就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋生まれの赤ちゃんの短肌着。おすすめの素材と簡単な重ね着方法

秋生まれの赤ちゃんの短肌着。おすすめの素材と簡単な重ね着方法

秋生まれの赤ちゃんと一括りにいっても、すべての季節感が同じというわけではありませんね。11月生まれの赤ちゃんはすぐに冬を迎えますし、9月生まれの赤ちゃんは、暑さと涼しさ両方に対応が必要で、ママも迷うでしょう。そんなママに、肌着の素材や服の調節などをご紹介します。

秋に着せる短肌着におすすめの素材は?

ふんわりあたたかで通気性に優れた接結天竺

夏生まれの赤ちゃんに着せる肌着に、薄く通気性のよい素材である天竺(てんじく)があります。その天竺を2枚貼り合わせた生地が「接結天竺」です。2枚貼り合わせてあるため、間の層に空気を含んで暖かく、それでいて通気性がよいという素材です。

天竺1枚のものでは肌寒く感じますが、接結天竺にすることで、さらっとした中に暖かさも得られます。9月生まれの赤ちゃんでも、手元にあると便利な肌着なのではないでしょうか。

気温によって、接結天竺の短肌着の上にコンビ肌着や長肌着または、ベビードレスなどを着せて体温調節をしてあげるようにしましょう。また、秋だけでなく冬の肌着としても使える素材ですから、11月生まれの赤ちゃんでも使うことができます。

厚め生地のスムースは秋から冬の定番

スムースは天竺などに比べ、見た目だけでも分かるほど目が詰まっており、厚手です。肌触りも柔らかく暖かい素材で、保湿性にも優れ、秋から冬向きに売られている素材です。10月後半以降から着せることが多くなるのではないでしょうか。

またほかにもスムースには、スムース起毛という素材もあります。スムース起毛は、厚手の起毛素材になっています。冬に適した素材で、着た瞬間にブルっと震えるような冷たさや寒さを感じないのが特徴です。

スムースの短肌着も上にコンビ肌着や長肌着、ベビードレスを重ね着することになります。秋後半以降生まれの赤ちゃんには、適した素材の肌着となるでしょう。

また、サイズは60cmを用意しておくと冬にも着せることができそうですね。

一年中使えるのはフライス素材

赤ちゃんの肌着の素材の中で一番有名で、通年で使えるのがフライス素材でしょう。最近では、家庭でも1日中、冷房をかけたままにしていることを考えると、夏も天竺やガーゼなどではなくフライス素材の肌着で過ごす赤ちゃんも多いかもしれませんね。

フライス素材は、伸縮性が高く、手触りも肌触りも柔らかです。そのほかにも通気性、保温性、吸汗性ともに優れています。スムース素材やパイルよりも薄く、天竺やガーゼよりも厚手です。木綿でできており、リブ編みとなっています。

フライス素材は一年を通して使えることもあり、お店で売られている種類も豊富です。季節を問わず使用できるため重宝する肌着ですから、用意しておきたい肌着の一つではないでしょうか。

肌着の着せ方とシーン別調節方法

基本の組み合わせは【短肌着にコンビ肌着】

新生児は布団の中で寝ているだけといっても、短肌着や長肌着1枚での秋は寒いですね。とくに体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、すぐに外気温に影響を受けてしまいます。短肌着とおむつという姿は、大人がパンツとシャツで寝ているようなものです。

赤ちゃんの基本の服装は、短肌着とコンビ肌着となります。おじいちゃん、おばあちゃん世代では短肌着と長肌着が多かったかもしれませんが、現在ではそれに代わり、股下にスナップがついているコンビ肌着が主流となっています。

長肌着はコンビ肌着に比べ、着られる期間が短いといわれています。それは、赤ちゃんが足を動かすようになるとはだけてしまうからです。その点、スナップがついているコンビ肌着は、はだける心配がありません。

外では上着や靴下で調節しよう

家では布団の中にいるため、靴下は履かせなくてよいと指導されるでしょう。これは、秋冬生まれの赤ちゃんも同じです。手袋や靴下を履かせて布団に寝かせると、熱を発散させる部分を覆っていることになり、赤ちゃんの熱が上がってしまう結果になります。

しかし外は寒いですから、はだしでは冷えてしまいます。そこで、外出のときは靴下を履かせましょう。服も短肌着とコンビ肌着では寒いですから、ツーウェイオールやカバーオールなどを着せます。気温や風の強さによっては、おくるみや上着を着せてあげるようにしましょう。

9月ごろはまだ、暑さが厳しい日もありますから、あくまで気温や気象などに応じて臨機応変に対応できるように、準備しておくとよいですよ。

寝るときはスリーパーを使っても

毛布と布団もよいですが、赤ちゃんや小さい子どもにはスリーパーが大変役立ちます。寝ている赤ちゃんのおむつ替えをするときに布団だけだと、掛けているものをはぎ取らなければなりません。すると、せっかく暖かい状態で眠っていた赤ちゃんが目覚めてしまいます。

少しでも回避するために、スリーパーは最適です。足元が開いていますので、着せたままでおむつ替えができます。また授乳のときも着せたまま、できるのもよいですね。

赤ちゃんにおすすめの素材は、綿毛布素材です。綿なので、保温性・吸汗性・肌触りのよさが揃っており、安心して使うことができます。

また、スナップタイプとチャックタイプがありますが、おむつ替えを考えると月齢が低い間はスナップがおすすめです。

着せ過ぎ注意!赤ちゃんが快適かを知る方法

手足が冷たくてもお腹が温かければ快適

赤ちゃんが眠っている姿を想像できるでしょうか?多くの赤ちゃんは布団から手を出し、頭の横の位置あたりに置いているでしょう。

手が外に出ていれば、冷たくなっても不思議ではありません。しかし、手足が冷たいから即、温めてあげないといけないと考えるのは短絡的です。手は冷たくても、身体やお腹、おしりが温かければ、寒いわけでも、冷えているわけでもありません。

手足が冷たいからと、手袋や靴下を履かせたり、室温を上げたり、布団を増やしたりし過ぎないようにしましょう。逆に体温が上がってくると、新陳代謝を阻害する原因となります。

室内の適温は、夏は25~27℃、冬は18~22℃くらいです。服の枚数、布団、室温などを加味して、体温を調節してあげましょう。

赤ちゃんの「暑い」「寒い」の見分け方

室温は適切になのに赤ちゃんが寒がっていたり、暑がっていたりすることもあります。それでは、そのチェックはどのようにすればよいのでしょうか?

寒いときは、顔や唇が青白くなっている、手足が冷えてお腹やおしりが冷たい状態が考えられます。また、寒いと危険回避のため泣いて自分の体温を上げようとします。このシグナルもきちんと受け取りましょう。

暑い反応は、手足や身体に汗をかく、泣き出すことです。赤ちゃんは、寒さより暑さに弱いといわれており、夏の高い気温で体温が上昇してしまいます。

また近年では、寒そうだからと室内を暖め過ぎると乳幼児突然死症候群の原因となることが発表されています。赤ちゃんの様子を見て、室温、着るものなどを調整しましょう。

着せ過ぎによる熱中症に気をつけよう

赤ちゃんは、外気温に体温が左右されるとともに重ね着の量、素材、布団の掛け過ぎなどにも影響を受けます。服を着せ過ぎると、汗を多くかきます。汗をかくと、体内の水分不足で体温も上がります。

このことから、夏の外気温だけでなく、冬の間の着せ過ぎも赤ちゃんの発汗量や発熱に関係してくるということです。寒いからといって、室温を上げたうえに多く着せて、布団も掛けるということのないように注意しましょう。

また、1歳までの赤ちゃんの平熱の平均体温は、36.5~37.5℃です。平均の範囲でも1℃も差があることから、元気なときに体温を測定し、我が子の平熱を把握しておくようにしましょう。起きたとき、午前と午後、夜の4回に測り、確認しておきます。

まとめ

赤ちゃんが生まれる準備をしていると、服だけでも色々なものが必要だと分かりますが「何枚くらい用意すればよいの?」「種類が多くてどれがよいか分からない」というママも多いでしょう。

赤ちゃんはすぐに大きくなりますから、あまりたくさんの枚数を用意しても着ることなく終わってしまいます。赤ちゃんが生まれることはおめでたく、嬉しい出来ごとですからあれもこれもとなりがちですが、買い過ぎないように気をつけましょう。

秋生まれの赤ちゃんは、すぐに寒い冬もやってきます。それも考慮に入れて準備物を決めましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018