就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティリングって何?選び方のポイントやつけるときの注意点

マタニティリングって何?選び方のポイントやつけるときの注意点

「マタニティリング」ってご存知ですか?それは赤ちゃんを授かったママが、記念につけるリングです。しかし、婚約指輪や結婚指輪は知っている人が多くても、マタニティリングはそこまで認知されていないのではないでしょうか。そこで、マタニティリングをお考えのママへ、選ぶポイントや注意点についてご紹介します。

マタニティリングとはどういうもの?

妊娠がわかったときにつける記念の指輪

マタニティリングとは、ママが「赤ちゃんを授かりました」という喜びの記念でつけるのが一般的です。しかし、実はそれ以外にも役割があるようなのです。

それは、「安産祈願のお守りとしての指輪」という意味合いも込められているということです。安産祈願は、お札やお守りを渡すことが多いと思いますが、常にママの身につけられるお守りとして、ママの不安を和らげる効果もあるようです。

また、マタニティマークの代わりとしてつけることもあるようですよ。様々な理由から、「マタニティマークをつけるのはちょっと…」という考えのママでも、マタニティリングであれば抵抗感が少なくつけられるのではないでしょうか。

マタニティリングは「記念」以外の意味も込められているのですね。

結婚指輪と寄り添うように左手小指に

マタニティリングはピンキーリングのように左手の小指につけるのが一般的なようです。ですから、ママが今つけている結婚指輪とのバランスを考えたピンキーリングとしてデザインを選んでも、素敵ですよね。

では、なぜマタニティリングは左手の小指につけるのでしょうか。それは、パパとママの愛の証しである結婚指輪の隣につけることで、子どもが寄り添っているように見えるからだそうです。結婚指輪と並ぶマタニティリングを眺めているだけでも幸せな気持ちになれそうですよね。

ピンキーリングということで、さりげなく子どもを授かったことを示したいママにもちょうどよい存在感だと思います。ママとパパ、そして新しい命のお守りにもなってくれる指輪といえるでしょう。

お友だちや両親やパパからの安産祈願になる

婚約指輪や結婚指輪と、マタニティリングが決定的に違うポイントは、贈る相手は誰でもよいという点です。

先ほども述べたように、マタニティリングには安産祈願の意味合いも含まれています。ですから、お守りやお札のように、マタニティリングを贈るというのもありなのです。もちろんパパから贈られることが多いですが、お友だちや両親から贈られることもありますよ。

大切な人たちからの心が込められた指輪をつけることで、妊娠中の不安や体の不調が起きても、心の支えになってくれそうですね。また、出産を経験したママから、これから出産する後輩ママへエールを込めて贈ることもあるというのは素敵ですね。

たくさんの優しい気持ちが詰まった、素敵な指輪なのですね。

マタニティリングの選び方のポイントとは?

石は小粒のベビーパールが人気

それでは、マタニティリングの選び方のポイントをご紹介したいと思います。

マタニティリングのデザインや素材に決まりはないので、シルバーやゴールドのようなフォーマルにも対応できるものから、ビーズのようなカジュアルなものもあります。その中でも人気があるのは、小粒のベビーパールです。

ベビーパールとは、真珠の中でも小粒のタイプなので、日常生活でつけていても邪魔になりません。また、真珠には「健康」「無垢」「円満」という意味も込められているのでマタニティリングにもピッタリなのです。さらに、ベビーという言葉が使われているのも人気が高い理由に一つのようですよ。

ママの生活スタイルなどに合わせて、お気に入りのデザインを選んでみてください。

赤ちゃんが産まれてからも使えるデザインを

マタニティリングを選ぶポイントとして、赤ちゃんが産まれてからも使えるデザインであることをおすすめします。

大きな石がついていたり、尖ったデザインであったりすると赤ちゃんの肌を引っ掻いてしまう危険があります。破損して破片になるようなデザインも避けたほうがよいでしょう。

また、妊娠中に作る指輪だと、むくみなどによりサイズが普段と違う可能性がありますよね。ですから、サイズ変更がしやすいプラチナや18金のものを選ぶことをおすすめします。そうすれば、出産後はサイズを変えてつけられますよ。

マタニティリングは妊娠中だけでなく、形を変えて長くつけられるものです。子どもにも優しく、ママのおしゃれ心もくすぐられるようなものを選びたいですね。

キーホルダーなどに加工する方法もある

しかし、仕事柄どうしても指輪をつけられなかったり、出産後に指のサイズが合わなくなってつけられなくなってしまう場合もありますよね。そういった場合には、マタニティリングをキーホルダーなどに加工する方法もありますよ。

キーホルダーにすれば、カバンにさりげなくつけることもできるので、持ち歩ける範囲も広がりますよね。マタニティマークをつけることに抵抗があるママでも、マタニティリングのキーホルダーであれば、持ち歩きやすいのではないでしょうか。

さらにデザインもオーダーすれば、それこそ唯一無二のキーホルダーになるわけです。贈り物にしても素敵ですし、ママが自分でオーダーしてキーホルダーに加工するのもよいでしょう。マタニティリングの幅も広がりますね。

妊娠中に指輪をつける場合の注意点

妊娠後期は指輪を外しておくのが一般的

ただし、指輪は妊娠後期には外しておくことが一般的です。

それは、妊娠中後期はホルモンのバランスでむくみやすかったり、単純に太って指に肉がついてしまったりすることが多いためです。また、むくんだ状態で指輪をしていると、うっ血して指の組織が破壊されることもあるようですよ。

いざ、出産するというときに指輪を外そうとしても、抜けないなんてことがあったら大変ですよね。出産は命がけです。緊急時に少しでも早く処置ができるよう、外しておくことをおすすめします。

産婦人科の先生からは、妊娠8カ月ごろまでには指輪を外しておくようにいわれることが多いようです。特に妊娠高血圧症でむくみがひどい場合などには、指輪が外しにくくなる人が多いので注意しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC