就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生理で仕事がつらい!休むためのいい方を工夫して身体を大切に

生理で仕事がつらい!休むためのいい方を工夫して身体を大切に

毎月やってくる生理、憂鬱ですよね。生理痛がつらいのに、なかなか会社を休めず頑張っているというママも多いのではないでしょうか。しかし、生理痛は法律で決められている正当な欠勤理由なのです。会社を休むための伝え方を工夫して、無理をせず生理と付き合っていきましょう。

女性にしかわからない生理中の症状

腹痛に頭痛、腰痛と人によってさまざま

生理痛には個人差があり、それほど気にならない人から、日常生活に支障をきたすほど症状が重い人までさまざまです。

主な症状としては、腹痛、頭痛、腰痛、吐き気などですが、それらの症状が一つだけという人もいれば、複数の症状が現れるという人もいます。

症状だけでなく、症状が出る時期も異なります。多くの場合は、生理が始まった日から3日目くらいの間に起こるようですが、生理痛ではなく生理前に起こる月経前症候群(PMS)のほうがつらいという人も珍しくありません。

しかし、生理痛や月経前症候群は、実際に体験した人でなければつらさを理解することが難しいため、症状が軽い人や男性などには、どんなに説明してもなかなかわかってもらえないことも多いようです。

貧血になると集中力も落ちる

生理による出血で鉄分が失われることで、鉄欠乏性貧血になることもあります。過度なダイエットをしている人、偏った食生活をしている人、運動不足の人などは、とくに貧血になりやすいので注意が必要です。

貧血になると体内が酸素不足になり、めまいや息切れ、耳鳴りといった症状が現れる原因になります。集中力、持久力、記憶力なども落ちるので、とくに生理痛の自覚症状がないという人でも、普段より失敗することが増えてしまったり、仕事がはかどらなかったりすることもあるのです。

生理中は憂鬱になることも多いですが、家事や仕事まで思うようにいかなくなることで、さらに気分が落ち込んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

生理中のイライラは家族にも心配をかける

生理中は身体的な症状だけでなく、精神的な症状に悩まされることもあります。ちょっとしたことでイライラしたり、わけもなく悲しくなったりするなど、精神的に不安定になるということも、生理中の症状の特徴の一つなのです。

生理痛がつらいと感じても、仕事も家事も育児も休むわけにはいかず、頑張ってしまうママもたくさんいます。しかし、頑張りすぎるとイライラも増します。

イライラを抑えて普段どおりに過ごそうと思っても、難しいこともありますよね。そんなママへの接し方がわからず、悩んだり心配したりしてしまう家族も少なくないようです。

つらいときには仕事も家事も休めるものは休み、無理をしないことが1番です。パパにも積極的にお手伝いをお願いしましょう。

生理で仕事を休んでもよいの?

約半数の女性は生理で休んだことがある

「生理は病気ではないから仕事を休むわけにはいかない」と考えているママもいるかもしれませんが、ある調査結果によると、約半数近くの女性が生理痛で仕事を休んだ経験があるのだそうです。

多くの女性たちがそのような経験をしていることがわかると、生理痛がひどいときには仕事を休む、という判断もやむを得ないものだと考えられるようになるかもしれません。

風邪であっても、生理痛であっても、体調が悪いことに変わりはありません。市販の薬を飲んでも、症状が治まらない場合もあるでしょう。

なかなか「休みたい」といい出せず、休みたくても休めずにこれまで頑張ってきたという人も、つらいときには罪悪感など抱かずに仕事を休むという選択をしてみてはいかがでしょうか。

労働基準法で定められている「生理休暇」

生理痛がひどく、仕事に支障をきたすような場合には、生理休暇を申請することもできます。

労働基準法第68条には、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と記載されており、労働者であれば雇用形態を問わずに取得することができる、女性のための制度が定められています。診断書など証明書類の提出も基本的には必要ありません。

生理休暇に日数の上限はありませんが、生理休暇で休んだ日に対して、給与を支給するかしないかは、会社ごとに決めることができます。有給になるか無給なのか、または有給となる日数の上限が定められていないかどうか、就業規則などで事前に確認しておくとよいかもしれませんね。

生理中は免疫力が落ちるので無理をしない

生理中は、ホルモンバランスが崩れるといわれていますが、それとともに免疫力が落ちる時期でもあります。

生理中に、よく熱っぽくなるという人はいませんか?これは、免疫力が落ちて風邪をひいている状態と考えられます。

生理前に血液循環が悪くなることで内臓などの器官が弱ったり、出血によって鉄分が不足したりすることで免疫力が低下し、風邪をひきやすくなるのです。

風邪だけではありません。そのほかの感染症にかかる危険性も高まります。

普段なら少しくらい無理をしても、なんということはないと感じている人でも、風邪などの症状が長引いたり、重症化してしまったりすることもあるので、体調管理にはいつも以上に気をつける必要があります。

生理で休みたいときはどうやって伝える?

正直に生理痛がひどいことを伝えてみよう

では、生理で仕事を休みたいときには、会社にどのように伝えればよいのでしょうか。

可能であれば、正直に生理痛がひどいことを伝えてみましょう。その際、「腹痛がひどい」「吐き気がひどい」など、詳しい症状も一緒に伝えるとよいかもしれませんね。

正直に欠勤理由が生理痛だと伝えることができれば、生理休暇を申請できますし、たとえ毎月のように休むことになったとしても、理解してもらいやすいのではないでしょうか。

最近では、男性であっても「生理痛の症状が重い人がいる」という認知が進んできています。きちんと労働基準法にも定められている、正当な欠勤理由になるので、伝える相手が女性、男性どちらであっても曖昧にせず伝えてみましょう。

伝える相手に合わせて症状のみを伝えても

とはいえ、生理痛がひどいことを正直に伝えたほうがよいと思っていても、伝える相手によっては、なかなかいいだせない、いいたくないということもありますよね。

そのような場合には、症状だけを伝えるという方法もあります。

腹痛がひどいこと、またそれ以外の症状もあるのであればその症状についても一緒に伝えてみましょう。「腹痛」というワードを出すことで、なんとなく察してくれる上司や同僚も少なくありません。

もし、許可してもらえないような場合には、生理痛だと伝えられそうな、ほかの上司や管理者と話をさせてもらいましょう。

生理休暇を申請したいのであれば、後日出勤した際に担当者と直接話をして、申請処理を進めてもらうとよいでしょう。

毎月休む場合は診断書で治療中のアピールを

毎月のように、生理痛がひどく会社を休むという場合には、一度産婦人科を受診してみましょう。

なんらかの病気が原因で生理痛がひどいこともあります。また、病気が原因ではなかった場合でも、きちんと治療することで、生理痛の症状を和らげることができるかもしれません。

それに、診断書を会社に提出し、きちんと治療をしていることを証明しておけば、休みにくいと感じることも少なくなるでしょう。

欠勤が増えるようであれば、業務に支障をきたしたり、ほかの人に迷惑をかけたりしないよう、事前に上司に相談しておくことも大切です。あらかじめ相談しておけば、仕事面で配慮してくれる可能性がありますし、よいアドバイスを聞くこともできるかもしれません。

まとめ

生理痛の症状の重さやつらさは、本人にしかわからないものなので、だれかに伝えることは難しいと感じるかもしれませんね。

しかし、ホルモンバランスが崩れ、免疫力も落ちている生理中に無理をすれば、さらに体調を崩してしまったり、パパや子どもたちに心配をかけてしまったりする原因にもなります。

生理は毎月やってくるものです。うまく付き合っていくためにも、生理休暇を利用してゆっくりと体を休める時間を作ってみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR