就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの夏の飲み物に悩む。水分補給にいい飲み物と注意点

子どもの夏の飲み物に悩む。水分補給にいい飲み物と注意点

暑い季節が近づくと、熱中症や脱水が心配になりますよね。とくに子どもは自分から水分を摂ることが遅れがちなので、注意が必要です。上手に水分補給をすると熱中症や脱水症状、さらには夏バテなどを防ぐことができます。今回は夏の水分補給にいい飲み物をご紹介しますので、参考にしてみてください。

子どもの水分補給におすすめの飲み物を紹介

夏は麦茶、ルイボスティー、お水を与えよう

子どもの体に占める水分量はとても高く、成人が体重の60.0%に対して、子どもは70.0%、新生児においては80.0%にもなります。そのうえ夏は大量の汗をかくので、さらに多くの水分を必要とするのです。

たくさん摂るものだからこそ、体によいもので水分補給をしたいですよね。ここで注意したいのが、熱中症対策によい飲み物と、普段から飲む飲み物では違いがあるということです。

熱中症対策によいスポーツドリンクは、糖分も含まれているため、普段使いすると糖分の摂り過ぎにつながることがあります。大量の汗を一気にかいたときなどによい飲み物といえるでしょう。そのため普段飲む飲み物には、麦茶やルイボスティー、お水がおすすめですよ。

子どもにおすすめしない飲み物は?

水分が摂れる飲み物は、色々種類がありますが、中には子どもの水分補給におすすめできない飲み物もあるのです。

例えば、糖分が多く含まれているジュースや炭酸飲料。子どもだけではなく「ペットボトル症候群」という言葉があるように、大人でも注意したい飲み物です。ひんぱんにこれらを飲むことで高血糖となり、一時的な急性糖尿病となることがあります。

ほかにはコーヒーや緑茶、紅茶などカフェインが含まれている飲み物もおすすめしません。カフェインには利尿作用があり、逆に水分を排出してしまうことになるのです。また牛乳も消化に時間がかかり、胃腸に負担をかけてしまうことがあります。そのため普段の水分補給として飲むことは、あまりおすすめできないでしょう。

おすすめの麦茶とルイボスティー

子どもの水分補給にお水はもちろんのこと、麦茶やルイボステーもおすすめですよ。麦茶はカフェインレスなので、子どが小さいころから飲ませているママもいることでしょう。

麦茶にはミネラル以外にも、夏バテに効果があるカリウムも含まれています。体を冷ます効果もあり、暑い夏には嬉しいですね。また香ばしい香りの成分である「ピラジン」には血液をサラサラにしてくれる効果もあるそうです。

またルイボスティーは「スポーツ飲料の代わりになる」といわれるほど、汗で失われたミネラルなどを豊富に含み、夏の体にピッタリのお茶なのです。さらに鉄分や亜鉛なども含み、体に重要な働きをする成分も一緒に摂ることができます。もちろんカフェインレスで、子どもに優しいお茶ですよ。

熱中症対策に!水分補給で気をつける点は?

子どもはたくさんの水分を必要としている

子どもは体に占める水分量が高いだけでなく、汗腺の数も大人と変わらないため、体の面積に比べたくさんの汗をかくことになります。新陳代謝もよいので、さらに汗がでやすい状態でもあります。

子どもはこのような理由から、たくさんの水分を必要としているのです。水分補給を怠ると脱水症状を起こしやすいともいえるので、気をつけましょうね。

一日に必要とする水分量は、体重1kg当たりで考えると、大人より子どもの方が多くなります。大人が1kgあたり40~50mlに対して、学童で60~80ml、幼児で90~100ml、乳児で120~150mlといわれています。子どもの体重と照らしあわせて、一日に必要な水分量の参考にしてみてくださいね。

水分補給のタイミングは?

水分補給のタイミングとして「のどが渇いてから」では遅いとよくいわれます。のどが渇くという症状自体が、軽い脱水を起こしているサインだからなのです。また子どもは体の状態と感覚にずれがある場合もあり、のどが渇いたと教えてくれたときには、すでに脱水が進んでいるなどということも。水分補給のタイミングとしては、以下を参考にしてみてください。

・起床時
・運動の前後
・入浴の前後
・食事やおやつのとき
・寝る前

注意したいのは、一度に大量に飲まないことです。一度に大量の水分を摂ると、体の中のナトリウムやカリウム、カルシウムなどの電解質量のバランスを崩し、不調を引き起こす原因にもなります。「こまめに、体外に排出された量を目安に」が大切ですよ。

子どもが水分をとらない場合は?

子どもに水分補給をさせようと思っても「いらない」といわれてしまうことないでしょうか。子どもは、自発的に水分を摂らないことが多いものです。熱中症が気になる時期、これでは心配ですよね。子どもが水分を摂りたがらない理由はいくつか考えられます。

まずは、食事によるものです。お米や野菜、汁物などの食事から水分補給ができている場合は、飲み物を欲しがらないことがあります。また子どもの食事は薄味が多いため、体内の塩分濃度を調整するために「水分を摂りたいと思わない」といったこともあるようです。

ほかには、お茶や水の味が嫌いという理由です。甘いジュースなどを飲んでいると、甘みのない飲み物を嫌がることがあります。少しずつ味に慣らすようにしてみましょう。

夏の暑い日にいかが?手作りドリンクの紹介

レモンとミントで爽やか!スポーツドリンク

夏の暑い日には水分補給がひんぱんになります。お水やお茶だけだと、子どもはちょっと飽きてしまうことも。そこでママの手作りドリンクはいかがでしょうか?まずは、レモンとミントが爽やかなスポーツドリンクをご紹介します。

材料
・水500ml
・レモン(輪切りや櫛切りなど)
・塩小さじ半分
・砂糖大さじ4、またはハチミツ大さじ2
・ミント適量

はじめに塩を水に入れ溶かします。次に砂糖やハチミツ、レモンを入れ混ぜあわせます。コップに注いでミントを添えればできあがりです。ミントの香りを強くしたいときは、長めにミントを漬けましょう。注意点としては、ハチミツの使用は乳児ボツリヌス症にかかる危険性があるため、1歳未満の子どもには決して与えないでください。

疲れた時におすすめ!梅シロップ

次は、夏バテ予防にもよいとされる「梅」を使った梅シロップをご紹介します。まろやかでさっぱりとした甘みのシロップができますよ。

材料
・青梅1kg
・砂糖(氷砂糖がおすすめです)1kg
・酢20cc

まず青梅のヘタを取り除きます。青梅をきれいに洗い、水けを拭き取りビニール袋などに入れ、一晩凍らせましょう。綺麗に消毒した大きめの瓶に青梅、砂糖を交互に2回に分けて入れ、最後にお酢を入れます。冷暗所に保存し、砂糖が溶けるように一日一度、瓶を上下に返します。1週間~2週間でシロップの完成です。

梅はクエン酸やミネラルを多く含み、夏バテ予防や整腸作用などが期待できます。薄める割合によって味が調節できるので、子どもも飲みやすいですよ。

きれいな色が子どもに人気!赤シソジュース

最後にご紹介するのは、夏バテ予防や胃腸を活発にする働きがある、赤シソを使った「赤シソジュース」です。鮮やかで透きとおる赤色に、子どもは喜ぶことでしょう。

材料
・赤シソの葉500g
・水2L
・砂糖(氷砂糖がおすすめです)500g~1kg
・クエン酸(リンゴ酢や穀物酢でも)大さじ2

赤シソの葉を茎から取りきれいに洗い、水けを切ります。2Lの水を大きめの鍋で沸かし、沸騰したら赤シソの葉を入れ、5~10分煮出しましょう。煮出したらザルで葉をこし、こした液を再び鍋に戻し砂糖を入れ、溶かします。砂糖が溶けたら火を止め、粗熱を取ってからクエン酸を入れます。その後、完全に冷まし煮沸消毒した保存瓶に入れれば、できあがりです。

まとめ

子どもは急激な温度の変化が苦手といわれています。熱中症や脱水は、真夏に限らず、梅雨明けなどの急激に気温が上がるときにも起こる可能性があるものです。とくにこれからの時期は、こまめに水分補給をすることを意識してみましょう。

夏はキャンプや虫取り海遊びなど、外での楽しい遊びもたくさんありますよね。水分補給がすぐできるよう、水筒などで水分を携帯すると安心ですよ。親は唇の渇きやおしっこの量や色など、子どもの体調変化に気を配り、楽しい夏を過ごしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018