就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

便利なブラトップがママに人気!特徴を押さえてベストな下着選びを

便利なブラトップがママに人気!特徴を押さえてベストな下着選びを

ブラトップは便利だといわれていますが、具体的にはどのようなところが便利なのか気になりますよね。一度試してみたいなと思っているママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、ブラトップを使うメリットとデメリット、おすすめのブラトップブランドなどをご紹介します。

ブラトップってなに?便利といわれる理由

キャミソールにブラカップがついたもの

最近はブラトップを利用している方が増えてきましたが、知らない方はいまいちどういうものなのか分からないかもしれませんね。簡単に説明すると、キャミソールにブラカップがついたものです。キャミソールの胸の部分にカップを入れて使うタイプもあります。

キャミソール以外にも、タンクトップやTシャツ、長袖のヒートテックにブラカップがついたブラトップなど、種類は様々です。白や黒、グレーなど、カラー展開も豊富で、昔のような下着というイメージはなく、胸元や裾が上着の上から見えても気になりません。

ワイヤーは入っていませんが、アンダーバストの回りにゴムが入っているのである程度の安定感はあります。激しい運動をしたり、走ったりしなければずれる心配はないでしょう。

締めつけ感がなく体に負担がかかりづらい

ブラジャーの不快感といえば締めつけですよね。1日着用していると、アンダーバストやおっぱいの横に締めつけられた跡がつくこともあります。

ブラトップならそんな不快感を解消してくれるので、体に負担がかかりづらくなりますよ。アンダーバストはゴムで多少の締めつけ感はありますが、不快に思うほどの締めつけ感ではなく、ほどよく支えられていて安心できるものです。背中やお腹回りの脂肪が気になる方でも楽に着られるでしょう。

また、カップ部分はなめらかでワイヤーが入っていないので、何もつけていないときのような気持ちよさです。もし、カップがずれてもゴムの下から指を入れてすぐに調整できますよ。ホックが外れる心配もないので気楽に着られるのが嬉しいですね。

妊娠中や授乳期のインナーとして人気がある

ブラトップは妊娠中や授乳中のインナーとして人気があります。人気の理由をいくつかご紹介しますね。

・お腹が大きくなってきても、アンダーバストの部分に伸縮性があるので締めつけ過ぎない
・つわりで気分が悪いときでも締めつけ感がなくて楽
・母乳パッドをつけやすい
・授乳中におっぱいが張っても圧迫感がない

妊娠すると、お腹が少しずつ大きくなることはもちろん、太って体型が変わってしまうこともあるでしょう。ワイヤー入りのブラジャーはしっかりとしたホールド力が魅力です。ただ、体型の変化しやすい妊娠中や妊娠後は妊娠前と同じものを使えないママもいます。締めつけ感が強すぎないということがブラトップの人気の大きな理由であるといえるでしょう。

ブラトップのメリットとデメリット

軽い着心地で肌荒れの心配が少ない

最近は妊娠中や授乳中に限らずブラトップを選ぶ女性が増えてきました。これまでお伝えしてきたように、ノンワイヤーなのでバスト回りに締めつけ感がなく、なんといっても楽ということが一番の魅力でしょう。

構造はアンダーバストの部分にゴムが入っているだけなのに、なぜかしっかり支えられている感じがあって軽い着心地なのです。ほどよい密着度合いで汗をかいても、ワイヤー入りのブラジャーほどかゆくなることもないでしょう。

友人ママもブラトップを着用するようになってから、かゆくなることが少なくなったと言っていましたよ。それまではブラジャーのワイヤーが当たってかゆくなったり、痛くなったりしていたそうです。かゆくなると気になって掻いてしまうので、肌荒れするおそれもありますね。

リーズナブルで普段使いしやすい

ブラジャーはブランドにもよりますが、4,000~5,000円、それ以上の値段のものもたくさんありますよね。その点、ブラトップは大体1,000~2,000円台とリーズナブルなので普段使いしやすいです。

授乳中はわざわざマタニティブラを購入するママも多いでしょう。便利ではありますが、使える期間が短いのでもったいないと感じるママもいるのではないでしょうか。ブラトップは簡単にカップをずらすことができるので、授乳のときでも使えます。また、母乳パッドを挟んでもきつくなりませんよ。

ブラジャーとキャミソールが一体化しているので、着替えも一度で済みます。赤ちゃんとのお風呂上がりでバタバタしているときに、サッと着替えられるところもおすすめポイントです。

運動時に着用すると胸の形が崩れやすい

締めつけ感がなく楽に着られるブラトップですが、その分ワイヤー入りのブラジャーに比べてホールド力が弱いというデメリットがあります。

走ったりジャンプしたりなど、運動時に着用するとおっぱいが上下に揺れて胸の形が崩れやすいです。また、上下に揺れることで、おっぱい全体を支えている靭帯が伸びてしまい、たるみの原因になります。ほかにも、カップはやわらかな素材ですので、寝転んだときに、おっぱいが横に流れて形が安定しにくいです。

ブラジャーのように細かいサイズ展開がないというデメリットもありますが、多少サイズが違っても案外フィットしてくれるのでそれほど気にならないでしょう。運動するときを避ければ、とても着心地がよいアイテムです。

ママにおすすめのブラトップブランド3選

ブラトップブームの先駆け「ユニクロ」

ブラトップといえばユニクロを思い浮かべるママも多いのではないでしょうか。ユニクロには、キャミソールタイプ以外にもタンクトップや半袖・長袖タイプなどがあります。色も白、黒、グリーン、ライトブルーなど豊富なカラー展開です。

ベーシックなコットン素材のほかにも、通気性がよくサラサラな肌触りのエアリズムなど、どの商品も多くの方から人気があります。

ユニクロのこだわりポイントは、バストを中心に支えるモールドカップ、脇への流れを防止するパワーネット、トップを高くキープするアンダーゴムです。「ブラトップだと見た目が心配」という方も安心してください。快適な着心地だけでなく、シルエットの美しさにもこだわっています。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC