就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

正しいチャイルドシートの選び方!選ぶときのポイントや注意点

正しいチャイルドシートの選び方!選ぶときのポイントや注意点

スーパーや公園など、移動手段として車を利用する家庭も多いと思います。小さな子どもを車に乗せるときには、チャイルドシートの着用が義務付けられていますので赤ちゃんが生まれる前に準備しておくことをおすすめします。今回は、正しいチャイルドシートの選び方や選ぶときのポイント、注意点をまとめていきます。

知っておきたいチャイルドシートの知識

チャイルドシートの必要性を知ろう

子どもの年齢が0~6歳未満の場合、車に乗車するときにはチャイルドシートの着用が義務付けられています(一部例外あり)。チャイルドシートはパパママでいうシートベルトの存在で、万が一の事故が起きたときに命を守る大切な役割を担っています。

シートベルトの着用ではだめなのかという声もありますが、子どもの体にそのままシートベルトを着用しても、体が簡単に抜けてしまったり、首を絞めつけて窒息してしまう恐れもあります。シートベルトはしっかりと体を固定することに意味がありますので、子どもの体に合ったベルトを使用する必要がありますね。

チャイルドシートの着用を子どもが嫌がるケースも多いですが、予測できない事故から命を守るためにも常に着用を心がけましょう。

子どもの成長に合わせ3種類に分けられる

子どもが車に乗るときにはチャイルドシートの着用が必要だと理解しているパパママも多いです。しかし、いざチャイルドシートを買いに行くとさまざまな種類のものがあり、なにを選べばよいのか分からず困ってしまうケースもあるようです。

チャイルドシートには年齢ごとに種類が分けられており、乳児用ベビーシート、幼児用チャイルドシート、学童用ジュニアシートの3種類に区別されています。乳児用ベビーシートは、新生児~1歳頃まで、幼児用チャイルドシートは1~4歳頃まで、学童用ジュニアシートは4~10歳頃まで使用できます。

ただ、使用年齢はあくまでも目安です。目安年齢と一緒に体重の記載があると思いますので、体重を優先して選ぶほうがなおよいでしょう。

一定の条件を満たすと使用義務が免除される

チャイルドシートは乗車時の子どもの命を守るための大切な役割を担っています。ですので、基本的には車に乗せる時点で着用する必要があります。

ただ、一定の条件を満たした場合には、使用義務が免除されるケースもあるのです。

・子どもにケガや病気がある、体重が多すぎる
・車の構造上、チャイルドシートが設置できない
・子どもの人数分のチャイルドシートが設置できない
・授乳やおむつ交換中
・タクシー乗車時
・緊急を要する場合など

これらの場合には必ずしもチャイルドシートに座らせる必要はありません。

ただ、いつなんどき交通事故に巻き込まれるかはわかりません。緊急時を除いてチャイルドシートの着用が難しいときには別の移動手段を考えることも大切です。

チャイルドシートを選ぶ際のポイント

安全基準のついたチャイルドシートを!

チャイルドシートを購入する際には、安全基準マークのついたものを選ぶようにすると安心して子どもを車に乗せることができます。安全基準マークとは、国土交通省の定める安全基準に適合したものに記載されるマークです。

2012年7月以降からの安全基準マークは、アルファベットのEが記載されており、それ以前のものは漢字の自という文字が記載されています。現在では、Eマークの記載があるチャイルドシートが販売許可のおりたものになりますので購入する際にはしっかりと確認してくださいね。

また、人からお下がりでもらうこともあるかもしれません。このときにも安全基準マークの記載があるのかを確認してからもらうようにすると安心です。

子どもにあったサイズを選ぶ

チャイルドシートには、年齢別に応じたタイプのものを着用する方法と、新生児からチャイルドシートの必要がない年齢まで一つのものでカバーできるものもあります。全年齢カバーできるものは、後ろ向き、前向きなど設置方法を変えて使用していくというものです。

どちらのタイプを選択した場合でも、子どもにあったサイズのものを選ぶことが大切です。子どものサイズにあったというのは、チャイルドシートが子どもの年齢や体格にあったものをということを意味します。

子どもによって大きい体格の子、小さい体格の子、同じ年齢、月齢であってもそれぞれことなりますので、年齢はあくまでも目安と考えて、体格が基準に達しているかを意識するとより安心して着用できます。

回転式か固定式か特徴を理解して選ぼう

チャイルドシートには、回転式と固定式と2パターンあります。それぞれに特徴がありますので理解して選択するようにするとよいでしょう。

まず、回転式のメリットとして、乗せやすさという点があげられます。乗せるときにはチャイルドシートをママに向き合うように回転させれば、無理な体勢をとる必要もありません。

ただ、回転式だと本体自体がとても大きくて重たいです。ママ1人だとほかの車への乗せ換えが難しいかもしれません。

固定式の場合には、乗せにくさを感じるのがデメリットでしょうか。特に首がすわるまでは赤ちゃんの体をしっかりと支える必要があります。

メリットとしては、お値段もお手頃で本体が軽いという点です。回転式の半分程度で購入できるものもあります。

チャイルドシートを選ぶときの注意点

車に適合したチャイルドシート選びを

チャイルドシートを購入する際には、回転式、固定式など使用目的によって選択することも大切ですが、そもそも車に適応したチャイルドシートであるのかをしっかりと確認する必要があります。

チャイルドシートによっては、車種や年式を限定しているものもあります。購入後に設置できなかったとなると困ってしまいますので、あらかじめ対象車種なのかどうかを見ておきましょう。

購入を検討しているチャイルドシートが車に設置できるのかどうか確認する方法としては、店頭のスタッフに確認する方法もありますが、事前にメーカーのホームページから確認することもできます。自動車検査証と照らし合わせて設置条件を満たせば使用することができますので、購入後のトラブルも避けられますね。

簡単に取り付けやすいものに!

チャイルドシートの取り付けは慣れてしまえばそれほど難しくありませんが、作業が苦手な人もいると思います。車が一台であれば一度取り付けしてしまえばそのままずっと使用できますが、車が複数台ある場合にはその都度チャイルドシートを乗せ換える必要もありますので、乗せ換えのたびに手こずってしまうなどということもあるかもしれません。

取り付けができず、チャイルドシートに乗せずに乗車した、車に乗せることを諦めたという事態を避けるためにも、簡単に取り付けやすいものを選ぶと安心です。また、取り付け以外にもベルトや頭部クッションの調節のしやすさなども大切です。

正しい取り付け方法、使用方法をすれば安全性も高くなりますので安心して車に乗ることができますよ。

できる限り中古品は買わないように

チャイルドシートの使用頻度が少ない場合や、チャイルドシートのコストを抑えたいときなどには中古品を探して購入するという方法もあります。チャイルドシート自体、それほど汚れるものでもありませんし探せばきれいなものに出会えるかもしれませんね。

ただ、安全面のことを考えるとできる限り中古品は買わないようにしたほうがよいでしょう。チャイルドシートは新しいタイプのものであるほどいろいろな機能が備わり、安全性も高まります。

設置の仕方が簡単であったり、長時間乗っても疲れにくかったりなどどんどん改良されていきますので、新商品であればあるほど乗り心地もよくなると思います。中古品であっても、極力製造が新しいものを選ぶようにしましょうね。

まとめ

チャイルドシートは、乗車時の予期せぬ事故から子どもの命を守るために重要な役割を果たします。単にチャイルドシートといっても、年齢に応じていくつかの種類に分けられますので、子どもの年齢や体格にあったものを選ぶようにすると安心ですね。安全基準マークがあるかチェックすることもお忘れなく。

ほかにも、回転式、固定式などによって大きさ、値段、取り付けやすさなども異なります。頻繁に車を利用するのであればチャイルドシートの使用頻度も多くなると思いますので、ママが使いやすいと思えるチャイルドシートを見つけてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018