就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

雨ざらしに強いママチャリを選ぼう!サビを防いで安全に長く使う方法

雨ざらしに強いママチャリを選ぼう!サビを防いで安全に長く使う方法

子どもが小さいうちはママチャリがあると助かりますよね。ベビーカーに比べると行動範囲がぐっと広がり、車よりも小回りがきいて便利です。でも決して安いものではないので、長く安全に乗りたいですよね。今回はそんなママチャリの雨対策についてご紹介します。

ママチャリを雨ざらしにしたらどうなる?

1~3年で寿命を迎えてしまう

保育園や幼稚園の送り迎えなどで毎日のようにママチャリに乗っているママも多いと思いますが、自転車の寿命について考えたことはありますか?

子どものころは自転車の寿命がくる前にサイズが合わなくなることが多いですよね。大人になってからはタイヤのパンクを機に安い自転車に買いかえるという人もいます。

自転車の寿命は一般的に10年ほどといわれていますが、使い方や保管場所、メンテナンス次第で大きく変わります。

定期的に部品交換をしながら丁寧に乗っていれば、20年以上安全に乗ることもできるといわれています。でも、いつも雨ざらしになるような場所に自転車を保管していたら、最悪の場合は1年、長くても3年ほどで乗れなくなってしまうこともあるのです。

雨と紫外線でパーツの傷みが早くなる

自転車はほとんどのパーツが金属とゴムでできています。金属もゴムも、雨などで濡れたままの状態が長いとあっという間に劣化が進んでしまいます。

金属は一部でも錆びるとサビが全体に広がっていきますし、ゴムは濡れている時間が長いとひび割れてしまったり穴が開いてしまったりします。

そして、直射日光による紫外線も自転車を早く劣化させる原因になります。ゴム製のタイヤは劣化を遅らせるために光をさえぎる黒色になっていますが、それでも自転車の保管場所に屋根がなければ、屋根があるところに保管されている自転車に比べると紫外線によるタイヤの傷みは早くなってしまうのです。

また、錆びたり紫外線で色あせたりした自転車は、古びた印象が強くなってしまいますよ。

半年~1年でグリスが流れて異音が発生する

機械や自転車にも使われてる「グリス」というものを知っていますか?グリスとは油のようなもので、機械の動きを滑らかにするために使われています。油よりもねばねばしていて、常温では水あめのような半固体のものが多いです。

自転車には、チェーンやホイール、車軸などいろいろな箇所にグリスなどの油が塗られています。金属どうしの摩擦を減らして動きを滑らかにするだけではなく、油の膜を作ってサビを防止する効果もあるのです。

このグリスも雨で少しずつ流されてしまうので、雨ざらしの環境で自転車を保管すると、半年~1年ほどで車軸やペダルの付け根のところから異音がするようになってしまいます。

グリスの詰め替えは高額なので、できるだけ長持ちさせたいですね。

雨ざらしに強いママチャリの選び方

ステンレスやアルミパーツを使っているもの

金属とゴムでできている自転車が雨などで濡れることに弱いというのはご紹介しましたが、通勤や通園の送り迎えなど、どうしても雨の日でも自転車に乗らなければならない場合もありますよね。

タイヤは残念ながら今のところゴム製のものしかありませんが、フレームなどの金属でできているパーツは錆びにくい素材を選ぶことができます。金属の中でも、ステンレスやアルミは錆びにくいのでおすすめです。

ホームセンターなどで1万円前後で売られているママチャリは、金属の部分がスチールでできているものが多いです。スチール製の自転車は低価格なのが嬉しいのですが、錆びやすくて重たいという特徴もあります。

ママチャリを選ぶときは、ぜひ素材もチェックしてくださいね。

子どもが一緒でも安心!雨に強いブレーキ

自転車のブレーキには3種類あり、車軸の動きを止める方法が違います。

◆ドラムブレーキ…一般的なブレーキで低価格ですが、ベルトが劣化すると異音が気になります。
◆Vブレーキ...止まり具合がとてもよく、スポーツ自転車によく使われています。
◆ローラーブレーキ...車軸の動きを内側から止める構造で雨に強く、異音も発生しにくいです。

それぞれのブレーキの特徴を見てみると、子どもと一緒に乗ることが多いママチャリにおすすめなのは、雨に強いローラーブレーキです。

雨の日は道路が滑りやすくなっていて危ないですし、子どもを乗せて全体の重さが重くなるほどブレーキの効きは悪くなるので、しっかり止まれるブレーキを選んで安全運転してくださいね。

サビや汚れが防げるチェーンカバー付き

自転車の金属パーツで、錆びて劣化してしまうと一番困るのがチェーンです。チェーンのサビは洋服などが汚れてしまうだけでなく、最悪の場合チェーンが外れる原因となってとても危ないです。

チェーンをサビや汚れから守るために、ほとんどのママチャリにチェーンカバーがついています。カバーには、チェーン全体を包み込んでいるフルカバーと、チェーンの片面だけを覆っているものがあります。

フルカバーは雨からチェーンを守ってくれるので、自転車の保管場所に屋根がない場合には特におすすめです。しかし電動アシストの自転車は構造の都合で片面だけのカバーになっています。片面だけでもチェーンが濡れると錆びてしまうので、メンテナンスを忘れずに安全に乗ってくださいね。

雨ざらしのママチャリをサビから守る方法

雨の日は自転車にカバーをかける

大切なママチャリを雨ざらしにしてはいけないことは、しっかりお伝えできたと思いますが、どうしても屋根や壁がある場所に自転車を保管できない場合もあると思います。

そんなときには自転車用のカバーをかけることをおすすめします。カバーにもいろいろな種類がありますが、選ぶときのポイントがあります。

◆素材の強度
◆風などで吹き飛ばされないように対策がしてあるか
◆チャイルドシートまで入る大きさか

この三つのポイントに気をつけてちょうどよいカバーを見つけたら、カバーはできるだけピンと張ってたるまないようにかけてくださいね。

駐輪場所に屋根はないけど広さは余裕があるという場合には、ポップアップで開くカバーや、サイクルガレージが便利ですよ。

外出先ではなるべく屋根のあるところに

家では屋根がある場所に駐輪しているけど、外出先ではあまり屋根など気にせず駐輪しているという人も多いと思います。雨の日はもちろん、天気がよい日でも紫外線から自転車を守るため、できるだけ屋根があるところに駐輪するようにしてくださいね。

通勤先や駅の駐輪場によっては、どうしても雨ざらしになってしまうということもあると思います。勤務中の数時間であっても、毎日のように自転車が雨にうたれ続けたり、直射日光にあたり続けたりすると自転車の寿命を縮めてしまうことになります。

外出先で屋根がある場所に自転車を止められない場合にも、自転車用のカバーがおすすめです。コンパクトにたためるカバーもたくさんありますので、ぜひ活用してくださいね。

雨に濡れたあとは拭き掃除して注油する

どんなに雨対策をしても、自転車が濡れてしまうことは必ずありますよね。もしも自転車が濡れてしまっても、拭き掃除をして水分を取り除くことで自転車の劣化を防ぐことができます。

サビは、水分と空気中の酸素が金属と結合することで発生します。また、ゴムの劣化はゴムが長い時間水と触れていると分解されていくことで起こります。金属のサビも、ゴムの劣化も雨で濡れている時間が短くなるほど防ぐことができるのです。

雨の日の子どもの送り迎えなどは、ママもびしょ濡れになってしまうのでとても疲れますよね。家に着いたら、着替えたりお風呂に入ったりして忙しいですが、少し落ち着いたら自転車も拭いてあげてください。余裕があれば油もさしてあげてくださいね。

まとめ

ママチャリの雨対策についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

自転車がこんなに雨に弱いなんて知らなかったママも多いのではないでしょうか。通勤通学時間になると、3人乗りの電動アシスト自転車に乗っているママたちを見かけることもますよね。

子どもを乗せているとバランスを崩しやすく不安定になりやすいので、雨の日でも安全に乗れる自転車を選んでくださいね。少しでも長く乗れるように、雨や紫外線の対策と定期的なメンテナンスも忘れずにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj