就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの夏の飲み物に悩む。水分補給にいい飲み物と注意点

子どもの夏の飲み物に悩む。水分補給にいい飲み物と注意点

疲れた時におすすめ!梅シロップ

次は、夏バテ予防にもよいとされる「梅」を使った梅シロップをご紹介します。まろやかでさっぱりとした甘みのシロップができますよ。

材料
・青梅1kg
・砂糖(氷砂糖がおすすめです)1kg
・酢20cc

まず青梅のヘタを取り除きます。青梅をきれいに洗い、水けを拭き取りビニール袋などに入れ、一晩凍らせましょう。綺麗に消毒した大きめの瓶に青梅、砂糖を交互に2回に分けて入れ、最後にお酢を入れます。冷暗所に保存し、砂糖が溶けるように一日一度、瓶を上下に返します。1週間~2週間でシロップの完成です。

梅はクエン酸やミネラルを多く含み、夏バテ予防や整腸作用などが期待できます。薄める割合によって味が調節できるので、子どもも飲みやすいですよ。

きれいな色が子どもに人気!赤シソジュース

最後にご紹介するのは、夏バテ予防や胃腸を活発にする働きがある、赤シソを使った「赤シソジュース」です。鮮やかで透きとおる赤色に、子どもは喜ぶことでしょう。

材料
・赤シソの葉500g
・水2L
・砂糖(氷砂糖がおすすめです)500g~1kg
・クエン酸(リンゴ酢や穀物酢でも)大さじ2

赤シソの葉を茎から取りきれいに洗い、水けを切ります。2Lの水を大きめの鍋で沸かし、沸騰したら赤シソの葉を入れ、5~10分煮出しましょう。煮出したらザルで葉をこし、こした液を再び鍋に戻し砂糖を入れ、溶かします。砂糖が溶けたら火を止め、粗熱を取ってからクエン酸を入れます。その後、完全に冷まし煮沸消毒した保存瓶に入れれば、できあがりです。

まとめ

子どもは急激な温度の変化が苦手といわれています。熱中症や脱水は、真夏に限らず、梅雨明けなどの急激に気温が上がるときにも起こる可能性があるものです。とくにこれからの時期は、こまめに水分補給をすることを意識してみましょう。

夏はキャンプや虫取り海遊びなど、外での楽しい遊びもたくさんありますよね。水分補給がすぐできるよう、水筒などで水分を携帯すると安心ですよ。親は唇の渇きやおしっこの量や色など、子どもの体調変化に気を配り、楽しい夏を過ごしましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND