就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

いつだって子どもはママが大好き!受け止めたいサインと愛の伝え方

いつだって子どもはママが大好き!受け止めたいサインと愛の伝え方

「つい怒ってばかりで、自分は子どもに好かれているのか不安」「いつも『ママが大好き』だと思っていてほしい」と、ママならば誰しもが思いますよね。この記事では「ママへの大好きサイン」「愛情不足のサイン」の特徴のほか、子どもの自己肯定感や親子の信頼関係を育む「愛情の伝え方」をご紹介します。

子どもがママに発する大好きサインとは

一緒にいるだけで笑顔になる

23年の保育士経験を経て「こどもコンサルタント」として活躍中の原坂一郎さんによると「子どもの頭の中は半分以上がママのこと」だといいます。子どもは、本能的に母親が大好きな生き物なのです。

子どもには、大好きな人に対して発する「大好きサイン」があります。

一つ目は「一緒にいるだけで笑顔になること」。実は、子どもは普段あまり笑いません。「うちの子、よく笑うなぁ」と思うのは、ママであるあなたと一緒だからこそです。「大好きなママと一緒なら、何をしても何を見ても楽しい!」と自然と笑顔になるのです。

笑うことは、脳の発達につながるシナプスの増加やメンタル強化に効果があります。さらに、ママが笑顔を返すことで子どもの笑顔がより増え、相乗効果につながるといいますよ。

いつもママに見ていてほしがる

「見て見て!」と子どもがママに見てほしがるのも、実は「大好きサイン」の一つです。自分ができるようになったこと、うれしかったこと、おもしろかったことを、ママだからこそ共有したいという気持ちの表れなのです。

余裕がないときには「面倒だなぁ」と思うこともあるかもしれませんね。また、料理中など、どうしても手が離せないときもありますよね。

前述の原坂さんは「そんなときでも『2秒』」でいいので、見てあげてください」といいます。たった2秒であっても「大好きなママに見てほしい気持ち」に応えてもらえると、子どもの安心感が変わるというのです。それ以上が難しい場合には「ごめんね、今はゆっくり見られないよ」とやさしく伝えてあげるとよいでしょう。

いっぱい質問をしてくる

「見て!」と同様、ときにママが困ってしまうのが「なんで?」「これ何?」という質問攻め。実はこれも、ママへの「大好きサイン」なんです。

大好きだからこそ「コミュニケーションを取りたい」「ママの愛情を確かめたい」「認めて、褒めてもらいたい」と思う気持ちを満たすために「なんで?」「何?」と質問をして、一生懸命ママの気を引いているのですね。

ときには、回答に困る質問が飛び出すこともありますが、子どもにとって重要なのは、明確な回答よりもママとのコミュニケーションです。「ママにもわからないなぁ」という返事だけでも問題ありませんよ。

うんざりしてしまうこともあるかもしれませんが、無視をしたり「うるさい!」とあしらったりすることのないよう、心がけたいものですね。

ママを困らせる言動も愛情表現の一つ

「嫌い」はママの気持ちを試す言葉

子どもを叱ったときなどに「ママ嫌い!」と言われたことはありませんか。

そこには「ママの気を引きたい、見てもらいたい」という言葉とは真逆の心理や、自分の思うとおりにいかない苛立ちやうまく言葉にできないもどかしさが隠れているといいます。子どもたちは、嫌いと言われた大人たちが少なからず動揺することを知っているんですね。そして、感情的に「嫌い!」と発せられるのは「この人なら受け止めてくれるはずだ」と相手を信頼しているからこそなのです。

とはいえ、よい言葉ではありませんよね。「嫌い」と言われたときには「嫌いって言われると、ママ悲しいな」と伝えるとか、「『ママ嫌い!』じゃなくて『◯◯したくないよ』って言うようにしようか」と代弁してあげるとよいでしょう。

叩くのはママに気持ちをわかってほしいから

「叩く」という行為も、「ママ嫌い」という発言と同じく「ママにわかってほしい」という気持ちを上手に言葉で伝えられないからだといわれています。語彙が増え、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになってくると、徐々に減る可能性が高いでしょう。

叩かれたときは、叩かれると痛いことを伝え、何が嫌だったのかを聞いてあげましょう。子どもの手を取り、目を見て、なるべく冷静に低い声で話すと伝わりやすくなりますよ。

癇癪を起こして話を聞いてくれないときには、子どもと少し離れてみるのも一つの手段です。避けたいのは「叩き返す」という「叩く行為を肯定すること」です。また、静かにさせたいがために安易に要求を飲むと「叩くことで要求が通る」と誤認してしまうため、気をつけましょう。

わがままを言うのは信頼しているから

「人前では『優しくてよい子』なのに、家ではわがままで…」というママの声をよく聞きます。大人も「外では周囲に調和して過ごし、家に帰ってやっと素になれる」という人も多いのではないでしょうか。子どもも子どもなりに「集団の中での自分」と「家での自分」を使い分けています。

社会性が身についているという成長の証であり「家は安心できる場所」「ママはありのまま自分を受け止めてくれる人」と感じている証拠です。親子関係が健全でこそ成り立つものなのですね。

ときには、わがままにうんざりしてしまうかもしれませんが、無視をするのはNGです。「受け止めてもらえない」と感じ、家でも「よい子」を演じて自分を押し込めたり、外で発散しようと暴力的になったりする傾向があるといいますよ。

愛情不足の子どもが発するサインとは

指しゃぶりや爪を噛む癖

指しゃぶりや爪を噛む行為には「退屈なときに手持ち無沙汰でする癖」という理由と「イライラや緊張、寂しいという不安感を払拭しようとしている」という理由があるといいます。

このような行為が見られるようであれば、まずは子どもをよく観察してみましょう。例えば「ひどく叱ったあと爪を噛んでいる」「下の子が産まれてから指をしゃぶるようになった」など、その行為をする前に「何があったのか」がわかると、ストレスや寂しさの原因・背景が見えてくるかもしれません。

思い当たる原因があるならば「叱ったあとにしっかり抱きしめてフォローをする」「上の子を優先する日を作って1日甘えさせてあげる」など、緊張をほぐしたり、ストレスや寂しさを解消したりする方法が見つかるかもしれませんよ。

寝ている間の歯ぎしりやおねしょ

愛情不足のサインが、歯ぎしりやおねしょという形で就寝中に現れる場合もあります。「おむつが取れたはずなのに、おねしょが復活した」「就寝中に口元からギリギリという音が聞こえる」ということはないでしょうか。

続くようであれば、指しゃぶりや爪噛みと同じように、背景・原因を探り、フォローをしてあげる必要があるでしょう。歯ぎしりが続くと、歯のすり減りや歯並びにも影響があるので要注意ですよ。ただし、噛み合わせの調整や生え変わりのむず痒さが原因なこともあります。

友人ママからは「幼稚園に入園してからしばらく続いたが、慣れた頃におさまった」「ひどく叱った日にする傾向があるので、どんなに叱っても寝る前に抱きしめるようにしている」という声が聞かれましたよ。

親の顔色をうかがい、ほかの大人に甘える

前述のとおり、子どもは信頼しているからこそ、わがままを言います。本来、自分の感情に素直で、それを率直に言動に表すのが子どもの姿です。

ですが、親に受け止めてもらえずに育つと「こんなことを言ったらママに怒られる」「困らせるから我慢しよう」と気持ちが先行し、常に顔色をうかがい、自分を押し殺す癖がついてしまうといいます。保育士や専門家の話によると「愛情不足の子どもは、喜怒哀楽が少ない」そうです。

また、幼稚園や保育園の先生、祖父母にはよく懐いて甘えるのに、ママにはそこまで甘えてこないのも、愛情不足の表れかもしれません。「ママには甘えられないけれど、甘えたい気持ちをほかの人で満たしている」という状況です。子どもと向き合う時間を意識的に増やしてみましょう。

愛情不足のまま大人になってしまうと

親離れができないため自立がむずかしくなる

「大人になっても自立ができない」と聞くと「親が過保護になりすぎたことで、自分で何もできない」という背景を想像するかもしれませんね。ですが、実は愛情不足も自立できない原因の一つだといわれています。

親離れは「親元から巣立っても自分を見守ってくれている」という、親の愛情を確信できてこそできるものです。ところが、愛情不足のまま大人になってしまうと、自己信頼感が極端に低いため「親から離れることで、自分は見捨てられてしまうのではないか」と不安に陥り、親に依存し自立ができなくなる傾向があるというのです。

いずれ訪れるであろう反抗期。親にとっては手を焼くこともありますが、実は反抗期は精神的な成長であり、親離れの一歩なのですね。

自分に自信がもてなくなる

「アダルトチルドレン」という言葉を聞いたことはありませんか。「アダルトチルドレン」とは、子どもの頃に家庭内トラウマ(心的外傷)を負い、その傷を抱え続けたまま大人になった人のことを指します。

具体的には、心理的・物理的な暴力を受け、子どもらしく振る舞えずに親の顔色を見てばかりいたという経験です。愛情不足の子どもは「認められる」「褒められる」経験が少ないがために、自己承認ができずに、大人になっても自分に自信が持てない傾向が強いといいます。

「自分はだめなんだ」「周囲の期待どおりにしないと見捨てられる」という感情から、「嫌だといえない」「自分の気持ちを抑え込んでしまう」というストレスを抱えてしまうのです。

人を信じられず交友関係が広がらない

愛情不足のまま育った人には「人間関係がうまくいかない」という問題を抱えている人も多いようです。

人からの評価を気にしたり、嫌われたくないと思ったりすることから「必要以上に気を遣い、気疲れする」「自分を否定的に見ていたり、少しでも合わないと感じたりすると極端に距離を取ってしまう」など、人との距離感がつかめないというものです。

ほかにも「裏切られるんじゃないか」「見捨てられるんじゃないか」という不安から、相手を試すようなことを繰り返したり、過剰に依存してしまったりする結果、相手が離れていってしまうというケースもあります。

学生時代の友人関係、社会人になってからの同僚・上司との関係、恋人・結婚相手との関係すべてに影響してしまうといいますよ。

愛情を伝えるにはスキンシップが効果的

愛を全身で感じられる1日8秒のハグ

生物学的に「人間は触れ合うことで愛情を伝え合う」といいます。リラックスした気持ちで肌が触れ合うことによって、別名・愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」という脳内物質が双方に分泌されます。オキシトシンは記憶力の向上やストレス耐性を強め、情緒を安定させる効果があるといいます。

そこでおすすめなのが「1日8秒のハグ」です。8秒とは、子どもが「充分に愛情を感じられる最短時間」だそうですよ。

中学1年生までママとの「8秒ハグ」を続けていたという子どもに話を聞くと「とにかく気持ちがよくて、すごく安心できた」と言っているそうです。ママにも癒やし効果がありますよ。仕事や家事で忙しくても、下の子にかかりっきりでも、1日たった8秒ならば実践できそうですよね。

体のどこかに触れられるだけでも安心できる

前述のとおり、子どもは本能的にママが大好きです。そして、肌と肌との触れ合いは、情緒を安定させる効果があります。

ちょっとした瞬間でも大好きなママに触れられるということは、子どもにとってとてもうれしく、安心できるものです。例えば「寝るときに手をつなぐ」「頭を撫でながら褒める」など、ふとした瞬間にも子どもに触れる機会を増やすよう、心がけてみませんか。体の一部に触れると、言葉がけだけよりも倍以上の効果が見られるといいますよ。

常に抱っこで移動している赤ちゃん時期。そこから年齢が大きくなるに連れて、抱っこする機会も減っていきますよね。つまり、スキンシップの時間も少なくなっています。その分、積極的に触れる機会を増やしてあげられるよう、心がけてみましょう。

一緒に過ごす時間が少ないときは手紙を書く

字が読める子どもであれば、手紙で愛情を伝えるのもスキンシップの一つの方法です。特に、仕事をしていたり兄弟が多かったりして、子どもとゆっくり向き合う時間が取りづらいというママにおすすめですよ。

「◯◯ちゃんだいすきだよ」「◯◯してくれてありがとう」とたった1行でも、メモ紙への走り書きでも充分です。手元に残る手紙には、言葉や肌の触れ合いとはまた違う効果がありますよ。

4歳の子どもを持つ友人ママは「子どもに手紙をあげたところ、大切そうに宝物入れにしまってくれていて、たまに『ママがくれた手紙』と言いながら、読み返しているよ」と話していました。手元に残しておける手紙は、子どもが自信をなくしたときや寂しいときのお守り代わりにもなりますね。

スキンシップを取りながら楽しめる遊び

子どもを乗せて出発「バスにのって」

スキンシップは、愛情形成に重要です。気軽に親子でできる手遊びや歌遊びを取り入れて、スキンシップの時間を増やしてみましょう。

「バスに乗って揺られてる/ゴーゴー」という歌詞からはじまる「バスにのって」は、幼児番組や歌絵本などでもよく取り上げられている有名なふれあい遊びの歌です。

バス役のママは、足を伸ばした状態で床に座り、その上にお客さん役の子どもが座ります。「そろそろ右に曲がります」「そろそろでこぼこ道です」という歌詞に合わせて、子どもと一緒に体を大きく左右に倒したり、子どもを載せたまま膝をガタガタさせたりすると、キャッキャと声をあげて喜びますよ。ママの膝に“乗車”する際に「シートベルトをします!」と後ろから抱きしめてもよいですね。

親子で笑おう「こちょこちょ遊び」

「いっぽんばしこちょこちょ」「きゅうりができた」をはじめとする「こちょこちょ遊び」もおすすめしたい親子遊びです。単純な遊びですが、スキンシップの効果に加え、笑いの効果も期待できるんですよ。

笑うことで「免疫機能が約30%高まる」「ウイルスやがん細胞を排除するナチュラルキラー細胞(リンパ球)が活性化される」「副交感神経が活発になり、リラックス効果がある」といわれます。

もちろん、テレビやゲームから得られる笑いにも効果はあります。ですが、大好きなママと顔を見合わせて、体を触れ合わせる「こちょこちょ遊び」だからこそ、「思いっきり遊んでくれている!」「たくさん関わってくれている!」という子どもの心を満たしやすく、より高い笑いの効果が期待できるでしょう。

家族一緒に「ひっくり返しゲーム」

大人も思わず熱くなってしまうのが、うつ伏せになったママもしくは子どもを仰向けにひっくり返すという「ひっくり返しゲーム」です。うつ伏せになる方は、手足を伸ばして、ひっくり返されまいと耐えてくださいね。

ゲーム自体は非常に単純なものですが、「おせんべい」や「焼き肉」の設定にして「ひっくり返されたら食べられちゃうよ!」と声をかけたり、制限時間を決めてゲーム性を高めたりすると、より盛り上がります。くすぐるなどして、うつ伏せになる側を笑わせるのも楽しいですね。

また、兄弟で協力して大人をひっくり返したり、パパやおじいちゃんおばあちゃんに参加してもらったりと、家族みんなで気軽に楽しめるのもこのゲームのよいところですよ。

子どもと聞こう!ママの気持ちを代弁した歌

あなたがいるだけで幸せ「母である為に」

力強い歌声と、率直で心に突き刺さるような歌詞が人気のシンガーソングライター阿部真央さん。そんな阿部真央さんの「母である為に」は、母になった阿部さんがお子さんに宛てた曲です。

だからこそ歌詞にリアリティがあり、ママたちの共感を呼びます。テレビの歌番組でこの曲を披露したあとには「なぜか涙が溢れて止まらなかった」「子を想う気持ちに泣けてきます」とTwitter上でも話題になりましたよ。

我が子を育てていく母の決意と子どもへの愛情、そして感謝の気持ちが表現されています。サビの「母は幸せです/あなたが来てくれて/あなたの母になれたこと/母はとても幸せです」という歌詞には、阿部さんの想いが集約されていますよね。

ずっと触れ合っていたい「ふれあうだけで」

高い歌唱力とキレのあるダンスが高い評価を得ている、三浦大知さんの「ふれあうだけで」(作詞:Hidenori Tanaka)も、家族や大切な人を歌った曲です。

「まもりたいあなたを/触れ合える距離で今/ぬくもりを分け合いたい」「その胸に手をあて/瞳を閉じれば/あなたの声が聴こえるの」「抱きしめるたびに想いはひとつになる/この手でその手であたため合える奇跡が/そういつまでも決して終わらぬように」と、この歌にあふれているのは大切な人との「触れ合い」についてです。

また、この曲とタイアップしている「ニベア」のCM映像も親子が触れ合うシーンを描いていますね。ダンスナンバーのときの格好いい雰囲気とはまた違う、三浦大知さんの優しさにあふれた歌声が胸にしみますよ。

どんなときも見守っているよ「桔梗が丘」

心に響く歌声が印象的な平井堅さん。平井さんの故郷、三重県名張市の地名がタイトルとなっている「桔梗が丘」は、自ら作詞作曲を手がけた曲です。母親目線で書かれた歌詞には、日々成長し、自立してしていく我が子へ「いつでも見守っているよ」という深い愛情が込められています。

平井さんが帰省するドキュメンタリー仕立てのミュージックビデオには、平井さんの実母も出演され話題となりました。

「羽根を休める場所になるため/ここだけはあたためていよう」「冷たい雨が頰切る風があなたの心を砕くかもしれない/負けないように取り戻せるように/ここだけはあたためておこう」という歌詞と、ご飯を作りながら息子の帰りを待っている母の姿が見事にマッチしたミュージックビデオも必見ですよ。

いつまでも素敵な親子関係を保つために

相談し合える信頼関係を築こう

心が成長するにつれ「恥ずかしい」「自尊心が傷ついたことを認めたくない」という気持ちから、失敗や悲しい出来事を口にしなくなることがあります。

子どものSOSをキャッチするためにも、弱音を吐いたり、悩み事を相談したりできる関係でありたいですよね。そのために有効なのは、ママも「子どもに相談すること」と「失敗談を話すこと」です。

大人と子どもにかかわらず「相談」は「あなたを信頼している」という意思表示になり、相手との距離を縮める効果があります。また「大人だって完璧ではない。失敗やそれを認めることは恥ずかしいことではない」という姿勢を伝えることで、子どもの自己肯定感を育み「失敗しても大丈夫なんだ」「話しても受け止めてもらえる」と安心してもらえるでしょう。

愛していることを言葉でも伝えよう

スキンシップと同様に大切なのは「言葉」です。「きっと伝わっているだろう」と思い込むのではなく「◯◯ちゃんが大切なんだよ」「大好きだよ」「いつも味方だよ」とストレートな言葉に出して伝えてあげましょう。

前述の「8秒ハグ」と一緒に言葉がけすると、さらに効果が増大しますよ。愛情のある言葉を受け取った子どもの心は安心感で満たされ、親を信頼する気持ちが育まれていくでしょう。

子どもが成長するにつれて、親子ともに直接的な愛情表現が照れくさくなっていくかもしれませんね。ですが、幼稚園、小学校…と、親の手から離れて外の世界が広がっていけばいくほど、子どもの様子や悩みが見えなくなりがちです。だからこそ、思春期に入ってからも続けたいものですね。

正しい叱り方とフォローを大切にしよう

多くのママから聞かれるのが「正しい叱り方がわからない」という悩み。「叱る際に気をつけるポイント」を心がければ、上手に叱ろうと思わなくても大丈夫ですよ。

「感情的に怒る」「暴力に訴える」「人格を否定する言葉を使う」ことは避けましょう。恐怖が先行して内容が伝わりづらくなったり、自己肯定感を喪失させたりしてしまいます。

時間をあけずにその場で叱るほうが伝わりやすいですが、周囲に人が多いときや友だちがいるときは自尊心を傷つける場合もあります。状況に応じて、人気の少ない場所に移動する、小声で伝えるなどの配慮も必要です。

長々と叱らず簡潔にわかりやすい言葉で伝えることや、叱ったあと気持ちを引きずらないようギュッと抱きしめてフォローをしてあげるのも大切ですね。

まとめ

ママだって、忙しいときや心に余裕がないときには「子どもの相手をするのが面倒くさい」と感じてしまうとか、イライラしてしまうこともありますよね。

記事を読んで「わかっているけど難しい!」と思ったママや「できていないなぁ…」と自信をなくしたママもいるかもしれません。ですが「子どもに好かれたい」と悩み、こうして記事を読んでくださったママは、充分愛情深いママです。

まずは、ギュッと抱きしめて「大好きだよ」と伝えることから始めてみませんか。ママからの「大好きサイン」を子どもはきっと待っていますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj