就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

洗顔でいちご鼻を改善しよう!具体的な洗顔やお手入れの方法

洗顔でいちご鼻を改善しよう!具体的な洗顔やお手入れの方法

いちご鼻を見ると、頻繁に洗顔したり毛穴パックに頼ったりしがちですが、間違ったケアはいちご鼻を悪化させる原因になります。正しいケアをするために、まずはいちご鼻の原因を知ることが大切です。ここでは、いちご鼻の原因や悩みを解消するための具体的な洗顔やお手入れの方法をご紹介します。

いちご鼻の特徴や主な原因とは?

いちご鼻は毛穴の詰まりが酸化した状態

肌の表面に溜まった古い角質や分泌された皮脂、メイク汚れなどが混ざり合い固まると毛穴を塞ぐ角栓となります。正常な肌の場合は、角栓ができても自然と排出されるため問題ありません。ただ、代謝が悪かったり洗顔が不十分だったりすると、少しずつ大きくなって詰まり、毛穴を広げます。

「洗顔したばかりなのにどうして鼻に白いブツブツが残っているのだろう」と思った経験はありませんか。皮脂の分泌が多い鼻は特に角栓が発生しやすいからでしょう。毛穴に詰まった角栓が残ったままの状態が続くと酸化し、黒っぽくなっていちご鼻となります。

毛穴を目立ちにくくするには適切なケアの積み重ねが大切です。いちご鼻になっても焦らず少しずつ改善していきましょう。

原因は乾燥と過剰な皮脂の分泌

いちご鼻の大きな原因の一つは乾燥と過剰な皮脂の分泌です。乾燥と皮脂というと反対の症状のようにも思えますが、この二つには関係があります。

肌が乾燥すると、角質層の水分量が少なくなっている状態です。表面がカサカサになって、白い粉をふいたようになったり手で触れるとザラザラとした感触があったりしますが、皮脂でべたつくようなことはありませんよね。

しかし、乾燥した状態が続くと、体が乾燥を抑えるためにたくさんの皮脂を分泌するようになるのです。「乾燥肌なのにTゾーンだけはなぜかべたつくことが多くて困る」というママは、乾燥が原因でべたついていると考えられます。いちご鼻の改善には乾燥を予防することが大切です。

肌の代謝の低下が原因にもなる

肌は定期的な周期で代謝を繰り返すことで新しい肌を作り出し肌の健康を保っていますが、代謝が低下すると古い角質が排出されず肌に残ってしまうため、皮脂と混ざり合って固くなり毛穴が広がりやすくなります。

特に鼻は、顔のほかの部分に比べて皮脂腺の働きが活発で、新陳代謝が乱れやすいです。また、残った古い角質と皮脂が混ざり合って固くなると角栓となり、毛穴の奥に入って毛穴を塞ぎます。広がった毛穴が影となっていちご鼻に見える場合もあるようです。

角栓を取り除いても広がった毛穴はすぐにもとの状態には戻りませんし、その間にまた毛穴が詰まることもあります。肌が乾燥していると弾力がなく、いちご鼻を繰り返しやすいです。

いちご鼻を改善するための洗顔方法

洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開く

毛穴に詰まった角栓を指で押し出したり、毛穴パックシートで無理に剥がしたりすると肌への負担になりますし、毛穴の広がりを悪化させる原因になります。いちご鼻の改善のために、まずは洗顔の仕方を工夫してみましょう。

肌への負担を抑えてやさしく毛穴の汚れを取り除くには、洗顔前に蒸しタオルを使うとよいですよ。蒸しタオルで顔を温めることによって血流がよくなり肌の代謝が活発になるので、角栓や汚れが排出されやすくなります。また、毛穴が開くのでゴシゴシ擦って洗顔しなくても落としやすくなるのです。

蒸しタオルはお湯で濡らして軽く絞ったタオルをラップで包み、レンジで約30秒加熱すれば簡単に作れますよ。タオルが熱過ぎると肌への刺激になりますので注意してくださいね。

しっかりと石鹸を泡立て優しく洗う

肌を擦るのは負担になると分かっていても、毛穴の汚れが気になるとゴシゴシと力を入れて洗顔したくなりますよね。しかし、そこは我慢して、しっかりと石鹸を泡立てて優しく洗いましょう。

しっかりと泡立てた状態で洗うことで、直接手が肌に触れることなく洗えるので摩擦による負担があまりかかりません。肌の表面で泡の弾力を利用してクルクルと円を描くように洗います。汚れが溜まりやすい小鼻の周りは泡が奥までしっかり届くようにしてくださいね。

手のひらの上で石鹸を泡立てるときは、少しずつお水を加えながら反対の手の指先で空気を巻き込むように混ぜるとうまく泡立てられますよ。難しい場合は、泡立てネットを活用すると簡単です。

ぬるま湯できちんと洗い流す

洗顔の仕上げはぬるま湯できちんと洗い流すことがポイントです。冷たいお水だと血行が悪くなりますし、お湯の温度が高いと肌に必要な皮脂まで流してしまって乾燥の原因になります。

ぬるま湯といわれても人それぞれ感じ方が違いますよね。だいたい32~33℃にするとよいでしょう。体温より少し低いぐらいですので、手で触れたときに「ぬるい」と感じる程度です。

手で擦らないように、両手のひらに溜めたぬるま湯を顔に優しくかけましょう。2~3回ではきれいに流しきれませんので、20回以上は繰り返し流すことをおすすめします。また、洗顔は朝と夜の1日2回で、かなりの脂性肌でなければ、朝は洗顔料を使わずぬるま湯で流すだけで十分です。

ママが洗顔以外にいちご鼻をケアする方法

肌の代謝を高める保湿ケアをする

肌の代謝が乱れるといちご鼻の悩みだけでなく、くすみやハリ不足などの肌トラブルにも悩まされることが多くなります。しっかりとした保湿ケアで肌の代謝を高めて色々な肌トラブルを改善しましょう。

洗顔後の肌は、皮脂や汚れが取り除かれた無防備な状態です。「ちょっとほかの用事をしてからケアしよう」と思っていると乾燥が進んでしまいます。また、毛穴が開いた状態で化粧水が浸透しやすいタイミングですので、洗顔後は素早く保湿ケアをするのが効果的です。

化粧水はたっぷり使ったからといって肌の水分量がアップするわけでもありませんので、少量を数回に分けて肌の状態を確認しながらなじませてくださいね。

最後は、肌に浸透した水分を閉じ込めるように乳液やクリームで仕上げましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC