就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもを寝かせる歌で寝かしつけ!理由やジャンル別寝かしつけの歌

子どもを寝かせる歌で寝かしつけ!理由やジャンル別寝かしつけの歌

子どもの寝かしつけがうまくいかないと「早く寝なさい」とイライラしてしまうママも多いのではないでしょうか。子どもの寝かしつけには、昔から子守唄がよいとされていますよね。ここでは、子どもが心地よく眠りにつけるように、歌が苦手なママでも歌いやすい曲などをご紹介します。

子どもの寝かしつけに子守歌がよい理由とは

パパママの声で子どもが落ち着く

子どもの寝かしつけの時間には、昔から絵本の読み聞かせや子守唄を歌う方法がありますよね。パパやママが歌うと、どうして子どもは眠くなるのでしょうか。

子どもはいつも聞いているパパやママの声を聞くと、心が落ち着きます。心や体がリラックスできると興奮作用があるといわれているテストステロンの分泌量が減り、副交感神経が優位にたちます。副交感神経が優位にたつと心拍数が下がるだけでなく筋肉も弛緩するので、体を睡眠に入りやすい状態にすることができるのです。

寝かしつけをするときは、ゆったりとした優しい歌詞の歌が多いですよね。ゆったりとした曲調の歌と大好きなパパやママの声が合わさることで、子どもの心は落ち着き安心して眠りに入るでしょう。

歌うことで言葉の発達につながる

子どもを寝かしつけるときに歌う歌には、たくさんの種類がありますよね。赤ちゃんの頃から歌にふれると、子どもの言葉の発達にもよい効果があるといわれています。

東京大学大学院の多賀厳太郎准教授の話では、生後3カ月くらいの赤ちゃんに抑揚のある言葉を聞かせると、言語機能の発達を促すといわれている側頭頭頂葉部が反応することが分かっているそうです。ママが日頃から赤ちゃんにたくさん話しかけることも大切ですが、歌には多くの言葉がつまっているので、歌うことでよりたくさんの言葉を覚えることができるのでしょう。

ママが楽しそうに歌っていると赤ちゃんも「一緒に歌いたい」という気持ちになり、ママの歌に合わせて「あーうー」と言葉を少しずつ話すようになりますよ。

パパママも心が落ち着き、子どもに集中する

子どもがスムーズに寝てくれないと、パパやママは「もう遅いから早く寝なさい」とイライラすることもあるでしょう。寝かしつけをしているときも、明日の仕事のことや溜まっている家事のことなどを考えて、気持ちが焦っているパパやママも多いのではないでしょうか。

子守唄は子どもの体の緊張がほぐれたり、言葉の発達を促す効果があったりするだけでなく、パパやママの気持ちも穏やかになるといわれています。子守唄は歌っているパパやママの体でも、ストレスホルモンのコルチゾールが減少してくれます。

子どもがなかなか寝てくれなくてイライラしているときに歌うことで、自然と心が落ち着くのでリラックスして子どもとのふれあいに集中できるでしょう。

子どもを寝かせる歌【童謡や懐かしの歌】

ゆったりとしたリズム「ゆりかごのうた」

「子どもを寝かしつけするときは、どのような歌がいいの?」と、何を歌えばよいのか悩むパパやママもいるでしょう。アップテンポの歌を歌ってしまうと、子どもが興奮して余計に寝てくれないこともありますよ。

「ゆりかごのうた」を、子どものときに聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。昔から子どもを寝かしつけするときに、この曲を歌っているママはたくさんいますよね。この曲が誕生したのは大正時代で、北原白秋が作詞しています。

短い歌詞のなかに黄色い月やカナリヤ、びわの実など、すてきな世界観がある歌ですよ。心が落ち着くようなリズムと分かりやすい音を繰り返すことで、聞いていると子どもだけでなく大人まで眠くなっていきますよね。

英語でも歌ってみて「きらきら星」

「きらきら星」は、歌ったことがあるという方も多いですよね。手遊び歌としても楽しめる、誰もが知っている曲です。

手遊び歌として遊ぶときは明るく元気に歌うとよいですが、寝かしつけをしたいときは、少しゆっくりと優しい声で歌ったほうが効果的ですよ。「きらきら星」は日本語で歌うのもよいですが、英語の歌詞もあるので英語でもチャレンジしてみましょう。

赤ちゃんの頃から英語の歌にふれていると、英語に興味を持ってくれることが多いようです。歌うとリズムに合わせて英語を話せるので、吸収力が高い小さな子どもはすぐに英語の歌詞も覚えられるでしょう。英語の歌詞も覚えやすいので、パパやママも英語にチャレンジしてみてくださいね。

歌詞がよい「見上げてごらん夜の星を」

「見上げてごらん夜の星を」は、学校などで歌ったことがあるというパパやママも多いかもしれませんね。坂本九の代表的な曲で、今でも人気歌手がカバーして歌っていることも多いですよね。

この曲は、ゆったりとしたリズムで聞いていると心地よいだけでなく、歌詞がとても素敵です。育児に追われていると小さな幸せを見逃してしまうこともありますが、この曲を歌っていると「今この瞬間も幸せな時間なんだな」と家族ですごすかけがえのない時間に幸せを感じることができるでしょう。

素敵な歌詞なので、パパやママだけでなく子どもにも素敵な言葉が響くと嬉しいですよね。歌が苦手な方でも歌いやすい曲なので、歌詞を覚えて歌ってみましょう。

子どもを寝かせる歌【ディズニーやジブリ】

オルゴールがおすすめ「星に願いを」

ディズニーやジブリの曲は、パパやママも小さな頃から聞いていて歌いやすい曲も多いのではないでしょうか。ディズニーやジブリの歌は、夢がいっぱいつまっている素敵な歌が多いですよね。

ディズニーのなかで寝かしつけの歌に人気があるのが、「星に願いを」でしょう。この曲は、「歌詞は分からないけれど、鼻歌は歌える」という方が多いかもしれませんね。オルゴール調だと可愛らしい音が聞けるので、寝かしつけのときに聞かせるとよいですよ。

オルゴールの歌はエステサロンなどでも流れているところが多く、リラックス効果が高いといわれています。繰り返しオルゴールを聞いていると、子どもだけでなくパパやママも自然と眠くなるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC