就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの寝る向きが同じ理由は?頭の形に影響する向き癖の予防法

赤ちゃんの寝る向きが同じ理由は?頭の形に影響する向き癖の予防法

「頭が長い」「絶壁」「ゆがんでいる」など、頭の形は将来のファッションや髪型選びにも関わってきます。そんな頭の形に影響するといわれているのが「向き癖」です。どうすれば向き癖を付けず、赤ちゃんの頭をきれいな形にできるのでしょうか。今回は赤ちゃんの向き癖の原因や向き癖の予防法を紹介します。

赤ちゃんの寝る向きが同じになる原因

出産時に頭が変形していて固定されやすい

頭蓋骨は一つの大きな骨ではなく、複数の骨がパズルのように組み合わさって形を作っています。

大人の頭蓋骨は骨どうしがくっついて固くなっていますが、赤ちゃんの頭の骨はとても柔らかい状態です。これは、出産のときに頭の骨の形を変形させて産道をとおるためですので、生まれたばかりの赤ちゃんの頭は多かれ少なかれ、形が少しゆがんでいます。

このように、生まれた時点ですでに頭の形にゆがみがあるので、赤ちゃんの顔も頭の平らな方を下にしやすくなります。これが「向き癖」になってしまうと頭のゆがみがさらに大きくなりますよ。

頭の形は成長にしたがって少しずつ丸くなりますが、ゆがみが大きいとそのまま固定されることがあるので注意が必要です。

光や音の刺激のある方向がいつも同じ

もし、入院しなくてはならなくなったとき、何もない壁側のベッドと外の風景が見える窓側のベッドのどちらかを選べるとしたらどちらを選びますか?きっと、窓側のベッドを選ぶのではないでしょうか。

理由はとても単純で「壁を見てもつまらないから」ですよね。実は、赤ちゃんにとっても同じことがいえます。

赤ちゃんの感情や視力は大人に比べると未発達ですが、聴覚や嗅覚、光を感じる能力は備わっており、自然と刺激がある方向に顔を向けようとします。

そのため、例えば赤ちゃんの右側が壁で、左側に家族がいるリビングがあるとすると、赤ちゃんは自然と左を向くようになります。この状態がずっと続くと向き癖になり、頭の形が変形する原因になります。

添い寝するママが同じ位置にいる

育児や家事の合間の添い寝タイムは、赤ちゃんの温もりを感じられる至福の時間ですよね。

赤ちゃんもママの匂いや心音を感じていると安心して眠ることができるので、ママが添い寝していると赤ちゃんは自然とママがいる方を向くようになります。

決まった向きでないとなかなか眠れないというママもいるかもしれませんが、ママがいつも同じ位置にいると、赤ちゃんも同じ方向を向くことになります。向き癖をつけないためにも赤ちゃんの左右交互に添い寝するとよいでしょう。

また、添い寝するときは左右だけではなく、赤ちゃんより上すぎる場所や下すぎる場所にいないかも注意してください。赤ちゃんがあごを上げすぎたり、下を向きすぎたりすると首に負担がかかってしまいます。

頭が変形しやすい理由と予防する方法

生後6カ月までは頭がとても柔らかい

出産のときに狭い産道を通るため、柔らかく変形しやすい状態になっている赤ちゃんの頭蓋骨は、成長につれて少しずつ固くなり、大人の頭蓋骨に近づいていきます。

また、複数の骨で構成されている頭蓋骨は、産まれて1年半~2年くらいはつなぎ目に隙間が空いている状態です。そのため、赤ちゃんの頭は全体が柔らかく、骨が動きやすい状態になっています。

赤ちゃんの頭の骨が固くなる時期、骨の隙間がふさがる時期には個人差がありますが、生後6カ月頃までは頭の骨が非常に柔らかく、向き癖による影響が大きい時期だといわれています。

赤ちゃんが小さく頭の骨が柔らかいほど向き癖の影響が大きいので、自分で頭を動かすことが難しい生後3カ月までは大人のケアが特に重要です。

抱っこも効果的!向き癖をつけないように

そもそも向き癖とは寝ている姿勢で起こるものですので、ベッドや布団で寝ている時間が長ければ向き癖がつきやすくなります。

また、向き癖がある赤ちゃんは寝ている時間が長いほど頭の形がゆがむため、抱っこする時間を増やすと向き癖がつくことを防げ、向き癖による影響も減らすことができますよ。

ただし、新生児や首がすわっていない状態の赤ちゃんを抱っこする「横抱き」は腕で頭を支えるため、同じ向きで抱きつづけると頭に圧がかかり変形の原因になります。横抱きするときは適度に向きを変えるとよいでしょう。

また、抱っこが原因でママが酷い肩こりや腰痛、腱鞘炎になってしまうこともあります。ベビースリングや抱っこひもを活用して体の負担を減らしてくださいね。

寝ている位置など環境を変えてみる

赤ちゃんは音や光の刺激がある方を向く習性がありますので、赤ちゃんがいつも同じ方向を向いているときは環境を変えると向き癖を防ぐことができます。

例えば、電灯や窓の方をよく向いている場合、光が差す方向が変わるように赤ちゃんが寝ている位置を変えてみてください。

また、テレビやスピーカーの方に向いてしまうときは、赤ちゃんの向きや位置を変えるか、スピーカーの位置を変えると向き癖をなくすことができます。いずれも不可能なときはテレビやスピーカーをなるべく使用しないという選択肢もありますね。

ベビーベッドは位置を動かすことが難しいので、昼は位置や向きの変更が簡単なベビー布団やクーファンで寝かせるのもよいでしょう。

グッズを使って向き癖を予防しよう

ドーナツ枕を使ってみる

赤ちゃんの向き癖を防ぎ、頭の形を丸くする効果があるといわれているドーナツ枕は、新生児から長く使える枕や、おしゃれな色柄の枕、医師が推奨している枕など、さまざまな厚みや大きさのものが販売されています。

ドーナツ枕を選ぶときは対象月齢だけではなく、枕の硬さや厚み、形などをチェックしてください。厚みがありすぎる枕は赤ちゃんのあごが下を向いて息苦しくなり、中心の穴が大きいと首が反ってしまいます。

また、柔らかすぎるものは赤ちゃんの頭が沈んで枕の効果が得られないだけではなく、厚みがあるタイプだと窒息を招くこともあります。

頭をよく動かす活発な赤ちゃんも、枕がずれて顔をおおってしまい、窒息する危険性もあるので注意が必要です。

背中の下に入れる向き癖防止クッション

ドーナツ枕を使うと頭を動かせなくなることにママが不安を感じるときや、赤ちゃんがドーナツ枕を嫌がるというときは「向き癖防止クッション」がおすすめです。

向き癖防止クッションは枕のゆるやかな傾斜がついており、背中の下に入れると体を一定の向きに向くように支えてくれるものなどで、向き癖とは反対の方に顔を向けさせることができます。

枕の位置を変えるだけで赤ちゃんの顔の向きをコントロールできるだけではなく、頭の動きを阻害しないので赤ちゃんのストレスを減らすこともできますね。体と顔が自然と横向きになるのでミルクを吐き戻したときの窒息防止にもなります。

添い寝で授乳するときのサポート用クッションになるものもあるので、長く使うことができますよ。

位置が変えやすい!ベッドメリーを使う

赤ちゃんに向いてほしい方向に音や光が出るベッドメリーを置くと、赤ちゃんが自然にメリーの方を向いてくれます。

ベッドメリーには床置きできるタイプとベッドの柵に取りつけて使うタイプがありますので、赤ちゃんが寝ている環境に合わせて選ぶとよいですね。なかには床置きとベッドに取りつけの両方に対応した2Wayタイプもあります。

さらに、メリーについたおもちゃが取り外し可能になっており、マラカスやラッパとして楽しむことができるメリーや、ベビージムにも変形するタイプであれば、ねんねの時期からお座りの時期まで長く使えますね。

設置場所を変えて向き癖を予防できるだけではなく、カラフルな色や音で五感を刺激して知育にもなるので、まさに一石二鳥です。

まとめ

頭の変形は髪型選びや帽子、ヘルメットのサイズ選びに影響するだけではなく、変形の度合いが大きいと顔のゆがみや発達の遅れ、あごの変形の原因になることもあります。

ほとんどの場合、頭の変形は健康上の問題もなく1歳から2歳になるころには丸くてきれいな形になります。ただし、ゆがみが大きくて気になる場合は一度医師の診察を受けてください。

また、頭にゆがみが残った場合は矯正用のヘルメットできれいにすることもできます。矯正には高額な費用が掛かりますので、向き癖の予防で頭の形をきれいにできるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018