順を紹介します。

パパやママの手を清潔にしてから適量の保湿剤を取ります。適量というとどれくらい?と思ってしまうパパやママは多いでしょう。保湿剤については、赤ちゃんの手脚に5円硬貨大、腹側・背中側に500円硬貨大の量が目安です。

塗り方は、腕は付け根から指先へ、足は付け根からつま先へ、体の中心から外側へ、やさしく馴染ませます。最後に、顔、ほっぺなど特にカサカサが気になる部分は入念に塗りましょう。

新生児期の赤ちゃんは体温調節が未熟です。保湿ケアをおこなうときは赤ちゃんが体調を崩さないように、室内の温度にも気をつけましょうね。

新生児に保湿剤を利用する際の注意点

たっぷりと塗るのはやめよう

たっぷり保湿したいと思うと、保湿剤もたっぷり塗ったほうがよく効くのではないかと思いがちですね。でも、保湿ケアのときに保湿剤をたっぷり塗るのはよくありません。

保湿剤をたっぷり塗ってしまうと、皮膚の新陳代謝を遅くしてしまったり、皮膚に熱がこもりやすくなってしまったりします。皮膚に熱がこもってしまうと皮膚が蒸れて赤みが出たり、蒸れた部分に雑菌が繁殖したりします。

保湿剤をたくさん塗ると肌がべたべたして、かえって汚れがついてしまうことも少なくありません。

新生児期の赤ちゃんの肌は大人の何倍もデリケートです。肌を清潔にし、保湿剤の使用量を確認した上で、量を守って使うことが保湿への近道ですね。

新生児の体質に合った保湿剤か確認しよう

赤ちゃんの肌にも個人差がありますね。高評価の保湿剤であっても肌トラブルが出てしまうこともあります。パパやママがアレルギー体質である場合、遺伝している可能性もあります。

赤ちゃんの肌に合った保湿剤かどうかはパッチテストをして確認しましょう。まずはママの肌でテストすることをおすすめします。

使いたい保湿剤を10円玉くらいの量をとって二の腕に塗り、24時間そのままにしておきましょう。それで赤くなったり腫れたりしていなければ大丈夫です。

次に同じことを赤ちゃんにも行いましょう。問題なければ保湿しても大丈夫です。パッチテストの方法は、保湿剤の取扱説明書や外箱などにも書かれていますので、確認してくださいね。

保湿剤の使用期限を守るように

保湿剤にも使用期限があることを知っていますか?保湿剤の容器や外箱に使用期限が書いてあります。

保湿剤の使用期限をチェックし、使用期限以内の保湿剤を使いましょう。使用期限が過ぎてしまうとさまざまな効果がダウンしてしまいますよ。

毎日塗っていたのに、使用期限が切れていたので効果がなかったということにならないように、開封してから早めに使い切ることを心がけましょう。開封した日付を容器などに書いておくといいですね。特に赤ちゃん向けの保湿剤は無添加ゆえに日持ちしないものが多いです。

また保存方法にも注意が必要な場合があります。直射日光が当たる場所や気温差の激しい場所での保管は避け、品質の劣化が早く進んでしまわないように気をつけましょう。

まとめ

新生児期の赤ちゃんの肌を保湿することは、デリケートな赤ちゃんの肌を守ることが最大の目的ですが、ほかに湿疹などの肌トラブル予防、あせも予防、アトピー性皮膚炎発症予防にも効果があるとされています。

パパやママが注意を払いながら、赤ちゃんに保湿剤を使うことで効果がでます。どうしても効果があらわれない場合は、小児科や皮膚科の受診をおすすめします。

赤ちゃんに合った保湿剤を見つけ、コミュニケーションも兼ねて毎日塗ってあげましょう。そうすることで、肌トラブルのないキレイな肌を手に入れられますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018