就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒に水耕栽培で観葉植物を育てよう!緑のある爽やかな生活

子どもと一緒に水耕栽培で観葉植物を育てよう!緑のある爽やかな生活

実は今、水耕栽培がひっそりと人気を集めているのをご存知でしょうか?水耕栽培は面倒な草刈りをすることもなく、子どもと一緒に手軽に楽しめます。幼いときに保育園や幼稚園、小学校で体験したママも多いのではないでしょうか。今回は水耕栽培のコツを中心にまとめてみました。ぜひ、親子でチャレンジしてみてくださいね。

子どもと一緒に観葉植物を育ててみよう

植物を育てることで子どもの優しい心が育つ

子どもの教育について、誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。実は植物を育てるということは子どもの心や五感の発達にとてもよい教育になるのです。

植物を育てることで生命の大切さを学べるのはもちろんです。植物の生育を観察しながら「どうすると花が咲くのか?」などの探求心にも繋がっていきます。

育てている植物の花の色、葉の色、ささやかな違いも子どもにとっては大きな発見に繋がります。子どもの発見に大人が驚かされることも多くあるでしょう。

また、日本には独特の四季を楽しむ文化があります。子どもと一緒に咲いた花を愛でたり、ママが「この花が咲いたら春が来たね」など親子の会話をしたりすることで、その文化を楽しむこともできます。

観葉植物は水耕栽培で育つの?

水耕栽培はハイドロカルチャーとも呼ばれており、水だけを使う水栽培とは少し違います。ハイドロボールが土の役割を果たしているので、ほぼ土栽培と変わらずに色々な植物を育てられるのです。

実は人気の高い多肉植物や、観葉植物も種類によっては水耕栽培で育てることができます。キッチンの近くにお料理に使える植物を置いておいたり、トイレのちょっとしたスペースに香りのある植物を育てたりするのも素敵ですよね。

変わったものではアボカドやパイナップルの食べ終わった種や、ヘタの部分も育てられるそうです。水耕栽培ができる植物かどうかを見分けるコツは、水だけでも発根するかどうかだといわれています。

色々試してみるのも面白そうですね。

水耕栽培に適している観葉植物

観葉植物は寒さに強く、丈夫で育てやすいものが多いので初心者にはおすすめです。花屋さんでよく見る植物も実は水耕栽培ができるものが多く、手に入りやすいので、まずは観葉植物から始めてみましょう。

パキラは退院祝いや開店祝いなど、お祝いのときにも贈られる縁起のよい植物として人気の観葉植物です。大きな鉢植えで育てるイメージの強い観賞植物ですが、小ぶりの苗を利用すれば水耕栽培でも楽しむことができます。

ミリオンバンブーも育てやすく、インテリアとしてもおしゃれです。こちらも縁起のよい植物として流行しました。

どちらも丈夫で、寒さにも強いので初心者には育てやすい植物です。そのほかにも、ポトスやアイビー、ガジュマルなどたくさんの種類があります。

水のみを利用して水栽培をする場合

水栽培に必要な材料と手順

水栽培は水耕栽培よりもさらにお手軽に植物を育てる方法です。準備するものも少なく、使うものも100円ショップだけでもそろえることができます。

水栽培に必要なのは、水を入れる容器、水、液体肥料だけです。あとは育てたい植物の枝を木のように水に挿すだけなのでとてもお手軽に始められます。

手順は簡単です。水を容器に入れ、そこに植物の枝などを入れるだけ。このときに水が腐るのを少しでも防ぐため、水に浸かる部分に葉がある場合は取り除いておきましょう。

あとは毎日水を入れ替えること、発根したら液体肥料を少しお水に混ぜてあげると育ちやすくなるそうです。根が伸びてくれば液体肥料なしで、水さえきちんと替えれば育っていきます。

水栽培で育てるときのポイント

水栽培はとても簡単ですが、ときには根腐れしてしまったり栽培している容器が汚れてしまったりというトラブルもあります。せっかく育てた植物が枯れてしまわないように、ポイントを押さえてチャレンジしてみましょう!

まずは水の量と肥料の分量です。栽培する植物の根がすべて水に浸からないように、水の量を多くしすぎないこと、肥料をあげすぎないことが大切になります。

ほかには水替えをしないまま、放置しすぎないことです。水の衛生状態が悪くなってくるとアオコという植物性プランクトンが発生します。

このプランクトンが繁殖してしまうと、水中の酸素濃度が下がって水質も悪化し、植物の根が腐ってしまうので小まめな水替えも重要です。

意外なものも水栽培できる

水栽培の一つに、最近バラエティ番組などにも取り上げられている「リボベジ」というものがあります。これは食べ終わった野菜のヘタなどを利用して、水栽培で育てるものです。

例えば、豆苗、ニンジン、ダイコン、ネギが代表的な水栽培で育てられるものになります。「リボベジ」では水栽培で育てた野菜を食べることを目的にしているので、収穫も楽しめるのが嬉しいところです。

ほかには先ほども紹介しましたが、アボガドの種やパイナップルのヘタも水栽培で育てることができます。特にアボカドは長く一本の芽が種から伸びていくので、おもしろいですよ。ぜひ、試してみてください。

また、ミントやローズマリーなどのハーブも水栽培で育てることができます。

ハイドロカルチャーで水耕栽培する場合

必要な材料と水耕栽培の手順

ホームセンターやインテリアショップで、茶色いボールが入ったガラスの容器に植物が植わっているところを見たことはありませんか?あれが水耕栽培(ハイドロカルチャー)と呼ばれる栽培方法です。

必要なものはハイドロボール、容器(様子を観察できるガラスがおすすめ)、栽培したい植物、根腐れ防止剤です。ピンセットなどは後々そろえても大丈夫です。

手順は通常の苗を植える手順とほぼ同じです。根腐れ防止剤を容器の底が隠れるくらいに適量入れ、ハイドロボールをその上に敷き詰めます。

植えたい苗の土をきれいに落とし、根を広げるようにして位置を決めてください。位置が決まったらハイドロボールを足し、最後に容器の1/5程度の水をいれて完成です。

根腐れ防止に防腐剤を使用すると長持ち

せっかくきれいに植えた植物、インテリアとしても楽しむためにも長持ちしてほしいですよね。水耕栽培や水栽培で多いトラブルは根腐れです。

根腐れを防いで長く楽しんでもらうためにぜひ、使ってほしいのが根腐れ防止用の防腐剤です。この防腐剤を使用すると、植物の根から出た老廃物を吸着してくれるので植物が長持ちします。

この根腐れ防止剤にはいくつか種類がありますが、どれも効果はあまり変わりません。ホームセンターや園芸店で探すと見つけることができます。

根腐れ防止剤を使用したら半年~2年ごとに一度ハイドロボールと根腐れ防止剤の交換、容器の洗浄が必要になってきます。購入したもののパッケージをよく読んで交換、洗浄の時期を決めましょう。

元気に育てるポイント

水耕栽培は、本来は土の中にいる微生物が行う活動が自然に行われることがないので、人の手でやらなければなりません。それを押さえておくと水耕栽培は難しくありません。

老廃物を吸着するために必要なのが先ほど紹介した、根腐れ防腐剤です。これとあわせて使いたいのが自然に分解されない老廃物を分解させるためのイオン交換樹脂剤です。

イオン交換樹脂剤にはただ老廃物を分解してくれるだけではなく、栄養も一緒に補給してくれるものがあります。栄養も補給してくれるタイプのものを使えば、栄養剤はいりません。

長く楽しむためにはどちらも欠かせないものになります。どちらも使い方は商品説明欄に書いてあるのでよく読んで使いましょう。

まとめ

水栽培と水耕栽培、少しややこしいですが実は違うものです。どちらを選ぶかは自分の好みになってきます。

どちらも家でお手軽に楽しめ、多くのママが苦手とする虫の問題もないので小さい子どもでも一緒に安全に楽しむことができます。また、見た目もおしゃれでインテリアとしてもおすすめです。

大きな特徴はマンションやアパートに住んでいて庭やベランダが無くても楽しむことができる栽培方法だということです。ぜひ、試してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018