就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

正しいガラスの拭き方で簡単お掃除!思わず挑戦してみたくなる方法

正しいガラスの拭き方で簡単お掃除!思わず挑戦してみたくなる方法

窓ガラスの掃除なんて年末の大掃除のときぐらいしかやらないというママも多いのではないでしょうか。それぐらいやりはりはじめると時間がかかって面倒くさい掃除ですよね。簡単にキレイにできるガラスの拭き方を知りたいと思いませんか。ここでは、簡単にキレイにできる窓ガラスの掃除方法をご紹介します。

窓ガラスの汚れの原因は何だろう?

内側の汚れは手垢、ホコリ、油汚れ

窓ガラスを効率よく短時間で掃除するためには汚れの原因を知っておくとよいでしょう。まずは窓ガラスの内側ですが、手垢やホコリ、油汚れがほとんどです。

ガラス面の汚れが目立ちますが窓枠にも手垢や汚れがついています。また、子どもは汚れることを気にせずガラス面のいたるところを手で触るのでべったりついているでしょう。とくに窓の下のほうに手垢がついています。

ホコリは普通に生活していれば少しずつ表面についていきますので、毎日掃除をしていても1日経てば少しはつくものです。また、調理中に換気しきれなかった場合、油汚れも窓ガラスについてしまいます。

油汚れがつくと空気中のホコリがよりつきやすくなりますし、頑固な汚れに変化しますので放置すると掃除が大変です。

外側の汚れは花粉や砂、泥、雨、排気ガス

窓ガラスの外側は主に花粉や砂、泥、雨、排気ガスなどで汚れています。

たとえば、道路側に面している窓ガラスは排気ガスにより黒い汚れがつきやすいです。窓ガラスを見ただけではよくわかりませんが、タオルで拭いてみるとけっこう黒い汚れがつくのでびっくりするかもしれません。

1階の庭や歩道などに面している窓ガラスは、人が歩いたときに空気中を舞った砂がついたり、雨が降ったときに地面からの跳ね返りで泥汚れがついたりしやすいです。また、雨にもホコリや空気中の汚れが含まれていますので、雨に濡れるだけであっという間に汚れてしまいます。

排気ガスに含まれる油で汚れていたり雨で濡れたりしている状態で放置すると、花粉やホコリなどの汚れもくっつきやすくなります。

こまめなお掃除がキレイを保つポイント

家事や育児などで忙しく窓ガラスまで掃除している時間がないと思っているママもいますよね。それは窓ガラスの掃除は時間がかかるイメージがあるからではないでしょうか。

しかし、こまめに掃除をしていれば時間はかかりませんし、いつもキレイに保つことができますよ。赤ちゃんが寝ている時間や調理中の待ち時間など、ちょっとだけでも手のあく時間はあるかと思います。その時間を使って掃除はできますので、汚れが落ちにくくなる前にサッと終わらせてしまいましょう。

こまめに掃除をするために、掃除に使うアイテムは取り出しやすい場所にしまっておくとよいですね。そうすることで思いついたときや、時間ができたときにすぐに掃除に取り組むことができます。

忙しいママにおすすめの窓ガラスのお掃除法

「新聞紙」だけで窓ガラスはキレイになる

新聞紙で窓ガラスを拭いたらキレイになるという話を聞いたことのあるママも多いのではないでしょうか。でも実際に試したことはないかもしれませんね。これがけっこうあなどれません、簡単にキレイにできるのでおすすめです。

まずはいらなくなった新聞紙を用意してください。やり方は簡単で、水で少し湿らせた新聞紙を軽くくしゃくしゃに丸めて窓ガラスを拭くだけです。拭き取りの必要もありません。新聞紙の印字部分の油分がほどよくにじみ出て窓ガラスにツヤも出してくれます。

使い終わった新聞紙は捨てるだけなので手間もかかりません。忙しいママでもちょっと手が空いたときにサっと窓ガラスの掃除ができるので楽ですよ。ぜひ一度ためしてみてくださいね。

窓枠のゴムと網戸は歯ブラシとワイパーで

窓のゴムはほこりがつきやすく油汚れもたまりやすいので、こまめに掃除をしてカビが発生しないようにしましょう。

窓枠のゴムの掃除には使い古した歯ブラシが便利です。中性洗剤やクリームクレンザーを歯ブラシにつけて軽く擦ります。カビが発生してしまった場合は塩素系漂白剤を吹きつけてからラップを貼りつけ、しばらく放置してから歯ブラシで擦ると落としやすいです。

冬になると結露でゴムにカビが発生しやすくなりますので、水分をこまめに拭き取ることで予防できます。

網戸の掃除には網戸用ワイパーが便利です。網戸をつけたまま拭くことができ、シートが汚れを絡め取ります。水で流す手間もなく作業が楽です。取っ手があるので網戸の裏側も楽に掃除できます。

サッシのお掃除は乾いた状態から始めよう

窓のサッシはほこりがたまりやすく汚れやすいですが、入りくんでいるため掃除するのが難しいですよね。汚れていると分かっていても見て見ぬふりをしたくなることもあるでしょう。

そんなサッシの掃除は乾いた状態から始めるのが掃除を面倒くさくさせないポイントです。はじめに洗剤をかけたり、濡らしたぞうきんで拭いたりすると、かえってほこりや油汚れなどが固まりになって落としにくくなります。また、窓の下に入り込んで詰まることもあるでしょう。

乾いた状態のときに、小さなハケや掃除機でほこりや毛くずなどを取る、このひと手間をかけることでらくにお掃除できます。

そのあと、ぞうきんやスポンジなどで汚れを拭いて水でサッシの外側に流しましょう。

しっかり窓ガラスをお掃除したいときには

アルカリ電解水とスクイージーを使おう

窓ガラスは子どもが手で触ることも多く皮脂汚れがつきやすいです。とくに、キッチンの近くにある窓だと調理中についた油汚れもたくさんついています。水ぶきやからぶきをするだけではキレイになりませんよね。

そこで、しっかり汚れを落としたいときにはアルカリ電解水を使うと効果的です。アルカリ電解水には汚れを浮かして落とす働きがありますので、タオルやスポンジなどに含ませてサッと拭くだけで汚れがすっきりします。

また、窓に残った水分を落とすにはスクイージーが便利です。あっという間に水分を落とせて、拭きあとがつかないので普通にからぶきするよりキレイに仕上がります。窓が多かったり大きかったりする家におすすめの方法です。

まずは網戸から掃除を始めよう

網戸はあまり汚れていないように見えますが、窓より外側にあるのでけっこう汚れています。まずは網戸を終わらせてから、窓ガラスの掃除に取りかかりましょう。

網戸をよく見てみると網目にほこりがたくさんついています。水で濡らして掃除する前に、大きめのブラシを上から下に払ってほこりを落としてください。このとき、ほこりがたくさん出て空気中に舞うので可能なら窓を閉め、マスクを付けるとよいでしょう。

ほこりが取れたら、水をたっぷりと含ませたスポンジで網戸全体をしっかり拭いてください。網戸にも皮脂汚れがついていますし、交通量の多い道路の近くだと排気ガスに含まれる油汚れもつきやすいです。先ほどご紹介したアルカリ電解水をスポンジに含ませるとキレイになりますよ。

窓ガラス掃除に最適な時期と時間

年末の大掃除の時期になると窓ガラスを掃除するママも多いでしょう。でも最適な時期や時間があればそのときに掃除したいですよね。

時期は黄砂がおさまる6~7月ごろか、秋の9~10月ごろ、時間は朝か夕方ぐらいが最適です。年末に掃除すると結露が原因で発生するカビを予防できたり、窓ガラスについた水分で掃除しやすかったりしますが、冬は寒いのではかどりませんよね。

6~7月や9~10月ごろなら外に出ても寒くないので掃除をやる気も出てくるでしょう。また、曇っている日や雨が止んだあとなら適度に湿気があるので汚れが浮きやすく、落としやすくなっています。昼間は水分がすぐに乾燥してしまうので拭きあとが残りやすいです。

まとめ

時間がかかって面倒くさいと思っていた窓ガラスの掃除もコツやタイミングが分かれば、忙しいママでも負担に感じることはないでしょう。

1回の掃除で全部やろうとする必要はありません。「1枚ずつ掃除しよう」とか「リビングの窓だけ掃除しよう」など、気軽な気持ちで進めていくとよいですよ。

こまめに掃除することが家事の時短につながります。完璧にしなくてもよいので簡単に掃除できるアイテムなども利用しながら、忙しいと思ったときほどこまめな掃除を心がけてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR