就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代子育て中ママも手軽に!簡単ナチュラルメイクで美しくなる方法

30代子育て中ママも手軽に!簡単ナチュラルメイクで美しくなる方法

30代で子育て中のママでも、ナチュラルメイクであれば時間をかけずに簡単に美しくなれます。ナチュラルメイクの方法さえわかれば、ママ友にも好印象でパパや子どもも喜んでくれるはずです。また、子育てにも前向きになって自信がついてきます。簡単ナチュラルメイクで、美しいママをめざしましょう。

簡単なナチュラルメイクの方法とは

ベースメイクはBBやCCクリームで

30代で子育て中のママは、毎日が忙しすぎてメイクがおろそかになってしまいがちです。そんな子育てママでも手軽で簡単にできるナチュラルメイクがありますよ。

ポイントは、ベースメイクをBBクリームやCCクリームにすること。日焼け止め効果だけではなく、化粧下地やファンデーションの役割もあり、仕上がりがとてもナチュラルでおすすめです。

BBクリームは下地やファンデーションの役割を果たし、お肌を守りながらシミやくすみをそっと隠してくれます。持続性が優れているのもうれしいですね。

CCクリームはファンデーションの役割はありませんが、下地とコントロールカラーの役割を果たしてくれます。透明感があってナチュラルメイクに仕上げてくれるクリームです。

眉は形を整える程度でナチュラルに

眉は、本来の形を生かしながら少しだけ形を整える程度にしてナチュラルに仕上げましょう。細すぎる眉はきつい印象になり、太すぎる眉は目立ってしまって逆効果です。

30代ともなると、眉の量が減って薄い眉になってしまう人がいます。そのような人は、自然な太さではっきりと描いてみてください。パウダータイプとペンシルタイプを併用すると自然な眉を描くことができます。

パウダーは少し濃い色を選んで眉山から眉尻を描きましょう。次に、やや薄めの色で眉頭から眉山へと描いていくと、ナチュラルで立体的な眉に仕上がります。

眉が薄くなってしまった部分にはペンシルタイプを使います。髪の毛に似た色で極細芯のペンシルで1本1本、ていねいに描き足していきまょう。

色付きリップで口元を華やかに

ナチュラルメイクには、口元も大切です。いかにも口紅を塗っているような濃い口紅は避けましょう。口元に自然な色味があると、お化粧感が出ておしゃれです。

30代子育て中ママにおすすめなのが、色付きリップ。色付きリップは、唇を健康的に見せてくれます。また、保湿効果があるので、乾燥が気になる冬の季節にこそ活躍してくれますよ。

色付きリップの色味や発色は口紅にはかないません。でも、ナチュラルな色付きとツヤがあり、お風呂上がりのような健康的な血色感を出すことができます。

なお、色付きリップを選ぶときには、使う人の唇の色によって変化することを考えて色を選択してください。気に入った色であっても実際に付けてみるとイメージとは違ってしまったということはよくあります。

簡単ナチュラルメイクをおすすめする理由

ママ友と会うときにも好印象

ママ友に好印象なメイクとは、一見メイクをしていないように見えて実は自然に見えるメイクです。すてきに見えるママ友の多くが、子どもができたからといって諦めることなく自然な仕上がりを意識してメイクをしているんですよ。

濃いメイクではママ友のウケが悪いだけではなく、完全に浮いてしまいます。逆に、ノーメイクでも生活感がにじみ出てしまって疲れたママに見えてしまいます。

ナチュラルメイクは、手抜きメイクとは違います。また、ただ単にメイクを薄くすることでもありません。肌本来の美しさを引き出して自然な仕上がりにするのがナチュラルメイクです。

時間をかけずに、しかも清潔感があってママ友からも好印象のナチュラルメイクを目指してください。

パパもきっと喜んでくれるはず

30代子育て中ママの忙しさといったら、想像を超えたものがありますよね。家事と育児に追われ、自分のことはつい後回しになってしまいます。

でも、簡単ナチュラルメイクをすれば、パパはきっと喜んでくれるはずです。いつもすっぴんで髪を振り乱しているママもすてきですが、化粧をしているママを見ているほうがうれしいに決まっています。

また、よくある光景がお出かけのときにパパが待たされることです。休日などに家族みんなでいざ出かけようとすると、「ちょっと待ってて!」とパパを待たせることはありませんか?

そんなときのために、お出かけのときには早めに簡単ナチュラルメイクをするといいですよ。お出かけ前のパパのイライラがなくなるはずです。

ママ自身も気分転換になる

女性であれば、いつまでも美しくありたいですよね。育児に夢中で心に余裕がないママに見られるのはとても悲しいことです。

その点、簡単ナチュラルメイクをすれば、シミやソバカス、お肌の衰えをある程度カバーすることができます。いつもは近くの公園やスーパーばかり利用していても、少し遠くまで出かけてママ友と会おうという前向きな気持ちにもなります。

毎日、ほんの少しの時間を使うだけで、生活にメリハリが出て華やかな気持ちでいられます。きっと心に余裕が生まれ、子育てにも前向きになって気分転換になるはずですよ。

子育てで忙しいからメイクができないと諦めないでください。フルメイクなんかしなくてよいのです。簡単ナチュラルメイクをぜひ試してください。

子育て中ママのメイクで注意する点は

アイラインやマスカラは濃過ぎないように

子育て中ママのメイクで最も注意すべきことは、アイメイクです。アイラインやマスカラが濃すぎると、年齢を感じさせてしまうメイクになるので気をつけましょう。

アイメイクは、アイブロウやアイシャドウ、マスカラなどを一つ一つていねいにやっていたら時間がかかってしまいます。ポイントを知って、簡単メイクを心がけましょう。

アイブロウは、パウダーを使うとぼかす手間が省けて簡単に仕上がります。また、アイシャドウは肌に馴染みやすいブラウンやベージュがおすすめです。濃すぎる色は選ばす、ラメの入ったものであれば華やかになります。

また、マスカラは毛の流れに逆らって塗った後毛の流れに沿って塗ると、ナチュラルに仕上がります。

眉は細過ぎたり短過ぎたりしないように

子育て中ママにふさわしい品格があっておしゃれな眉は、細過ぎたり短過ぎたりしない眉です。緩やかで優しいアーチを描いた眉であれば、ナチュラルで30代の女性らしい印象になります。

アーチの一番高いところは、黒目の外側から目尻になるところがよいでしょう。あまり角度はつけずに、滑らかなカーブに整えてください。眉の長さは、目尻から約1cmのところに眉尻がくるようにします。眉尻の高さは、眉頭の高さに合わせてください。

眉の太さも大切です。細い眉が基本ですが、すべてを細くするといかにも作った眉のようになってしまって自然な感じが失われてしまいます。ナチュラル眉のポイントは、眉頭から眉山、眉尻にかけて少しずつ細くしていくことです。

チークの塗り過ぎにも注意を

30代の肌には、チークはとても大切です。でも、20代と比べて肌の色が少しくすんでくるので、濃い赤やピンク色では顔から浮いてしまいます。

30代の子育て中ママは、地肌の色に近くて血色がよく見える色を選ぶとよいでしょう。おすすめは、コーラルピンクやオレンジ色です。肌の内側から発色しているような自然な仕上がりになります。

チークを入れるときには、太めのブラシで顔を軽く撫でる程度でかまいません。小鼻の横から耳に向かってブラシを動かしましょう。小鼻の横のラインより下に入れると、頬が垂れて見えるので注意をしてください。

また、チークは、黒目の中心より外側に入れるようにします。チークの範囲が広過ぎるとバランスが悪くなって必要以上に目立ってしまいます。

まとめ

自分のことはつい後回しになってしまう30代の子育て中ママでも、簡単なナチュラルメイクの方法がわかれば、美しいママでいられます。

ナチュラルメイクのポイントは、ベースメイクに時間をかけないこと。BBやCCクリームを使えば、化粧下地やファンデーションの役割もあってとても便利です。

いくら忙しくても、毎日、ほんの少しの時間を簡単メイクの時間に使うだけで、生活にメリハリが出て華やかな気持ちでいられます。ママ友やパパに好印象のナチュラルメイクで、いつまでもきれいなママでいてください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018