就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

電車で子どもが号泣しないか心配!泣いたときの対応と事前の対策とは

電車で子どもが号泣しないか心配!泣いたときの対応と事前の対策とは

子どもと一緒に電車に乗って移動することがあるママは「電車で子どもが泣かないか心配」「電車で子どもがぐずったときどのように対応すればよいの?」など、子どもと電車に乗ることに不安を抱えている方も多いでしょう。ここでは、子どもが電車で泣いたときの対応の仕方や、電車に乗る前にできることなどをご紹介します。

電車で子どもが号泣したときの対応は?

抱っこして落ち着かせる

電車で子どもが泣き始めたとき、ママは早く泣き止ませようと必死になりますよね。しかし、ママが焦れば焦るほど、子どもが大泣きしてしまうことも…。

電車で子どもが泣いたときは、抱っこして子どもを落ち着かせてあげましょう。とくに、ベビーカーに乗せている場合、ママとの距離が遠いので不安で泣いている子も多いです。抱っこしてあげると、ほとんどの子は安心して泣き止むでしょう。

電車のなかで子どもが泣くとママは焦るかもしれませんが、ママが焦ってしまうと子どもも不安な気持ちになり、余計に泣くこともあります。まずはママが落ち着いて子どもを優しく抱っこしてあげてくださいね。抱っこしながら優しく話しかけてあげましょう。

おもちゃやスマホであやす

電車のなかが混雑しているときは、子どもが泣きだしても抱っこできないことがありますよね。また、抱っこしても子どもの機嫌が悪いときもあるでしょう。そのようなときは、おもちゃやスマホなどを活用して、あやしてあげるとよいですよ。

おもちゃは子どものお気に入りのものをかばんに入れておき、ぐずったときに見せてあげるとよいでしょう。電車に乗る前からおもちゃで遊ばせると飽きてしまうので、ぐずったときにだけおもちゃを活用してみてくださいね。

また、スマホの子ども用アプリで動画などを見せるのも効果的です。しかし、電車にはたくさんの人が乗っているので、スマホを見せるとほかの人の迷惑になることもあります。スマホを活用するときは音量を小さくして見せるようにしましょう。

電車を途中下車して気分転換もあり

電車で子どもが泣き始めたとき、抱っこをしたりおもちゃやスマホであやしたりしても、なかなか泣き止まないこともありますよね。そのようなときは、途中下車して子どもと一緒に気分転換したほうがよいかもしれません。

電車のなかでずっと泣かれるとほかの人に気を遣うので、ママがストレスを感じてしまうこともありますよね。ママがイライラすると子どもは余計に泣くことが多いので、ママがリフレッシュするためにも途中下車してもよいでしょう。

途中下車したときは、おむつ交換や授乳をするのもよいですし、おやつやジュースタイムをとって休憩するのもよいでしょう。外の空気を吸って少しお散歩するだけでも気分転換できるので、子どもの機嫌が回復するとよいですね。

電車で子どもが号泣しないための事前対策

おむつ替えや授乳を済ませておく

電車で子どもと移動するときは、車移動のときのように自分の好きなタイミングで子どものお世話ができません。おむつが汚れていたり、お腹が空いていたりすると、子どもの機嫌が悪くなって泣き始めるので、おむつ交換や授乳は事前に済ませておきましょう。

子どもは、おむつが汚れているときとお腹が空いているときは、ママが抱っこしてあやしても「今はそれじゃない!」とでもいうように、ギャン泣きする子が多いですよね。おむつ交換や授乳をしないと泣き止まないので、電車に乗っていても途中下車するしかありません。

途中下車しておむつ交換や授乳ができるスペースを探すのは大変なので、電車に乗る前に子どものお世話を済ませておき、ご機嫌な状態で電車に乗るのが理想ですよ。

眠くなる時間を見計らう

電車移動のときに子どもがぐっすり眠ってくれていると、ママは安心して電車に乗ることができますよね。子どもの眠くなる時間が大体決まっているという方は、なるべく眠くなる時間を見計らって電車に乗るとよいでしょう。

先輩ママの話では、実家によく遊びに行くそうですが、実家に行くまでに電車に30分くらい乗らないといけないそうです。子どもが起きている時間に乗ると30分でも退屈して泣きだすので、子どもの眠くなる時間に電車に乗るようにしたと話してくれました。

お昼寝タイムにあわせると、電車の揺れが心地よいのかベビーカーでぐっすり寝てくれるそうなので、電車移動が快適になったといいます。電車を活用する方は、1度試してみるとよいでしょう。

ルートをいくつか調べておく

「子どもと電車で◯◯に行きたい」と思っていても、子どもが車内で大泣きすると途中下車するしかありませんよね。子どもが泣きだしても焦らずに済むように電車移動だけでなく、いくつかルートを調べておくと安心ですよ。

たとえば、「電車で泣き始めた場合は、◯◯駅で途中下車してバスに乗る」「電車に乗るのを嫌がって泣いたときは、◯◯までタクシー移動しよう」など、いくつかのルートを調べておきます。そうすると、子どもが泣いたときもスムーズにルート変更ができますよね。

また、電車移動のルートがいくつかある場合は、乗り換えが少なく早く目的地につくルートを選びましょう。乗り換えは子どもに負担がかかりますし、長時間の電車移動は子どもが退屈して泣くことが多いですよ。

子どもと電車に乗るときに注意すること

ラッシュの時間帯はなるべく避ける

子どもと電車に乗るときは、ラッシュの時間帯を避けて乗ることが大切です。満員電車の車内では、大人でも立っているのが大変ですよね。満員電車ではママも自由に動くことができないので、子どもの安全を確保することが難しくなります。

また、ベビーカーで満員電車に乗るのは乗っている子どもが危ないですし、子どもと一緒にお出かけするときは荷物が多いので、ママにもかなりの負担がかかります。子どもの安全確保とママの負担を減らすためにも、ラッシュの時間帯は避けたほうが安心ですよ。

ラッシュの時間帯は朝だけだと思いがちですが、仕事帰りの人で混み合う17~20時くらいも避けたほうがよい時間帯です。昼間の空いている時間に人の少ない車両を選ぶとよいですよ。

ベビーカーはマナーを守って乗車しよう

子どもと一緒に電車に乗るときは、荷物なども多くて大変ですよね。ベビーカーは荷物も乗せることができるので、ベビーカーに子どもや荷物を乗せて移動するママも多いでしょう。電車移動でベビーカーを活用するときは、マナーを守って乗車することが大切です。

まず、車両によってはベビーカー禁止のマークがついているところもあります。ベビーカー禁止のマークがないかを乗車する前にチェックするとよいですよ。また、電車にはたくさんの人が乗っているので、ほかの人にベビーカーをぶつけないように操作に気をつけましょう。

ストッパーをかけておくとベビーカーが移動しないので安心ですが、念のため手を離さないようにしておくと安心ですよ。

さりげなく周囲に降車駅を伝えると安心

ママが頑張ってあやしても、子どもが電車のなかで泣いてしまうこともあるでしょう。子どもが電車で泣き始めると「電車なんだから静かにしなさい」「ほかの人に迷惑でしょう」など、ママは怒ってしまいがちですが、ママがイライラすると逆に子どもが泣き止まないことも多いです。

電車で泣いている子どもには「◯◯駅までもう少しだから頑張ろうね」「◯◯駅で降りるよ。あと◯駅だけ待ってね」などと子どもに話しかけながら、周囲に降車駅を伝えておくと周りの方も安心するでしょう。

また、「◯◯駅についたらおやつを買おうか」などと、電車に乗ったあとは楽しいことが待っていることを、子どもに想像させる方法もよいですよ。ママと一緒に楽しいお話をしているあいだに駅につくかもしれませんね。

まとめ

子どもとの電車移動は、車移動とは違って子どもに泣かれるとほかの方の迷惑になるので、「電車に乗るのが不安」というママも多いですよね。電車に乗るときは、子どもがなるべくご機嫌ですごせるような工夫をすることが大切でしょう。

何をしても泣き止まないこともありますが、そのようなときは無理に電車移動をせずにほかの交通手段を考えることも大切です。電車に乗っているあいだは優しく子どもに話しかけて、景色を見るなどして電車移動を楽しめるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018