就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

いつだって子どもはママが大好き!受け止めたいサインと愛の伝え方

いつだって子どもはママが大好き!受け止めたいサインと愛の伝え方

「つい怒ってばかりで、自分は子どもに好かれているのか不安」「いつも『ママが大好き』だと思っていてほしい」と、ママならば誰しもが思いますよね。この記事では「ママへの大好きサイン」「愛情不足のサイン」の特徴のほか、子どもの自己肯定感や親子の信頼関係を育む「愛情の伝え方」をご紹介します。

子どもがママに発する大好きサインとは

一緒にいるだけで笑顔になる

23年の保育士経験を経て「こどもコンサルタント」として活躍中の原坂一郎さんによると「子どもの頭の中は半分以上がママのこと」だといいます。子どもは、本能的に母親が大好きな生き物なのです。

子どもには、大好きな人に対して発する「大好きサイン」があります。

一つ目は「一緒にいるだけで笑顔になること」。実は、子どもは普段あまり笑いません。「うちの子、よく笑うなぁ」と思うのは、ママであるあなたと一緒だからこそです。「大好きなママと一緒なら、何をしても何を見ても楽しい!」と自然と笑顔になるのです。

笑うことは、脳の発達につながるシナプスの増加やメンタル強化に効果があります。さらに、ママが笑顔を返すことで子どもの笑顔がより増え、相乗効果につながるといいますよ。

いつもママに見ていてほしがる

「見て見て!」と子どもがママに見てほしがるのも、実は「大好きサイン」の一つです。自分ができるようになったこと、うれしかったこと、おもしろかったことを、ママだからこそ共有したいという気持ちの表れなのです。

余裕がないときには「面倒だなぁ」と思うこともあるかもしれませんね。また、料理中など、どうしても手が離せないときもありますよね。

前述の原坂さんは「そんなときでも『2秒』」でいいので、見てあげてください」といいます。たった2秒であっても「大好きなママに見てほしい気持ち」に応えてもらえると、子どもの安心感が変わるというのです。それ以上が難しい場合には「ごめんね、今はゆっくり見られないよ」とやさしく伝えてあげるとよいでしょう。

いっぱい質問をしてくる

「見て!」と同様、ときにママが困ってしまうのが「なんで?」「これ何?」という質問攻め。実はこれも、ママへの「大好きサイン」なんです。

大好きだからこそ「コミュニケーションを取りたい」「ママの愛情を確かめたい」「認めて、褒めてもらいたい」と思う気持ちを満たすために「なんで?」「何?」と質問をして、一生懸命ママの気を引いているのですね。

ときには、回答に困る質問が飛び出すこともありますが、子どもにとって重要なのは、明確な回答よりもママとのコミュニケーションです。「ママにもわからないなぁ」という返事だけでも問題ありませんよ。

うんざりしてしまうこともあるかもしれませんが、無視をしたり「うるさい!」とあしらったりすることのないよう、心がけたいものですね。

ママを困らせる言動も愛情表現の一つ

「嫌い」はママの気持ちを試す言葉

子どもを叱ったときなどに「ママ嫌い!」と言われたことはありませんか。

そこには「ママの気を引きたい、見てもらいたい」という言葉とは真逆の心理や、自分の思うとおりにいかない苛立ちやうまく言葉にできないもどかしさが隠れているといいます。子どもたちは、嫌いと言われた大人たちが少なからず動揺することを知っているんですね。そして、感情的に「嫌い!」と発せられるのは「この人なら受け止めてくれるはずだ」と相手を信頼しているからこそなのです。

とはいえ、よい言葉ではありませんよね。「嫌い」と言われたときには「嫌いって言われると、ママ悲しいな」と伝えるとか、「『ママ嫌い!』じゃなくて『◯◯したくないよ』って言うようにしようか」と代弁してあげるとよいでしょう。

叩くのはママに気持ちをわかってほしいから

「叩く」という行為も、「ママ嫌い」という発言と同じく「ママにわかってほしい」という気持ちを上手に言葉で伝えられないからだといわれています。語彙が増え、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになってくると、徐々に減る可能性が高いでしょう。

叩かれたときは、叩かれると痛いことを伝え、何が嫌だったのかを聞いてあげましょう。子どもの手を取り、目を見て、なるべく冷静に低い声で話すと伝わりやすくなりますよ。

癇癪を起こして話を聞いてくれないときには、子どもと少し離れてみるのも一つの手段です。避けたいのは「叩き返す」という「叩く行為を肯定すること」です。また、静かにさせたいがために安易に要求を飲むと「叩くことで要求が通る」と誤認してしまうため、気をつけましょう。

わがままを言うのは信頼しているから

「人前では『優しくてよい子』なのに、家ではわがままで…」というママの声をよく聞きます。大人も「外では周囲に調和して過ごし、家に帰ってやっと素になれる」という人も多いのではないでしょうか。子どもも子どもなりに「集団の中での自分」と「家での自分」を使い分けています。

社会性が身についているという成長の証であり「家は安心できる場所」「ママはありのまま自分を受け止めてくれる人」と感じている証拠です。親子関係が健全でこそ成り立つものなのですね。

ときには、わがままにうんざりしてしまうかもしれませんが、無視をするのはNGです。「受け止めてもらえない」と感じ、家でも「よい子」を演じて自分を押し込めたり、外で発散しようと暴力的になったりする傾向があるといいますよ。

愛情不足の子どもが発するサインとは

指しゃぶりや爪を噛む癖

指しゃぶりや爪を噛む行為には「退屈なときに手持ち無沙汰でする癖」という理由と「イライラや緊張、寂しいという不安感を払拭しようとしている」という理由があるといいます。

このような行為が見られるようであれば、まずは子どもをよく観察してみましょう。例えば「ひどく叱ったあと爪を噛んでいる」「下の子が産まれてから指をしゃぶるようになった」など、その行為をする前に「何があったのか」がわかると、ストレスや寂しさの原因・背景が見えてくるかもしれません。

思い当たる原因があるならば「叱ったあとにしっかり抱きしめてフォローをする」「上の子を優先する日を作って1日甘えさせてあげる」など、緊張をほぐしたり、ストレスや寂しさを解消したりする方法が見つかるかもしれませんよ。
66 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC