就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳になったら計画的に卒乳を。その方法と気を付けたい点

2歳になったら計画的に卒乳を。その方法と気を付けたい点

2歳も過ぎて、そろそろ次の妊娠を希望したり、職場復帰をしなければいけなかったりというママもいるのではないでしょうか。卒乳をしたいと思っていても、まず何をすればいいのか迷ってしまいますよね。卒乳するにあたって、まず何をすればいいのか、どのように進めて、何に注意すればよいのかを紹介します。

計画的に卒乳するための三つの手順

「おっぱいやめようね」と話しておく

2歳のころになると、ママのいうことがわかる子どもも多いと思います。かんたんな単語だけで伝えてみましょう。「パイパイないないね〜」や「バイバイしてみようね」と話してみるといいと思います。

いわれたからとすぐやめられるものではありませんが、言葉にすることが必要です。子どもだからいっても無駄と思わず、いわなければならないのです。大切なのは、毎日続けることです。昨日いったことでも、今日いわなければ忘れてしまうのが2歳児というものです。

カレンダーなどを見せながら、一緒に確認をするのもおすすめです。「2さいの誕生日でバイバイするよ」というような、子どもにもわかりやすい具体的な日にちを決めてみましょう。

少しずつ回数と量を減らしていく

これまで子どもにとって大事な「安心」のもとであった「おっぱい」が突然なくなったら、不安を抱えたまま解消できないのでグズグズと不機嫌が続くことがあります。突然「ぜったいにダメ」というようなやり方は子どもにもママにもストレスが大きいです。

いままでは「いつでも飲める」でしたが、「決まった時間だけ飲める」ということにして少しずつ回数と量を減らしていきましょう。例えば、外では飲ませないと決めたり、眠くなるときだけと決めてみることもいいと思います。おっぱいがなくなると水分が不足しがちではあるので、お茶や白湯を与えましょう。

泣く子を前にしてママも辛いかもしれません。卒乳は、ママと子どもが一緒にがんばって「卒業」するものなのです。

1日の中でおっぱいなしの時間を作る

卒乳を始めたばかりはすぐにおっぱいのことを思い出し、しょっちゅう欲しがって泣くものです。ぐずるからといってあげていると、いつまでも卒乳できません。おっぱいのことを考えさせないように、することをたくさん与えて忙しくするのも一つの手です。

「今はご飯を食べる時間」「今はお風呂に入る時間」というように、今の時間は何をするのかを教えてあげましょう。おっぱいの時間ではないことをはっきり伝えることが大事です。

気を紛らわすには、好きな遊びや、初めてのことに挑戦したりすることもおすすめです。家でできる遊びとしては、塗り絵やパズルなどをしてみるのもいいと思います。そうして1日のうちでおっぱいなしの時間を作ることができれば、卒乳が近づきますね。

卒乳期間中、気をつけたい三つのポイント

日中は外遊びをたっぷりと

家は子どもにとって安心できる場所の一つです。家の中にいると、すぐママに甘えがちになり、どうしてもおっぱいのことを思い出しやすくなります。

外に出て公園でお友達と遊んだり、ママとかけっこしたりなどたくさん刺激を与えましょう。おっぱいよりも楽しいことがあることを教えてあげます。おっぱいよりも公園の遊具、おっぱいよりも体を動かして走り回った方が楽しいことに気づかせ、夢中にさせてみましょう。

いっぱい疲れさせることがポイントです。少し外に出て家の周辺を散歩するだけでもいいのです。おっぱいのことを思いださせる暇がないくらい充実した時間を過ごし、ほかのことに気を引かせることで、自然とおっぱいのことを思い出す時間が減ります。

お茶などで十分な水分補給を

これまで好きなときに好きなだけ飲めていたおっぱいは、子どもにとって「栄養」と「水分」、そして後に述べる「心を満たす」という役割がありました。このうち「栄養」は、2歳児ともなれば十分に食事からとれているはずです。

体内に水分の割合が多い子どもは、大人よりこまめな水分補給が必要なのです。欲しいときいつでもそばにあり、水分補給をしていたおっぱいがなくなるのですから、別のもので補う必要があります。甘いジュースや果汁は糖分などが気になるので、味のない白湯や、赤ちゃん用のお茶などがおすすめです。脱水に気をつけて十分な水分補給を心がけてください。

哺乳瓶で水分を取っている場合は、徐々にマグやストローを使うようにしてゆくとよいでしょう。

夜泣き対策に効果的!入眠儀式

今まで添い乳でやり過ごしてきた寝かしつけと夜泣き対策。卒乳できるには、この壁も越えなければなりません。どのように寝かせればいいのかママも悩む一方、子どももおっぱい無しでの寝方がわからず、混乱してしまうことがあります。

おっぱいがなくてもいいように、毎日決まった入眠儀式をしてみましょう。同じことを毎日繰り返すことで、子どももそれを合図に、眠くなるようなリズムができてきます。

絵本を読み聞かせたり、眠くなる音楽をかけてみたりするのもよいでしょう。指2本を使って、眉間から額の真ん中あたりを軽い力でくるくる撫でてみると眠くなるともいわれています。

夜泣きをした場合は、お腹を軽くトントンと叩いたり、子守唄を歌ったりして安心させましょう。

卒乳後、母と子のケアで気を付けること

乳腺炎の予防に役立つおっぱいケア

卒乳すると母乳の分泌が自然に減ってはいきますが、ピタっと止まってはくれません。飲んでくれる子どももいないため、放置しておくと乳腺炎を発症してしまう可能性につながります。母乳が乳腺内に詰まることで、乳房の痛みや発熱をともなうこともあるのです。

卒乳をしてそのままにしていると、3日めごろに張りと痛みが出やすいです。一度搾乳をし、すべてを出し切りましょう。熱がこもっている場合は、濡れたタオルや氷でおっぱいを冷やすとよいです。

3日に一回ペースから、1週間に一回、2週間に一回と、次搾乳する間隔を徐々に伸ばしていきましょう。間隔を開けることで、脳が「もう母乳を作らなくてよくなった」とと判断し、母乳の量を徐々に減らしてくれます。

スキンシップで子どもの心を満たす

先ほど述べたように、おっぱいには「心を満たす」という役割がありました。卒乳をするにあたっては、スキンシップがその大切な役割を果たします。子どもは、大人が思っているよりも、寂しがり屋さんです。

抱っこをして欲しがっているときは抱っこしてあげたり、一日に1回ハグをしてあげたりすることもおすすめです。子どもがママに甘えるときは、それに応えてあげることが大切です。おっぱいというスキンシップがなくなっても、ママはあなたを大切に思っているという気持ちを伝えてあげてくださいね。

心を満たしてあげることで、これまで一番の安心要素だったおっぱいがなくても、ママにたくさん甘えて構ってもらえることで、安心感を得て、精神的にも落ち着くことができると思います。

それでもうまくいかないときは?

卒乳をさせるには、ママの固い決意が必要なのです。いろんな方法を試して話しかけても、泣き続けておっぱいを欲しがっているときは、気が済んで疲れるまで泣かせてあげてもよいでしょう。泣き叫んでいる子どもを可哀想だと思っておっぱいをあげてしまうと、卒乳がうまくいきづらくなっていきます。

子どもは賢いです。一度おっぱいをあげてしまうと、泣き叫べばもらえる、夜中に甘えて泣けばまたもらえると思わせてしまいます。ママが決心する必要があるのです。卒乳は、子どもと一緒にママも頑張るものなのです。

辛くなったときは、パパや周りの力を頼ってみましょう。泣いている子どもを交代であやしたり、気が紛れるよう遊んでもらったりしましょう。

まとめ

いつか必ず乳離れするときはきます。

始めてすぐに卒乳できる子どももいれば、少し時間がかかる子どももいるのです。ママと子どもに合ったやりやすい方法を焦らず、ゆっくりでいいので見つけてみてください。

おっぱいがなくても、子どもへの愛情は変わらないことを伝えることも大事です。これまでと違う、新たな親子のスキンシップ方法を見つけることができるかもしれません。

苦労した卒乳の日々も、思い出に変わるときがきっと来ます。その日を励みに頑張りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018