就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マザーズバッグの中身をスマートに!女子力アップで素敵ママになろう

マザーズバッグの中身をスマートに!女子力アップで素敵ママになろう

小さな子どもとのお出かけには、おむつやおしりふき、授乳グッズに着替えやおもちゃ…など、あれこれと必要なもので大荷物になりがちです。けれど、バッグがパンパンな状態ではママの女子力が低下する一方です。そこで、荷物をコンパクトにまとめるコツや女子力アップのアイテムを知って、素敵ママを目指しましょう!

赤ちゃんとのお出かけ必須アイテム

かさばるおむつグッズはポーチにまとめよう

赤ちゃんとのお出かけに必ず持っていきたいもの、といえば「おむつ」です。ですが、おむつは荷物の中でどうしてもかさばりがちですね。

そこで、かさばるおむつやおしりふきなどのグッズはポーチにまとめて収納することがおすすめです。ポーチにまとめておけば、バッグの中に荷物がたくさん入っていても、使いたいときにサッと取り出せて便利です。

おむつ用のポーチとして販売されている市販のものには、消臭機能がついているものもあるので、使用済みおむつもにおう心配がありません。

専用のポーチでなくても、ママが好きなデザインのものを使ってもよいでしょう。その場合は、ジップ式ビニール袋や100均の防臭グッズを使えば使用済みおむつ対策もバッチリです。

ミルクの持ち運びは衛生面に注意して

ミルクや混合で赤ちゃんを育てているママの場合は、お出かけの際に哺乳瓶など授乳グッズも必需品です。これらのアイテムもかさばりがちなので、できるだけコンパクトにまとめたいですね。

お出かけの際には、あらかじめ粉ミルクを1回分ずつ計量してミルクケースや専用の小分け袋に入れると持ち運びに便利です。外出先でミルクを計量しなくて済むので、授乳がスムーズになりますよ。はじめからスティックやキューブタイプになっているミルクを使うのもよいですね。

ただし、外出先でミルクを用意する手間を省こうと、家で作ったミルクを持ち運ぶのは衛生面に不安があるので避けましょう。基本的に、粉ミルクは授乳時間のたびに調乳するのが望ましいです。

ぐずったときのおもちゃはお気に入りを

お出かけ先で、赤ちゃんがぐずってしまうこともあるでしょう。そうしたときに役立つのが、赤ちゃんが日頃から愛用しているお気に入りのおもちゃです。「これさえあれば泣き止む」という定番のおもちゃがあると心強いですね。

ただし、公共のスペースなどで遊ばせるときに周囲に迷惑にならないように、大きな音が出るものは避けてください。また、ママのバッグに収まるコンパクトなものがよいでしょう。その点、スマホのキッズアプリは便利ですが、赤ちゃんにとって刺激が強いので、できればほかのもので遊ばせたいですね。

なお、赤ちゃんが遊んでいるときに落として紛失しないように、ベビーカーや抱っこひもに取りつけられるベルト付きのものだと安心ですね。

TPOに合わせて中身を入れ替えよう

月齢が小さいうちは着替えも大切

月齢が小さいほど消化器官が未熟なので、授乳後にゲップとともにミルクを吐いてしまうことは珍しくありません。また、おむつの隙間からウンチが漏れてしまっていた、おむつ交換のときにおしっこが服についてしまった、という失敗もママにはよくあることですね。

このように、赤ちゃんとのお出かけの際は洋服が汚れてしまうことを考えて、着替えを最低1セットは持ち歩いた方が安心でしょう。とはいえ、荷物がかさばるのもママには負担となってしまいます。

そこで、近所へ2~3時間のお出かけ程度なら着替えは持って行かない、もしくは1セットだけ、半日以上のお出かけになるなら着替えを用意する、というように外出時間に応じて分けてもよいですね。

母子手帳ケースは必要なときだけ持ち歩こう

妊娠が確定すると交付される母子手帳は、専用のケースに入れて持ち歩いているというママも多いでしょう。母子手帳ケースには母子手帳のほかに、病院の診察券、健康保険証、乳幼児医療症、お薬手帳などを一つにまとめておけるので、病院で診察を受けるときに受付がスムーズにできるメリットがあります。

しかし、母子手帳にはさまざまな記録を記載するページや子育てに役立つ情報が記載されているため、日頃持ち歩くには意外に荷物になるというのが難点ですね。

実際、母子手帳を活用する場面は乳幼児健診や予防接種を受ける際などに限られます。母子手帳ケースを常に持ち歩く必要はあまりないので、母子手帳が必要なときにのみ持ち歩くようにすればよいでしょう。

バッグインバッグを上手に活用する

お出かけのときに洋服のコーディネートを考えて、バッグもそれに合わせようとしても、持ち物が多くて毎回毎回中身を詰め替えるのは大変ですよね。そのため、マザーズバッグはいつも同じものを使い回すというママも少なくないようです。

けれど素敵ママを目指すなら、洋服に合わせてバッグも持ち替えて、完璧なトータルコーディネートにしたいですよね。そこで、おすすめはバッグインバッグの活用です。

必要なものが入ったバッグインバッグをそのまま取り出して、違うバッグにセットすれば、簡単にコーディネートに合わせたバッグに持ち替えられますよ。バッグインバッグは仕切りポケットが多いので、ごちゃごちゃしがちなバッグの中身がスッキリするというメリットもあります。

バッグの2個持ちなら貴重品が探しやすい

海外ママもバッグ2個持ち派が多い

子どものグッズが納まるように、大きめのマザーズバッグを使っているというママもいるでしょう。中身が見えやすいように整理していても、レジで財布を取り出す場面で手間取ってしまうことも多々あります。

貴重品がさっと取り出せるように、バッグを2個持ちするのも名案ですよ。おしゃれな人が多いといわれるパリでは、乳幼児を連れたママがおしゃれなポシェットと大きな布製のマザーズバッグを持ち歩いている姿をよく見かけます。

財布とスマホ、家の鍵が入る程度の斜めがけポシェットであれば、ファッションのアクセントになりますし、ちょっと席を外すときも貴重品だけ持ち歩けるので便利です。

マザーズバッグは、ざっくり入る大きめのものを持ってバランスをとってみましょう。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版